訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

メンタリストのリズボンの声はこの人!加納千秋の海外ドラマ吹き替え

イメージが固定できない不思議な声優・加納千秋さん

印象に残る加納千秋さん吹き替えの最初の出会いは『メンタリスト』のリズボン。
そのイメージで違うドラマ観たら全然違う!
次の観たらまた違う!
一体何者なの?加納千秋さんて。
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

ジェーンをどうにかできるのは彼女だけ!メンタリストのテレサ・リズボン

(↑ジェーンとリズボン。snappytoesより)

『メンタリスト』は妻子を連続殺人犯レッド・ジョンに殺された主人公パトリック・ジェーンが警察のコンサルタントとしてレッド・ジョンを追いつつ、さまざまな事件を独自の観察力で解決していくドラマ。
加納さんは主人公ジェーン(吹き替えは郷田ほづみさん)が協力するCBI(カリフォルニア州捜査局)のチームを率いるボスのテレサ・リズボンを担当。
警察とは違ったアプローチで難事件を解決していくジェーンですが、大人の男性としては少々空気を読まないことが度々あり、それに一番翻弄されるのがリズボン。
犯罪現場での勝手な行動や、ズケズケと相手のプライベート立ち入る発言など、関係者を苛立たせることが多いジェーンのフォローを担当するのもリズボン。
チームの他のメンバーたちは、そんなジェーンの予想外の行動や発言を楽しんでる風ですが、リズボンだけはいつもハラハラ。

チームを率いるしっかり者のリズボンの役目なんでしょうが、私はついついリズボン目線でジェーンを見てしまって、彼女と一緒によくイライラしてました。
勝手なことするし、レッド・ジョンがらみの事件が起きると没頭するし、倉庫みたいなCBI内の自室に閉じこもって他の事件をシャットアウトするし。
上司としてはこんな扱いづらい部下はいない!

といいながら、リズボンはジェーンのことが好きなんだろうな、というのは早い段階でわかってましたが、なかなか二人の関係は進まない。
もう〜〜、と思っていたらシーズン6で大きな動きが!
ジェーンとリズボンはもちろん、他のメンバーのチョウやリグスビーにも大きな変化があります。
シーズン6ではレッド・ジョンが誰で、ジェーンがどうするのかの答えもでるのでぜひお見逃しなく。

こういう立場のリズボンなので、加納さんの吹き替えもしっかり者で強気なイメージ。
この印象が強すぎて、次のドラマの吹き替えとの落差がありすぎてビックリ。
そういえば『メンタリスト』を観てていつも思ったのは、ジェーンがいないと全部の事件解決してないんじゃない?と。
常にジェーンが解決の糸口を見つけるので、CBIの他のメンバー捜査能力あるん?と感じるのはコンサルタントものドラマあるあるかも…。

(↑囚人服のリズボンも素敵。mentalist_cbsより)

(↑プライムビデオでは吹き替え版あり、レンタル料金必要。(2021.07.16現在))

『メンタリスト』他の主な吹き替え声優
ジェーン/郷田ほづみ
チョウ/喜山茂雄
ハリソン/江川央生
ヴァンペルト/斉藤佑圭

予想以上の超重要人物!デクスターのリタ・ベネット

(↑左からデクスターとリタ。showtimeより)

殺人の衝動が抑えられず殺人を繰り返す血痕分析官デクスター・モーガンが主人公の『デクスター 〜警察官は殺人鬼』
加納さんは主人公デクスターの恋人(その後妻になる)リタ・ベネットを担当。
最初リタが登場したとき、幸薄い綺麗な顔に目がいってしまって、正直当たり障りのない美人枠担当かと思ってました。

彼女はろくでなしの夫ポールとのDVのトラウマがあり、男性と肉体的に親密になれないシングルマザー。
実は連続殺人鬼で感情のないデクスター(吹き替えは桐本拓哉さん)は、そんな彼女を恋人にすることにより世間の目をごまかしているというわけ。
なので好きでリタとつきあっているわけではないのです。
じゃあなぜリタが超重要人物かというと…。
感情のないデクスターに人間らしい感情を芽生えさせたから。
あのデクスターが誰かを愛することや、子どもを大切に思う日が来るなんて!
リタ、あんたは偉い!!

加納さんの吹き替えが『メンタリスト』のリズボンとまぁ違う!
誠実なんだけど、何か普通の人とはちょっと違うデクスターを理解しようとする根気強さとDV被害者にいそうな「私が我慢さえすれば…」という悲哀、そして子どもには愛情あふれる母の顔。
基本、優しくて控えめであまり強くでることがないリタ。
あの強気でいつも怒ってるイメージのリズボンの声の人が…とほんと驚きました。(最初は慣れなくて…)

デクスターとの平和な生活の中にやってきた元夫や、デクスターの浮気などいろいろありましたが、どれもデクスターが裏で問題を解決し無事二人は結婚。
息子にも恵まれ、家庭の温かさを知ったデクスターとリタはこれからどうなるの?とワクワクしていたら…。
シーズン4ラストでドカーーーーン!
私はそのシーンを見て「これはデクスターの夢でしょ」と呑気に観ていたら…違ってた、本物だった。
この事件は、続くシーズンでも彼の心に大きな傷を残すことに。

あのなんとも頼りなげなシングルマザーのリタは、デクスターを大きく大きく変えるとっても重要な存在。
だからリタはファイナルまで安泰だと勝手に決めていたので、あのシーズン4ラストは残念でした…。
気になる方はぜひぜひドラマでご確認を!

(↑リタと因縁の相手トリニティ・キラー!juliebenzmftより)

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2021.07.17現在))

『デクスター 〜警察官は殺人鬼』他の主な吹き替え声優
デクスター・モーガン/桐本拓哉
デボラ・モーガン/木下紗華
ハリー・モーガン/仲野裕

選ぶ男を間違えた!マッドメンのミッジ・ダニエルズ

(↑ミッジ・ダニエルズと主人公ドン。dailymadmenより)

1960年代のNYマディソン・アヴェニューの広告代理店「スターリング・クーパー」の凄腕ディレクター ドン・ドレイパーが主人公の『マッドメン』
加納さんは主人公ドンの愛人ミッジ・ダニエルズを担当。
捜査官、シングルマザーときて今度は愛人ですよ、加納さん。

ミッジは独身のイラストレーターで、アート関係の友人が多く、ドンとも割り切った関係だと思っているよう。
なのでドンの方も家庭を壊す気はなく、適度に距離を保ちつつ、というバランスのとれたカップル。

『マッドメン』の見どころ?のひとつに、ドンの奔放な女性関係というのがあります。
まぁ手当たりしだいというか、ちょっといいなと思ったら即行動。
自分から仕掛けなくても女性からいい寄ってくることも多いモテモテ男ドン。
正直、なんでそんなにモテるか私にはさっぱりわからなかったんですが、結婚にこだわらないミッジとはお似合いだったと思います。
でも結局ドンとミッジは別々の道に。
しかし!シーズン4で彼女はひょっこりドンの前に現れます。
偶然を装った再会で現在のミッジの生活を知ることになったドンですが、ミッジ、落ちぶれてました。
ろくでもない男と結婚してヘロイン中毒になって、お金欲しさにミッジの描いた絵を半ば強引にドンに売りつけるどん底っぷり。
ドンも幸せを運んでこない隠れクズ男だったけど、ミッジが結婚した男はどっから見ても立派なクズ男。
いや〜男見る目ないわ、ミッジ。

(↑落ちぶれたミッジとドン。dondraper_scdpより)

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2021.07.16現在))

女関係が激しすぎる主人公のドンって60年代の光源氏かも?という投稿はこちら↓

関連記事

マッドメンの主人公ドンは60年代の光源氏だった!1960年代のニューヨークの広告代理店を舞台にした海外ドラマ『マッドメン』。先日ファイナルのシーズン7まで観て思ったんです、「主人公のドンみたいな男、どっかで会ってるぞ」と。次から次へ[…]

『マッドメン』他の主な吹き替え声優
ドン/山寺宏一
ペギー/小林沙苗
ピート/石田彰
レイチェル/田中敦子

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

CSI:ニューヨークのクリスティーン・ホイットニー

(↑マック&クリスティーン。csi_ny22904より)

CSIシリーズのマイアミに続く第三弾シリーズ『CSI:ニューヨーク』
科学捜査の面白さを教えてくれたCSIシリーズ、大好きです。
加納さんは主人公マック・テイラーの恋人クリスティーン・ホイットニーを担当。
CSI:科学捜査班の本家ラスベガスとの合同捜査となったシーズン9第15話では、クリスティーンが誘拐されてしまいます。
切断された舌が送られてきて焦るマック。
どうなるクリスティーン…。
このエピソードはラスベガスとの合同捜査でしたが、ラッセルしか登場しない!
どうせなら大々的にラスベガス全員集合くらいして欲しかったなぁ。

CSI:科学捜査班のディーナ

また、本家『CSI:科学捜査班』(ラスベガス)のシーズン15第2話にも加納さんは登場。
医療大麻店の店主ロイドの妻ディーナを担当。
妻と子どもを誘拐され、身代金を払ったロイド。
しかしそれは妻ディーナとある男が共謀して誘拐を偽造したもので、結局共犯の男も死亡。
妻ディーナは捕まるのですが、受け取った身代金の在りかは白状しないまま。
おまけに取り調べたラッセルに「見逃してくれない?」と持ちかけるなかなかのタマでした。

ホームランドのアイリーン・マーガレット・モーガン

(↑アイリーンを演じたマリン・アイアランド。tiny.canadienより)

CIAの作戦担当官キャリーがテロの脅威と戦うドラマ『ホームランド』
現実社会はもしかしたら本当にこんなことが起こっているのかも?と緊張感漂うこのドラマにはいろんなテロリストが登場します。
加納さんが担当するのはそんなテロリストの一人アイリーン・マーガレット・モーガン
シーズン1で登場するアイリーンは、裕福な家庭で育った白人女性。
アイリーンは、CIAから目をつけられ逃亡したアラブ系のラキム・ファイサルというアメリカの大学の助教授と行動を共にします。
いかにも怪しそうなアラブ系の男ファイサルを隠れ蓑にしたアイリーンが実はテロリストというオチ。
演じるマリン・アイアランドはいろんなドラマで観る女優で、私は『スニーキー・ピート』の偽ピート・マーフィー(吹き替えは川島得愛さん)の従姉妹ジュリアが印象的でした。

(↑プライムビデオでは吹き替え版あり、レンタル料金必要。(2021.07.16現在))

ゴーストのケイト・ペイン

(↑メリンダとパイン教授。ghost__whispererより)

亡くなってもこの世に止どまる霊の姿が見える主人公メリンダ・ゴードンが、彼らを安らかな光の世界へと導くドラマ『ゴースト 〜天国からのささやき』
加納さんはシーズン3で登場するケイト・ペインを担当。
ケイトは、シーズン2から登場する主人公メリンダ(吹き替えは宮島依里さん)が協力を求める大学の教授リック・ペインの妻。
この妻ケイトはもう亡くなっていて、夫のペイン教授にいやがらせをするのですが…。
つまり、ペイン教授は身のまわりで起こる不思議で迷惑な出来事がこの妻のせいとは分からず、メリンダのおかげで亡き妻の仕業と知るのです。
とにかくケイトは怒ってます。(メンタリストのリズボンっぽい)
その理由は子どもが欲しかったケイトといらないといった夫ペイン教授との意見の違い、そしてある女性にペインの弱点ともいえる子どもがらみで騙されそうになっていること。
なんとか夫の目を覚まさせたいケイトのうまく伝えられない苦しさ、なんだかせつなくなりました。

チャックのサーシャ・バナチェック

(↑手前がサーシャ、後ろにサラとケイシーが。riversandroadより)

優しくて頭はいいけどオタク男子のチャック・バトウスキーが、脳内にダウンロードされたCIAの機密情報インターセクトのせいで、なぜかスパイとして活躍?するドラマ『CHUCK/チャック』
護衛役のサラ(吹き替えは魏涼子さん)とケイシー(吹き替えは山野井仁さん)の足を引っ張りまくるチャックが、だんだんスパイらしくなっていく姿は、できない子の成長を見ている気分にさせてくれます。

加納さんはシーズン2第2話に登場するサーシャ・バナチェックを担当。
サーシャはCIAの新しいインターセクト「サイファ」を盗んだソ連のスパイ。
誰も近づけないとされるサーシャに色仕掛けで近寄るチャック(この設定は絶対チャックには無理!)。
誘惑するチャック、それに応じるサーシャ。
あのチャックが女スパイを誘惑!と思ったらやっぱりサーシャに色見破られてました。
さすがチャックらしいオチ。

サーシャを演じるメリンダ・クラーク。
私は『ニキータ』の宿敵アマンダと吹き替えの岡寛恵さんの印象が強すぎて、この加納サーシャになかなか馴染めなかった。
脳内で勝手に岡さんの声に変換されてしまうんですよ…。

一部ですが、加納千秋さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
まだまだ紹介したいキャラはあるのですが、少しずつ追加していく予定です。

また、ドラマ名はわかるけど声優がわからない、そんなときは「ドラマ別吹き替え声優インデックス」へどうぞ!
※当ブログで今まで紹介したドラマと声優限定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング