訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

グッドワイフの妻殺しスウィーニーの声はこの人!仲野裕の海外ドラマ吹き替え

毒にも薬にもなる変幻自在が魅力の仲野裕さん

吹き替え好きなら絶対どこかで聞いたことがあるこ声、それが仲野裕(なかのゆたか)さん。
タイトルにあるように妻殺し役もあれば気のいいお父さん役もある幅広さ。
仲野さんの吹き替えだと、キャラへの注目度や期待度が一気に上がります!
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

妻殺しの変態大金持ち!グッドワイフのコリン・スウィーニー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@meryl.streep_the.good.wifeがシェアした投稿

(↑コリン・スウィーニーとアリシア。meryl.streep_the.good.wifeより)

『グッド・ワイフ』は専業主婦だったアリシア・フロリックが夫の逮捕により弁護士として復帰し、社会の荒波にもまれながらたくましく生きていくというドラマ。
法廷ものとしても楽しめるドラマで、仲野裕さんが演じるコリン・スウィーニーはアリシア(吹き替えは野沢由香里さん)が勤める法律事務所の顧客。
大金持ちですが、かわった性癖を持ちそのおかげで何度も警察のお世話になる男。
妻殺しの疑いをかけられますが、アリシアのおかげで一応無罪に。
その他にも子どもの認知を求められたり、婚約者とのパーティーで殺人事件が起きたりなどトラブルだらけ。
スウィーニーは何が起ころうと「アリシアが解決してくれるから大丈夫」と高をくくっているようで、アリシアにはそれが気に入らない、でも顧客だから弁護する。
スウィーニーとアリシアはまるで水と油のような関係。

図々しくてずる賢くて自信家で女好きのスウィーニー。
演じるディラン・ベイカーと吹き替えの仲野さんの組み合わせだと、どこか小物感が漂うのが私のお気に入りポイント。
『グッド・ワイフ』のスピンオフ『グッド・ファイト』でも同役で出演。
乱行パーティーに行く途中に警官に暴行を受けたといい、アリシアに助けを求めるも拒否されダイアンの弁護を受けることに。(残念ながらアリシアはでてきません)
スウィーニーって、裁判中にやたらと余計な発言をするんですよね。
弁護士からしてみたらとってもうっとおしい顧客、だけどみんなお金のためと割り切って弁護するのがちょっとかわいそうでもありますが。
極悪人のはずなのにどこかコミカルでふざけた感じのスウィーニーみたいなキャラ、仲野さん上手いです。
妻殺しの疑いはとけましたが、絶対殺してますからね、しかも彼の婚約者レナータ・エラードも彼と同じ快感を得たいと人を殺してますからね。
『グッド・ワイフ』でも『グッド・ファイト』でも超要注意人物です。

(↑プライム会員ならシーズン3まで追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.11.22現在))

『グッド・ワイフ』他の主な吹き替え声優
アリシア/野沢由香里
ダイアン/小宮和枝
ウィル/田中明夫
カリンダ/米倉紀之子

本当に実力者?マッドメンのハーマン・“ダック”・フィリップス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mad Men Fashion(@fashionmadmen)がシェアした投稿

(↑ダック・フィリップス。fashionmadmenより)

1960年代のニューヨーク・マディソン通りで働く広告マンのドンが主人公の『マッドメン』
人種差別、女性の働く環境やセクハラなど今の感覚とは違う当時の社会情勢を知ることができるドラマです。

仲野さんは主人公ドンが働く広告代理店スターリング・クーパーの営業責任者ハーマン・“ダック”・フィリップス(以下ダック)を担当。
主人公ドンが共同経営者になったことで空席になったところにロンドンの広告代理店YNRから来た男がダック。
営業責任者の席を狙っていた若手社員のピートは、ドンが選んだよそ者ダックが気に入らない様子。
私もダックが気に入らない。

いろんな会社を渡り歩いてきたやり手のダック。
でも全然やり手じゃないし、広告主のためによりよい広告を作ろうとするドンと儲け第一主義のダックとは意見が合わない。
ドンは嫌いだけど、この「いい広告を作りたい」というのは唯一ともいえる彼のいいところ。
ダックは偉そうなことをいうわりには結果が出せない情けない男。
ある事情でスターリング・クーパーを去るのですが、その後の彼は下降線の一途をたどります。

偉そうで自信家で、でも実力が伴わない男ダック。
仲野さんの吹き替えがね、もうほんと情けない男なの。
いいところを探そうとしたけどなかった…。
単なる運でいろんな会社を渡り歩けただけなのか、それともどこからも払い箱になって渡り歩けただけなのかわかりませんが、そんな男と関係を持ってしまうのがペギー。
ペギー!男のどこ見てんの!の喝を入れたくなるのは私だけじゃないはず。
シーズン4では仕事がうまくいかないことや、スカウトに応じないペギーへの嫉妬や恨み辛みを晴らすために、泥酔して独立したドンのオフォスに忍び込んでロジャーのソファに脱糞(!)しようとする情けなさ。
こういうアホな男の吹き替えもいい味だしてくれるのが仲野さんなんです。

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.11.22現在))

『マッドメン』S1吹き替え版のレビューはこちら↓

関連記事

数話でリタイアしたマッドメンに再トライしてみた現在アマゾンプライムビデオで配信中の『マッドメン』(2020.10.31現在)。10年以上前に挑戦し、数話でリタイアしたのですが、最近プライムビデオで発見し、なぜか「もう一度観てみよう」[…]

『マッドメン』他の主な吹き替え声優
ドン/山寺宏一
ロジャー/内田直哉
ペギー/小林沙苗
ジョーン/岡寛恵
ピート/石田彰

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

ビッグバンセオリーのペニーの父ワイアット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Big Bang Theory(@bigbangtheory)がシェアした投稿

(↑ペギーと父ワイアット。bigbangtheoryより)

『ビッグバン★セオリー』は頭脳明晰なのに女の子とは無縁なオタク男子4人の日々のバタバタを描いたシットコムドラマ。
仲野さんはオタク男子のレナードとシェルドンのお向かいさんで、女優を目指すペニーのお父さんワイアットを担当。
ペニーは地方の田舎出身でレナードやシェルドンよりもずっとたくましい女の子。
そんな彼女を育てたお父さんも、いかにも無骨で人のいい田舎のお父さん。
一人娘のペニーのことを「スラッガー」と呼び(!)ペットの豚ムーンダンスを耕運機で轢いたお父さん!
ペニーの恋人レナードが怖がるのも無理はない、でも娘思いのいいお父さんなんですよ。

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.11.22現在))

ファーゴのルー・ソルヴァーソン

(↑ルー・ソルヴァーソン。)

映画『ファーゴ』から着想を得たドラマ版『ファーゴ』
現在シーズン4まで制作されていますが、各シーズンごとに登場人物もストーリーも別物です。
仲野さんが吹き替えるルー・ソルヴァーソンはシーズン1で登場するベミジー警察署の副署長モリーのお父さんで、彼自身も元警察官。
今はダイナーを経営しています。
妻を殺してしまった男レスター(吹き替えは森川智之さん)とそれを手助けした殺し屋マルヴォ(吹き替えは山路和弘さん)を追うモリー、それを見守るお父さんのルー。

シーズンごとにストーリーは別物といいましたが、シーズンをまたいで登場するのがこのルーとモリーのソルヴァーソン親子。
シーズン1ではダイナーを経営する60代くらいのルー、シーズン2では病気の妻と一人娘モリーと暮らす30代で警察官のルーで登場。(↓)
あの副署長モリーが幼い頃はこんな風なのねとか、ルーって若い時はハンサムだった!という視点でも楽しめます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fargo(@fargo)がシェアした投稿

(↑若い頃のルー・ソルヴァーソン。fargoより)

ちなみに『ビッグバン★セオリー』のペニーの父ワイアットと『ファーゴ』のルー・ソルヴァーソンは同じ俳優キース・キャラダインが演じています。
つまり仲野裕さんがキース・キャラダインのフィックスってことですね。

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.11.22現在))

スニーキー・ピートのヴィンス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sneaky Pete(@sneakypetetv)がシェアした投稿

(↑ヴィンス(左)と彼の愛人でマリウスの元仲間のカロリーナ。sneakypetetvより)

『スニーキー・ピート』は主人公マリウスが刑務所仲間のピート・マーフィーの名前を使い、彼のふりをしてピートの家族と関わるようになり、いろんなトラブルを乗り越えていくというドラマ。
仲野さんは主人公マリウス(ピート)が騙した相手でギャングのボス・ヴィンス
マリウスを誘きだすために弟エディを人質に取っているが、あとちょっとのところでマリウスに逃げられている始末。
ギャングのボスのような悪人キャラは私の中では仲野さんの安定の吹き替えのひとつです。

(↑アマゾンプライム会員なら追加料金なしで視聴できます(30日間無料体験もあり)(2020.11.22現在))

救命医ハンクのディヴィヤの父デヴェッシュ・カダイ

『ロイヤルペインズ 〜救命医ハンク〜』はセレブのお抱えドクターのハンク・ローソンが主人公の医療ドラマ。
ハンクの元に押しかけ、強引に医療助手になったインド系の女性ディヴィヤ・カダイの父デヴェッシュを仲野さんが担当しています。
娘のディヴィヤは裕福な家庭で育ちながらも仕事で自立したいと奮闘する知的で行動力がある女性。
父はインドの伝統を重んじ、娘には幼馴染のラージと結婚して欲しいと願っていますが、娘はそんな結婚にまったく乗り気じゃない様子。
そして医療助手をしていることも両親にいえないディヴィヤ。
保守的で亭主関白な頑固お父さんも、仲野さんが吹き替えるとさらに手強さが増す気がします。

ボディ・オブ・プルーフのバド・モリス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Body of Proof(@bodyofproof)がシェアした投稿

(↑バドとミーガン。bodyofproofより)

『ボディ・オブ・プルーフ』は元脳神経外科医で検死官のミーガン・ハントが主人公のドラマ。
強気で自信家なミーガンと一緒に仕事をすることが多いフィラデルフィア警察の刑事バド・モリスを仲野さんが吹き替えています。
いかにも頑固で手強そうなバドは同じく頑固で自分の仕事に絶対の自信を持つミーガンと衝突することも。
こういうタフで一筋縄ではいかない男も「仲野さんらしい」キャラのひとつです。

三国志 Three Kingdomsの陳宮

(↑逃亡中の陳宮(左)と曹操(右))

全95話と壮大なスケールで三国志を描く『三国志 Three Kingdoms』
いったい何人の登場人物がいるのかわからないほど。
仲野さんが吹き替える陳宮(ちんきゅう)は、董卓の暗殺未遂で逃亡する曹操と行動をともにしますが、曹操が疑心暗鬼から無実の人を殺してしまい、そこで彼とは決別し猛将の呂布に仕えます。
陳宮の進言で劉備が治める徐州をが奪い取った呂布はご機嫌ですが、その先のことを考えない彼に「若造め、有頂天になっておる」と陰口をたたきます。
自分を立ててくれるが考えの浅い呂布、そんな彼から離れようとしますが思いとどまる陳宮。(なぜ離れない陳宮)
貂蝉にうつつを抜かし、目先の勝利に酔いしれる統治者としては役不足の呂布を選んだのが陳宮の過ちだったのでしょう。

(↑アマゾンプライム会員なら追加料金なしで視聴できます(30日間無料体験もあり)(2020.11.22現在))

一部ですが、仲野裕さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
まだまだ紹介したいキャラはあるのですが、少しずつ追加していく予定です。

また、ドラマ名はわかるけど声優さんがわからないというときは、「ドラマ別吹き替え声優インデックス」もチェックしてみてください。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング