訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

深見梨加のドラマ吹替|クリミナルマインド・エミリー&ワンス・アポン〜・レジーナ他

安定の吹き替え、幅広い役で活躍中の深見梨加さん

とにかくたくさんの作品で吹き替えをしている深見梨加さん。
今回選んだ基準は自分にとって印象深いキャラクター。
「他にもこんなキャラクター吹き替えてます」には決して大ヒットとはいえないドラマもありますが、私にとっては思い出深いものだったり。
明るくハキハキした印象のきれいな声が魅力の声優さんです。

クリミナルマインドの才女エミリー・プレンティス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Criminal Mindsさん(@crimmindscbs)がシェアした投稿

(↑左:エミリー&右JJ。crimmindscbs/The Official Criminal Minds Instagramより)

ご存知『クリミナル・マインド FBI行動分析課』では、語学が堪能なFBI特別捜査官エミリー・プレンティスの吹き替えを担当。
シーズン途中で極秘に移動になったり、たまに事件の協力が必要なときは飛行機でひとっ飛びしてBAU(FBI行動分析課)に参加したりなど、他のBAUメンバーに比べて動きが激しい印象。
全シーズンで登場ではなく、いたりいなかったり、でもすごく印象深いキャラクターです。

シーズン1とシーズン2でBAUメンバーだったエル(吹き替えは山像かおりさん)と入れ替わりで参加になった彼女、結構エルがお気に入りだった私、エミリーの最初の印象は「ちょっと怖そう」。
でも気さくだし明るいしもちろん仕事はできるし、その後の彼女のイメージは第一印象とかなり変わりました。

エミリー、いろんなBAU女性メンバーの中で1.2を争うタフなイメージが。
BAUに来る以前はテロリストの恋人として潜入捜査をしていたことも。
しかもそのテロリストに正体がバレて殺されそうになったり、(このとき表向きは死亡したとされ、パリに極秘に異動になった)
身長も高く、目鼻立ちのはっきりした頭のキレる美人捜査官、深見さんのハキハキ声がかっこいいの。

結局彼女はBAUを離れてFBIとしてヨーロッパで活動、その後インターポールそしてまたBAUに復帰と華々しいキャリア。
鼻につくプライドの高い捜査官になってると思いきや、そうじゃないのがエミリーのいいところ!
深見さんの吹き替えはそういう彼女らしさが出ててほんとピッタリだと思います。

ちなみにBAU女性メンバーと友だちになるなら…
【エミリー】最初は「頭よさそっ!」と尻込みしそうだが、話してみるとざっくばらんでそんなに時間をかけずに友だちになれそう。
【JJ】「うっ、超美人さん。私は友だち候補にもならなさそう…」と尻込み度は一番かも。でもママ捜査官と聞いたら見る目が変わりそう。
【ガルシア】まず見た目にやられる。毎日彼女の服装や持ち物をチェックしてこっそり影響を受けそう。彼女の性格を知るのに少し時間はかかりそうだが、友だちになったら毎日楽しく過ごせるかも。
はい、余談でした。

『クリミナル・マインド FBI行動分析課』他の主な吹き替え声優(咲野俊介さんも参照)
ロッシ/小川真司、シーズン3より菅生隆之
モーガン/咲野俊介
エル/山像かおり
ケイト/小松由佳

ワンス・アポン・ア・タイムの悪い女王レジーナ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Once Upon A Timeさん(@onceabcofficial)がシェアした投稿

(↑悪い女王レジーナ。onceabcofficial/The official Instagram for #OnceUponATimeより)

『ワンス・アポン・ア・タイム』は主人公エマのもとにある日、自分が生んだ息子ヘンリーが突然現れ、呪いをとくことができるのはエマで、自分と一緒に今暮らしている街に来てほしいとお願いされ…。
現代社会に生きるエマ、息子に連れていかれた世界は、はるか昔、おとぎ話の世界で呪いにかけられた白雪姫や赤ずきん、フック船長にロビンフッドに美女と野獣などなどが暮らす街。
過去を忘れた彼らが暮らすところにエマが現れたことによっていろいろなことが動き出し…。
このドラマ、とにかく説明するのが難しい。

深見さんはおとぎの世界では「悪い女王」、現代社会ではヘンリーの養母&街の市長レジーナ
ヘンリーは養母の正体に気づき生みの親のエマに助けを求めるわけですが、レジーナが全部「悪」とも言えない女性で。

レジーナ、おとぎの世界では恋人との仲を自分の母親に邪魔され、そのきっかけになってしまった白雪姫に「あんたの幸せぶっ壊してやる」的発言でやさぐれ開始。
それまでは悪い人じゃなかったのに、恋人を殺されたことでダークサイドに行っちゃった彼女、自分の夫(王)を殺すでしょ、白雪姫の結婚式で「ぶっ壊してやる」的発言でしょ、恋人を殺した実の母を遠くに飛ばしてしまうでしょ、もうやりたい放題。
でも現実社会では養子のヘンリーを大切にしてるんですよ、彼女なりに。
そこにヘンリーの生みの親エマが現れたことで街がだんだん変わり始めるわけです。

深見さん、悪役ということでドス効き目の声です。
悪い女王もレジーナも男を利用して悪事を働くわけですが、そんなレジーナはある男性といい関係を築くわけです。
それがロビン・フッド。(いろんなおとぎ話キャラが登場で大混乱必須です)
過去に恋人を失い愛を恐れるレジーナ、妻を失い子どもを一人で育てるロビン・フッド。
二人の恋の行方はどうなるのか、悪い女王レジーナは変わるのか変わらないのか。
ちなみに悪い女王レジーナの姉は、緑のお姉さん「西の悪い魔女ゼリーナ」(吹き替えは『BONES』のブレナンでおなじみ湯屋敦子さん) 、恐怖の最強姉妹だわ。

『ワンス・アポン・ア・タイム』他の主な吹き替え声優(主要人物の吹き替えは土田 大さん参照)
ルンペルシュティルツキン/家中 宏
ピノキオ/坂詰貴之
赤ずきん/志田有彩
ベル/東條加那子

潔癖症&元おデブさん、フレンズのモニカ・ゲラー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワーナー海外テレビドラマシリーズさん(@wbtv_jp)がシェアした投稿

(↑モニカ&ロスのゲラー兄妹。wbtv_jp/ワーナー海外テレビドラマシリーズより)

『フレンズ』、もう20年以上前のドラマですが、私の本格的な海外ドラマ入門という原点なので紹介させてください。
NYに暮らす6人の若者たちの日常を描いたシットコムでシーズン10まであるご長寿ドラマ。
最後まで完走したんですが、かなり前なのでラストどうなったかまったく覚えていません…。

深見さんは主人公6人のうちの一人モニカ・ゲラーを担当。
彼女は高校の同級生レイチェルとルームシェアをしていて、その向かいの部屋でルームシェアをしているのが会社員のチャンドラーと売れない俳優ジョーイ。
そこに不思議ちゃんのフィービー(吹き替えは田中敦子さん)とモニカの兄ロスが加わった6人の人間模様や恋模様などなどが描かれたハッピードラマ。

モニカは潔癖症のシェフ。
あと、口うるさい、仕切りたがる、負けず嫌いの勝気な女性。
子ども頃は太っていて、たまに過去のシーンでパッツンパッツンに太ったモニカが出てくるのが結構楽しみでした。↓
(下のツイッターをクリック、ツイッターアプリでパッツンモニカの動画をチェックしてね)

(↑@watch_UNEXT/U-NEXT<ユーネクスト>公式より)

実は『フレンズ』、字幕と吹き替えどっちも観ていた珍しいドラマ。
フレンズ好きの友人からDVDを借りたときは字幕、TV放送は吹き替えで観ていたのでどちらの印象も残っています。
字幕版ではモニカのことを呼ぶとき「マニカ〜」と聞こえるんです。
なのでよく友人と「マニカ〜」と言い合って笑ってました、懐かしい〜。
あと、ジョーイの所属するエージェントのガラガラ声の女社長エステルとか、チャンドラーの腐れ縁の恋人ジャニスの口癖「Oh, my God!」「ヤダ、マジ、ウソー!」もフレンズファンにはお馴染みのはず。

モニカを演じるコートニー・コックス、字幕版で声を聞くとアクセントがこねくり回しているというか粘度が高めの話し方なんですが、深見さんの吹き替えだとスッキリしてて聴きやすいんです。
フィービーの不思議系キャラに通常よりトーン高めの田中敦子さんの吹き替えも好きでした。

『フレンズ』の主な吹き替え声優(主要人物の吹き替えは田中敦子さん参照)
ジャニス/滝沢久美子
エステル/火野カチコ
ガンター/高瀬右光、安井邦彦、高宮俊介、星野充昭

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

カイルXYのニコール・トレガー

『カイル XY』、深見さんの名前を最初に意識したドラマです。
ある日森で発見された少年カイル、おへそがなく記憶もない彼はいったい何者なのか。
正体不明のカイルを引き取り一緒に暮らしていく中で家族とうちとけていくが、彼の頭脳や肉体には底知れぬ能力があることに気づく。
彼はどこから来た?いったい何者?というSFミステリーと言ったらいいのでしょうか、不思議なドラマです。
深見さんはカイルを引き取るトレガー家のお母さん(↑トレガー家の父&母)、そして心理学者でもあるニコール
正体不明のカイルを受け入れ、それは愛情深く彼と関わる素敵な女性。
ドラマ自体は途中で打ち切りになり謎は解明されず終わったようですがお母さんの声で「深見さんの声いいな」と思うきっかけになった思い出深いドラマです。

刑事フォイルのエリザベス・アディス

『刑事フォイル』では大学教授のエリザベス・アディスの吹き替えを担当。
大学教授で知的な美人、たまにフォイルの操作に協力したりもします、そしてやもめフォイルといい感じになるのかも?と思わせる魅力的な女性。
がしかし、彼女はフォイルのMI5の同僚ピアースから命じられフォイルを監視していたのです。
フォイルにバレるのかバレないのか、彼女の正体は?
『刑事フォイル』ラスト数話でエリザベスの複雑な背景が見えてきますよ。

ダートのルーシー・スピラー

『ダート』ではゴシップ誌の編集長を務めるルーシー・スピラーを担当。
このドラマはレンタルで観ました。
シーズン2までしかないので人気も知名度もそこまでないのかもしれませんが、『フレンズ』のモニカ役のコートニー・コックスがルーシー・スピラーを演じているので、声が深見さんで違和感がなかったのをよく覚えています。
ゴシップを狙うハイエナのような彼女、そのためならいろんなことを企むし恨みを買うことも。
統合失調症のカメラマン、ドン・コンキーに無理難題をふっかけ彼をギリギリまで追い込み写真におさえさせるなど、『フレンズ』のモニカとはまったく違うキャラクターでも深見さんの吹き替えは違和感なし。
私はけっこう楽しめたドラマでした。

一部ですが、聴きやすいクリアな声が魅力の深見梨加さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
メジャーどころの『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のダイアン・スターリングや、『LOST』のダニエル『HOMELAND』の女性大統領エリザベス・キーンは 、どれも観てなかったり、シーズン途中でリタイアしたりで知らないキャラなのがちょっと残念。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング