訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

コールドケース・リリーの声はこの人!田中敦子の海外ドラマ吹き替え

リリーとフィービーが田中敦子さんの吹き替えでつながった

田中敦子さんとの出会いは20年以上前に観たアメリカのシットコム『フレンズ』の主人公の一人フィービーの吹き替えで。
それから10年以上経って何かの拍子でこのフィービーと『コールドケース』のリリーがどちらも田中さんの同じ吹き替えと知ったときの衝撃…。
田中さんのキャラクターの演じ分けに脱帽です。
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

クールビューティ、コールドケースのリリー・ラッシュ

(↑リリー・ラッシュ。roi_hiより)

『コールドケース』は未解決の殺人事件を捜査する主人公リリー・ラッシュの活躍を描いたドラマ。
冒頭、事件当時の様子が音楽とともに流れ、場面が現代にかわり新たな証拠や証人などが現れリリーたちが捜査を始めるという流れ。
私が一番最初に観たのは10年以上前、地上波の深夜放送でした。

田中敦子さんが吹き替えるのは主人公リリー・ラッシュ。
いつもパンツスーツ、シャツは白やグレーやブルー系のシンプル&クールな着こなし、髪はアップにしていることがほとんど。
時効がない未解決の事件を専門に捜査する刑事という職業からか美しいルックスからイメージする派手さはまったくなく、いつも真摯に仕事に向き合っています。

大立ち回りもカーチェイスも銃撃戦もないどちらかというと地味なドラマ。
でも面白い!
証拠も証人も限られた昔の事件をどう解決していくのかが見どころで、リリー他チームの個性的な面々もこのドラマを面白くしているポイント。
リリーもそうですが、他のメンバーも何かしら問題を抱えて生きているのがリアリティを感じさせてくれます。
あと、事件当時に流行っていた音楽が、一瞬でタイムトリップさせてくれるところが個人的には大好きです。

で、で、で、やっぱり吹き替えがいい!
家族や男性といい関係が築けないリリーのどこか影のあるクールな態度や口調。
あんな憂いのある美人が刑事だなんて、私が男ならそんなリリーのギャップにすぐ惚れそう、もちろん脳内再生の声は田中敦子さまよ。
そんなどこか冷めた目線に口調、でも被害者に寄り添って犯人を追いかけるリリーのカッコよさ。
は〜、やっぱり好き。

ところで、『コールドケース』のオープニングの曲はダークな映像の雰囲気に合う重厚な曲。
オープニング曲目的でコールドケースのサントラ盤を買ったら入っていない!
よくよく調べたら、オープニング曲「NARA」はE.S. POSTHUMUSの『UNEARTHED』というアルバムに入っていると。
あわてて買いましたよ、『UNEARTHED』。
今はCD以外にもMP3やストリーミングでも楽しめますよ。

(↑オープニングの曲「NARA」はこちら)

(↑エピソード内で使用した曲を収録したコールドケースのサントラ盤)

『コールドケース』他の主な吹き替え声優
スティルマン/佐々木梅治
スコッティ/高橋広樹
ジェフリーズ/宝亀克寿
ニック/石住昭彦

フレンズの超個性派キャラ!フィービー・ブッフェ

(↑一番手前がフィービー・ブッフェ。wbtv_jpより)

1994年スタートの男女6人が織りなすアメリカのシットコム『フレンズ』
かなり前のドラマなので観たことあるのは40代以降の方が多いかも。
田中さんは主人公グループの一人フィービー・ブッフェの吹き替えを担当。
『コールドケース』の美人刑事リリーは一旦頭からとっぱらってください。

田中さんの声が演じるこのフィービー、なかなかの変わり者キャラ。
フィービーは男女6人のグループの中の役割でいうと「不思議ちゃん」係。
毎回何かしらやらかしてるイメージで、簡単に彼女のキャラクターを紹介するなら90年代のヒッピーという感じでしょうか。
複雑な子供時代を経て我が道を行く彼女。
ベジタリアンだったり、代理母になったり、超オリジナルな歌を歌ったり、未来を言い当てたり、愛車はNYの黄色いタクシーなどなど、その行動はいつも予測不可能

ちなみにフィービーは双子で姉アースラがいるのですが、この姉も超個性的でロックでパンキッシュな雰囲気!
あとフランクという腹違いの弟もいて、彼女は弟の子どもを代理出産するというぶっ飛び具合。

そして一番驚いたのが田中さんが吹き替えたこと。
フレンズのフィービーを観てからコールドケースのリリーを観たわけですよ。
素人にこの二人が同じ吹き替えなんてわかるはずナイ!
声のトーンも口調も何もかも違ったので気づかなくて当たり前。
こんな意外な発見も、吹き替え派ならではの楽しみ方のひとつです。

(↑フィービー・ブッフェ。wbtv_jpより)

(↑吹き替えを担当する深見梨加さん、安達忍さん、田中敦子さん。wbtv_jpより)

『フレンズ』他の主な吹き替え声優
レイチェル/安達 忍
モニカ/深見梨加
ロス/牛山 茂
チャンドラー/水島 裕
ジョーイ/平田広明

頼れる相棒、エレメンタリのジョーン・ワトソン

(↑ジョーン・ワトソン。elementaryofficialより)

現代のニューヨークを舞台にした『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』はイギリス人探偵のシャーロック・ホームズが相棒ジョーン・ワトソンやニューヨーク市警のグレッグソン警部やベル刑事とともに事件を解決するドラマ。

田中さんは主人公シャーロックの相棒ジョーン・ワトソンを吹き替えています。
この『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』で初の女性ワトソンが登場しました。
探偵としては超一流でも尊大で自信家で他人の心情を顧みないシャーロック(吹き替えは三木眞一郎さん)を理解し、常識人として世間と彼をつなぐのもワトソンの役目。
そして元外科医でシャーロックとは違う視点で事件解決のヒントを見つけられる超知的なワトソン。

私はシーズン4で登場するシャーロックの父・モーランド(吹き替えは菅生隆之さん)とワトソンとの腹の探り合いが特に好きです。
モーランドとのやりとりで彼女の頭の良さが一層際立つのと、シャーロックとは違うやり方でモーランドとやりあえる強さが惚れ惚れするほどかっこいい
そしてシャーロックがワトソンと信頼関係を築きながら少しずつ変化していくのも見どころのひとつ。
彼女のファッションも毎回素敵なんですよね。

『コールドケース』のリリーの声がキンキンに冷えた水なら、このワトソンの声は常温の天然水のイメージ。
シャーロック役の三木眞一郎さんのどこかとげのある声と、田中さんの透明感のある声の組み合わせがキャラを一層魅力的にしているので、ぜひ吹き替えで観てほしいドラマです。

アマゾンプライムビデオならシーズン6まで吹き替え版で観られますよ↓

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』他の主な吹き替え声優
シャーロック/三木眞一郎
グレッグソン/堀内賢雄
ベル/あべそういち
モーランド/菅生隆之

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

CSI:科学捜査班のジュリー・フィンレイ

(↑ボスのD.B.ラッセルとフィンレイ。csi.cbsより)

シーズン15でラストを迎えたご長寿ドラマ『CSI:科学捜査班』ではCSI捜査官ジュリー・フィンレイの声を担当。
シーズン12から登場した新し目のキャラクター、最初観たときの印象は「キャサリン・ウィロウズをもっと勝気におてんばにした感じ」でした。
上司のラッセルに過去にクビにされていたため、今後ラッセルといがみ合うのかと思ったら意外にもチームに溶け込んだ彼女。
男性関係もまぁまぁお盛んで、同じCSIチームの女子たちと行った女子旅では男性がらみでトラブルに巻き込まれたりもしてます。
それもフィンレイらしいなと感じましたが、彼女の最後(シーズン15)も自ら解決しようとした事件に巻き込まれた結果がいかにも彼女らしくて印象的なキャラクターでした。

グッド・ファイトのFBI捜査官マデリン

(↑マデリン・スターキー。thegoodwife_cbsより)

『グッド・ファイト』ではシーズン1で登場する主人公の一人、弁護士マイアの取り調べをするFBI連邦捜査官のマデリン・スターキーの吹き替えを担当。
このマデリン、ほんとイヤなやつなの!
マイアは逮捕された親の巨額投資詐欺について知っていたのではないか、そして関与してたのではないかと疑い、マデリンが彼女の取り調べを行うのですが、やり方が汚くて。
フレンドリーに接して情報を聞き出そうとしたり(結婚してるふりをして架空の旦那の話をしたり)、合成した嘘の音声をマイアに聞かせて情報を得ようとしたり。
気さくなのに抜け目がなくて腹が立つ
田中さんの吹き替えでここまでイヤな女性も珍しいのではないかと、なので余計に印象的でした。

コバート・アフェアのジョーン・キャンベル

(↑ジョーン・キャンベル。NBCユニバーサル公式より)

『コバート・アフェア』はCIAの訓練生から新人諜報員に抜擢されたアニー・ウォーカーが、同僚で盲目のオーギー・アンダーソンの助けを借りながら任務を遂行していくドラマ。
田中さんはアニーを採用した直属の上司ジョーン・キャンベルを担当。
ジョーンは部下のアニーを厳しく指導する冷静沈着な女性。
夫は同じくCIAでジョーンの上司、毎日かなりの至近距離で仕事をしている夫婦ですが、夫の浮気を疑っていて問い詰めるジョーンの口調の厳しいこと。
そしてCIAを使って夫の素行調査をしてしまうジョーン、夫のこととなると公私混同してしまうんですね〜。
もちろん夫婦関係は微妙です…。

一部ですが、田中敦子さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング