訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

NCISニューオーリンズのクリスの声はこの人!加瀬康之の海外ドラマ吹き替え

唯一無二なハスキーでスモーキー声、加瀬康之さん

しっとりしていてハスキーで色っぽい声の加瀬康之さん。
なんともけだるい声は、似た声が思い浮かばないほど唯一無二。
加瀬ワールドは、はまると抜けられないこと間違いなし。
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

ボスを尊敬する熱血捜査官!NCISニューオーリンズのクリス・ラサール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NCIS: New Orleans(@ncisnola)がシェアした投稿

(↑クリスとブロディ。ncisnolaより)

『NCIS: ニューオーリンズ』は『NCIS』シリーズのドラマで、アメリカ南部のルイジアナ州、ニューオーリンズを舞台にした捜査ドラマ。
加瀬康之さんは特別捜査官のクリストファー・“クリス”・ラサールを担当、通称クリス。

クリスはチームのリーダー・キング(吹き替えは内田直哉さん)の優秀な右腕で、ニューオーリンズの文化や人々を愛する熱い男。
内田直哉さんの投稿でも書きましたが、私が『NCIS: ニューオーリンズ』を好きなのは、ニューオーリンズらしさを前面にだしたところ。
風習や文化や料理など、今までのドラマであまり登場しなかったニューオーリンズらしさを知ることができるのが大きな魅力のひとつ。

加瀬さんが吹き替えるクリスは、ひとことで表すと「オープンな人」。
五大湖支局から赴任してきた同僚女性のブロディ(吹き替えは皆川純子さん)がクリスとは反対の自分のことは多く語らないタイプで、何かとあれこれ聞きだしたいクリスと最初はギクシャク。
でもそんなブロディもキングやクリスの大らかな性格を受け入れて、チームやニューオーリンズにだんだん溶け込んでくるのもいいんです。

クリスはオープンな性格から女性に対してもなかなか積極的。
でも「捜査ドラマあるある」の、恋人が殺されるという悲劇に襲われます。
(『クリミナル・マインド』のホッチやリード、『ブラックリスト』のレスラーや『メンタリスト』のジェーン、『ブラインドスポット』のパターソンなどなど)
あと彼は問題ありの兄ケイド(吹き替えは宮内敦士さん)との関係にも悩まされている様子。
その兄が事件に巻き込まれたりなど、こちらもあるあるの「家族に問題あり」パターン。
私はまだシーズン2までしか観ていないので、この先のクリスの動向が楽しみです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NCIS: New Orleans(@ncisnola)がシェアした投稿

(↑クリス。ncisnolaより)

『NCIS: ニューオーリンズ』他の主な吹き替え声優
キング/内田直哉
ブロディ/皆川純子
ロレッタ/宮寺智子
セバスチャン/武藤正史

敵?味方?ブラインドスポットのロマン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Blindspot(@nbcblindspot)がシェアした投稿

(↑ロマンとジェーン。nbcblindspotより)

全身に入った謎のタトゥーの女性ジェーン・ドウが、自身のタトゥーの謎を解きながらFBIとともにさまざまな事件を解決し、自らの過去と対峙していくというドラマ『ブラインドスポット』
記憶をなくしながらも、どこかで身につけた戦闘能力を生かし、最初は不信感だらけだったFBIのチームともだんだん絆を深めていきます。

加瀬さんはシーズン2から登場する主人公ジェーンの弟ロマンを担当。
最初登場したとき「何このイケメン!」と思ったらジェーンの弟!
ジェーンはクールビューティー、弟はミステリアスな男前という美形姉弟。
記憶をなくして家族がいるかどうかも分からないジェーンの前に現れた弟、しかも謎だらけ。
一体何者かと思ったら、ジェーンが記憶をなくす前に一緒にいたテロ組織「サンドストーム」の一員。
その「サンドストーム」から、自らタトゥーを入れFBIに送り込んだがジェーン。

ロマンのようなミステリアスなキャラになんともけだるく色っぽい加瀬さんの声が合う!
少しずつ記憶の断片がよみがえるジェーンに寄り添うロマンの優しさと、テロリストとしての悪い男、そのギャップがかっこいい。
FBIに協力しサンドストームに潜入、弟をそこから救いたいジェーン。
姉と同じように記憶の断片がよみがえってくるロマンに姉の思いは通じて彼は味方になるのか、それとも敵となって姉と戦うのか、もしかして姉ジェーンも再びテロリストになってしまうのか…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Blindspot(@nbcblindspot)がシェアした投稿

(↑ロマン。nbcblindspotより)

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.12.05現在))

『ブラインドスポット』他の主な吹き替え声優
ジェーン/本田貴子
カート/山寺宏一
リード/三宅健太
ザパタ/林真里花
パターソン/松井茜

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

LA’s FINESTのベン・ウォーカー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

L.A.’s Finest(@lasfinesttv)がシェアした投稿

(↑向かって左がベン・ウォーカーと相棒のベン・ベインズ。lasfinesttvより)

『LA’s FINEST/ロサンゼルス捜査官』は映画『バッドボーイズ』シリーズのスピンオフドラマ。
主人公は女刑事コンビのシドニー&ナンシー。(セックス・ピストルズのシド&ナンシーとは違う)
独身生活を謳歌する奔放なシドニー(吹き替えは本田貴子さん)と年頃の女の子がいる検事補と結婚したナンシー(吹き替えは坂本真綾さん)。
タイプは違うけどどちらもやり手で強気な女性たち。
そんな彼女たちと一緒に仕事をする同僚刑事が加瀬さんが担当するベン・ウォーカー
ウォーカーがコンビを組むのは同じ名前のベン・ベインズ(吹き替えは坂詰貴之さん)、こちらは心優しい陽気なお父さん。
シド&ナンシーからは、ポンコツ扱いされ、からかわれているチームW(ダブル)ベン。
ベン・ウォーカーは潜入捜査の腕を見込まれて殺人課に配属されたのですが、本人曰く「よくある顔だから」だって。(確かに)
確かにシドニー&ナンシやベン・ベインズに比べるとあたりが柔らかくて押しも弱めな印象。
でも時に危険を顧みず仲間を助け、妊娠中の妻を気遣う優しい男性。
こういうソフトな加瀬さんもイイ。

ダークエイジ・ロマン 大聖堂のジャック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ᶜᵒᵘᵖˡᵉˢ ᵒᶠ ᴾᵉʳⁱᵒᵈ ᴰʳᵃᵐᵃˢ(@perioddramacouples)がシェアした投稿

(↑アリエナとジャック。perioddramacouplesより)

ケン・フォレットのベストセラー小説が原作のドラマ『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』
教会や王の権力争い、大聖堂の建築をめぐる職人や貴族の争いなど壮大なスケールで描かれています。
加瀬さんは主人公トム(吹き替えはてらそままさきさん)の弟子となるジャック。(ジャックも主人公といえるかも)
ジャックは森で母エレン(吹き替えは野沢由香里さん)と二人きりで暮らしているところにトムと知り合い、彼とともに建築職人として大聖堂の建築に関わります。
当時20代後半とは思えない初々しさで演じるエディ・レッドメインの知的で優秀な職人のジャックが、すっごく素敵!
伯爵の娘アリエナ(吹き替えは岡寛恵さん)との恋の行方や、政治、陰謀、策略、そして豪華な吹き替え陣などなど、ちょっと古いドラマですがぜひ観てほしい作品です。

戦争と平和のピエール・ベズーホフ

(↑左からピエール、ナターシャ、アンドレイ。historical_dramaより)

『戦争と平和』はトルストイの小説を英BBCがドラマ化したもの。
日本では2016年にNHKで放送されました。
一度は読んでみたいと思うものの私には敷居の高かった『戦争と平和』。
ドラマ化、しかもBBCならクオリティが高いはず!と思っていたら…その通り。
加瀬さんが吹き替えるのは主人公の若者三人の一人ピエール・ベズーホフ
伯爵の私生児で莫大な遺産を相続したピエールは、伯爵の娘で妖艶な美人のエレーヌと結婚するも財産目当ての愛のない結婚に終止符を打つ。
ピエールはロシアに侵攻するナポレオン軍と戦うため戦地に赴くも捕虜となってしまう。

ハンサムでもなく世渡り上手でもないピエールに幸せは訪れるの?主人公のあと二人、ピエールの親友アンドレイと伯爵の娘ナターシャ(吹き替えは坂本真綾さん)はどうなる?
貴族であろうとも時代に翻弄される生き様は、寒いロシアの風景も相まって気持ちがどんよりすること間違いなし。
「自分はどう生きていけばいいのか」を模索するピエールには、やっぱり心に深いところに染み込んでくる加瀬さんのスモーキー声でしょ。

24レガシーのアイザック・カーター

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

24(@official24)がシェアした投稿

(↑アイザックとニコール。sneakypetetvより)

『24: Legacy』はあのジャック・バウアーが24時間でテロを阻止する『24 -TWENTY FOUR-』のスピンオフドラマで、1シーズンで完結しています。
主人公は陸軍特殊部隊の元兵士エリック・カーターで、加瀬さんはその兄アイザック・カーターを担当。
アイザックはドラックディーラーのボスで、弟のエリックもかつてはそのメンバーだったが足を洗い、それから兄アイザックとは疎遠に。
疎遠になったもうひとつの理由は、アイザックの恋人ニコール(吹き替えは甲斐田裕子さん)を略奪し結婚したこと。
証人保護プログラムで妻と静かに暮らしていたエリックは、ある事件に巻き込まれ命を狙われることに。
妻の身を案じたエリックは最も安心で信頼できるアイザックのもとに彼女を預けるが…。

かつての恋人ニコールを無理やり預けられたアイザックは、なんだか未練がありそうで二人の微妙な距離感にドキドキ。
命を狙われているニコールは自分を守ってくれているアイザックと元サヤにおさまるのか?
弟エリックの吹き替えは鈴木達央さん、こちらもいい声なんですが私は断然兄の加瀬アイザック派!
疎遠になっていた弟のピンチを助ける男気あふれる加瀬アイザックの出番が少ない!とご立腹だったのは私だけじゃないはず。

(↑アマゾンプライム会員なら追加料金なしで視聴できます(30日間無料体験もあり)(2020.12.05現在))

クリミナルマインドのJJの夫ウィリアム・モンテーン・ジュニア

(↑JJと夫ウィリアム。cmcrazieより)

『クリミナル・マインド FBI行動分析課』は犯罪心理を読み解き事件を解決していく1話完結ドラマ。
加瀬さんはFBIの行動分析課(BAU)のメンバー・ジェニファー・ジャロウ(JJ、吹き替えは園崎未恵さん)の夫ウィリアム・モンテーン・ジュニアを担当。
どっかのシーズン(失念しました)の捜査で知り合った刑事のウィリアムと結婚したJJ。
忘れた頃にでてくるウィリアム、しかも吹き替えが加瀬さんてなんて贅沢な使い方!
ウィリアムがでてくるのはJJが大ピンチのときやメンバーのパーティーや子どもがらみのとき。
もっとでてきて欲しいのですが、まぁ仕方ないか…。

ダートのホルト・マクラレン

(↑アマゾンプライムは字幕版のみです、残念)

『ダート:セレブが恐れる女』はゴシップ誌ダートの編集長ルーシー・スピラーが主人公のドラマ。
スキャンダルのためならなんでもするルーシー(吹き替えは深見梨加さん)と、彼女に頼まれればなんでもする統合失調症を患っているカメラマンのドン(吹き替えは堀内賢雄さん)の強引なやり方に毎回ハラハラします。
加瀬さんは人気回復のため情報提供という形でルーシーと取引をする俳優のホルト・マクラレンを担当。
あるスキャンダルをルーシーに提供し、その見返りで雑誌に取り上げてもらい、新しい作品に出演も決まったがやっぱりルーシーのやり方が気に入らないホルト。
恋人ジュリアは薬に溺れ、ホルトはルーシーとは体の関係を持ったりと、だんだん自分もスキャンダルに巻き込まれていくなんとも苦しい感じを加瀬さんはうまく表現しています。

ちなみにホルト・マクラレンを演じるジョシュ・スチュワートは『クリミナルマインド』のJJの夫ウィリアムも演じています。
キャラは全然違うけど。

太王四神記の神器・青龍の守り主チョロ

(↑アマゾンプライムは字幕版のみです、残念)

『太王四神記』は四つの神器を手に入れチュシンの王になろうと争う主人公タムドクと従兄弟のヨン・ホゲを中心に描いた歴史ファンタジードラマ。
加瀬さんが吹き替えるのは四つの神器のうちの一つ青龍の守り主で、百済の関彌(カンミ)城城主チョロを担当。
神器の呪いによって醜く変わってしまった顔を隠すために仮面をつけているチョロ。
主人公タムドクによりその呪いから解放され、初めて顔が見えたときの衝撃は忘れません、予想外のサラサラロングヘアのイケメンで!
呪いから解放してくれたタムドクに仕えるようになり、彼と行動をともにするスジニに思いを寄せるチョロ。
吹き替えが加瀬さんのいいお声なのに、このチョロとにかくセリフが少ない!なぜ?
以前(かなり前)雑誌で読んだような記憶があるのですが、演じるイ・フィリップがアメリカ生まれのアメリカ育ちで、当時韓国語がそれほど堪能でなかったためセリフが少なかったのだとか。
う〜〜〜残念、でも無口だからチョロはミステリアスで魅力的なのかも。

グッド・ワイフのネイサン・ランドリー

(↑法廷でのネイサン・ランドリー。)

『グッド・ワイフ』は専業主婦だった主人公アリシア(吹き替えは野沢由香里さん)が夫のスキャンダルで弁護士として復帰し、仕事に家庭に恋愛などさまざまな問題に彼女らしく立ち向かっていくというドラマ。
加瀬さんは検事補のネイサン・ランドリーを担当。
アリシアの夫ピーターの収賄罪の検察側を担当するのがこのランドリー。
演じているペドロ・パスカルはいろんなドラマで観る俳優さんです。

一部ですが、加瀬康之さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
最近の加瀬さんの声で気になったのはキヤノンのカメラ「EOS R5」のCMナレーション。

(↑キヤノンマーケティングジャパンより)

加瀬さんらしい心にグッとくるいいナレーションです。
まだまだ紹介したいキャラはあるのですが、少しずつ追加していく予定です。

また、ドラマ名はわかるけど声優がわからない、そんなときは「ドラマ別吹き替え声優インデックス」へどうぞ!
※当ブログで今まで紹介したドラマと声優限定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング