訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

刑事ジョン・ルーサーや華麗なるペテン師たち・ダニーの声はこの人!坂詰貴之の海外ドラマ吹き替え

坂詰貴之さんの吹き替えイメージは、やんちゃな男

ハスキーな声が特徴の坂詰貴之さん。
私が名前を覚えたのは『華麗なるペテン師たち』の新入り詐欺師で少々やんちゃなダニー・ブルー。
それから10年以上経過、『刑事ジョン・ルーサー』のジョン・ルーサーの吹き替えでやんちゃなキャラが再び登場!

大胆不敵で繊細、刑事ジョン・ルーサーのジョン・ルーサー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BBC Oneさん(@bbcone)がシェアした投稿

(↑ジョン・ルーサー。bbcone/BBC Oneより)

2019年8月からBSプレミアムでスタートした『刑事ジョン・ルーサー』では主人公ジョン・ルーサーの吹き替えを担当していますが、冒頭でも書きましたが坂詰貴之さんの吹き替えイメージは『華麗なるペテン師たち』のダニー・ブルーが刷り込まれている私。

『刑事ジョン・ルーサー』番組最後にクレジットが出ても主人公ジョンが坂詰さんとわからず。
もちろんダニーとルーサーのキャラクターが違いすぎるのはあるんですが、ルーサーでは声のトーンがかなり重くなっていてホントわかりませんでした。
偶然にもドラマオープニングのテーマ曲の部分は、人のシルエットを使ったデザインやザラザラした感じの色使いに背景、フォントの雰囲気まで『華麗なるペテン師たち』に似てるなと思って。

『刑事ジョン・ルーサー』は主人公のロンドン警視庁刑事のジョン・ルーサーが事件を解決していくドラマ。
ルーサー、刑事としては優秀なんですが、事件の解決のためには危険なことも厭わない性格、でも犯人の心理を読んで追い詰めていくという繊細な部分も併せ持つものの…。
その危険なことも厭わない性格のおかげで上司に同僚に部下、元奥さんやその恋人などなど、ブラックホールのようにとりあえず全部巻き込んでグッシャグシャにしてしまうルーサー
すごく魅力的なんですがちょっと関わったら絶対ケガしそう…。
ただ、自分が大切にするものへの愛情は深いのですが、それも相手にはうまく伝わらないなんとも生きるのが下手な男。

吹き替えも荒々しくて、叫んだり声を荒げることもしょっちゅう。
これは『華麗なるペテン師たち』のダニーにはあまりない要素だったので、余計に坂詰さんの吹き替えだとわからなかったのだと思います。

怒りのコントロールが難しく周りから誤解されることもしばしばあるなか、職場の人間からは厚い信頼を得ているルーサー。
最初は女性上司のローズ・テラー(吹き替えは安藤麻吹さん)、その後ある事件がきっかけで上司がマーティン・シェンク(吹き替えは関 輝雄さん)という男性に。
テラーはいつもハラハラしながらルーサーを見守っていたが、シェンクは少し違っていて。
ルーサーの上司になる前は彼を調査していたシェンク、ルーサーが部下になってからは彼の能力をすごく認めているんですよね。
ルーサーに心強い味方が増えて、なんだかこっちが嬉しくなってしまいました。
もしかしたらこの後、二人の関係は変化するのかもしれませんが。

部下のリプリーやグレイはルーサーと違ってルールを遵守する刑事。
その性格の違いも凹凸みたいになぜかうまくいってて面白いし、元奥さんの恋人マーク(吹き替えは内田夕夜さんで、これまたマークに合ってる)とも不思議な友情で結ばれてて、周りを固めるキャストもとても魅力的なドラマです。

『刑事ルーサー』他の主な吹き替え声優
テラー/安藤麻吹
シェンク/関 輝雄
リプリー/櫻井トオル
マーク/内田夕夜

認めてほしいチームの末っ子、華麗なるペテン師たちのダニー・ブルー

『華麗なるペテン師たち』、大好きなドラマです、けっこう昔のドラマなんですが。
詐欺師チームが強欲な金持ちからお金を騙し取るという1話完結のドラマ。
そのチームの新入り詐欺師ダニー・ブルーの吹き替えが坂詰貴之さん。

この『華麗なるペテン師たち』はシーズン8までありますが、イギリスドラマの特徴でもある1シーズンが6話と短め。
シーズンでメンバーが入れ替わっていきますが、今回はリーダーがミッキーの初期メンバーのことを中心に紹介します。

まず、ダニー・ブルーとはどんな詐欺師かと言いますと。
リーダーのミッキーが大掛かりな詐欺を働くのとは対照的に小さい詐欺が得意、というか大きい仕事をするにはまだまだキャリアが足りない新人さん。
ミッキーを筆頭に、機械や道具の調達、仕掛けが得意なアッシュ、アルバートはキャリア豊富で精神的な支えでもある大ベテラン、ステイシーはさまざまなキャラクターに変身し色仕掛けも得意な紅一点。
そのチームでなんとか結果を出したい、認められたいと頑張るのが下っ端ダニー。
ちなみにシーズン4ではミッキーが抜けダニーがリーダーに!
でもメンバーはもちろん、彼自身もリーダーとしての自信のなさとピンチが随所に見られるという、観てるこちらもハラハラする面白いシーズンでもあります。

マーク・ウォーレンの声はダニーのイメージ刷り込まれ中

坂詰さんの吹き替えは、このダニーの「技術はないけどやる気と根性はある野心家の詐欺師」のやんちゃなイメージで固定されてしまった私。
ダニー演じるマーク・ウォーレン、いろんなドラマに出演していて、出てくるたびに坂詰さんの声を想像して違う声だとなぜか残念な気分になってしまうという持病を発症中
マーク・ウォーレン、私の好きなドラマ『グッド・ワイフ』にカリンダの夫役で出演してまして。
あのカリンダがお金持って逃げるような夫ですよ!どんだけ危険かがわかるでしょ。
吹き替えが別の声優さんで、怪しげで危険な男のキャラには合ってたんですが私としては納得いかず…。(ダニーより落ち着いてる)
『マスケティアーズ パリの四銃士』ではシーズン2の悪役ロシュフォール伯爵で出演、ここでも別の声優さん。(ダニーよりかなり重厚)
「マーク・ウォーレンの吹き替えは坂詰貴之さん」になぜかこだわるんですよね…まさにヒナの刷り込み状態…。
吹き替え派の悪い癖ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BBC Oneさん(@bbcone)がシェアした投稿

(↑マスケティアーズのロシュフォール伯爵。bbcone/BBC Oneより)

華麗なるペテン師たち』他の主な吹き替え声優
ミッキー/宮内敦士
アッシュ/青野武、シーズン4から岩崎ひろし
アルバート/矢島正明
ステイシー/魏涼子

支払いは札束、グッド・ワイフのディラン・スタック

(↑アリシアとディラン。amazon prime videoより)

『グッド・ワイフ』は、長いブランクを経て弁護士に復帰した主人公のアリシア・フロリックを中心に、法廷ドラマでもあり人間ドラマでもあり恋愛ドラマの要素もある面白いストーリー。

坂詰さんが吹き替えるのはビットコインの発明者の自称代理人のディラン・スタック
このディラン・スタックを説明するのが難しい…一体肩書きは何なのか…。
詳しく説明するとかなりのネタバレになるのでサラッと説明しますね。

彼は『グッド・ワイフ』のシーズン3第13話で登場します。
見た目は普通のビジネスマン、アリシアに弁護を依頼するのですがその内容が自分の代理人がビットコインを作ったことで連邦法違反に問われていると。
そこで弁護を依頼してきたのですが、小切手は嫌いだと言って初対面のアリシアに札束をドーン
さすがのアリシアもこれにはビックリしたようで。
仕事を受けるかどうか相談したところ、ディランは大金を持っているので受けたいと言うダイアン、さすが。(笑

結局、この案件ではディラン自身もビットコインを作った一人だったのですが(彼は認めていない)、別の人間一人が作ったと財務省に思わせて無事逃げることができた彼。
この件で彼はアリシアのことが気に入ったようで、シーズン4第20話でも登場します。
今度は、集団訴訟にアリシアの所属する法律事務所も一枚噛んでくれないかと相談するのですが、またここでも札束を出します、真昼間の高級レストランで

ディランは『グッド・ワイフ』のスピンオフ『グッド・ファイト 華麗なる逆転』シーズン1第10話でも登場します。
今度はダイアンがいるレディック&ボーズマン事務所にやってきて弁護を依頼します、はい、もちろん札束を持って!
その札束を見た代表のボーズマンは「ヤクのディーラーか?」と!(笑
詳細はドラマで観ていただくとして、結局彼は逮捕されるのですが(あら大ネタバレだわ!)私は彼が何をしたいのかホントわからなくて。

『グッド・ワイフ』でアリシアはディランのことをこう言っています。
「すべてを破壊し、新たに創造する」と。
彼はたぶんビットコインで莫大な収入を得て、その一方でハッカー集団と一緒に、あるいは自身でも破壊行動を起こし何かを作ろうとしてるんだろうと思うのですが、まったく共感できないんですよね。
何が目的で何がしたいのか?何が楽しいのか…。

刑事ジョン・ルーサーでは超やんちゃなルーサー、『華麗なるペテン師たち』ではかわいいやんちゃダニー、そして『グッド・ワイフ』では見た目は無害、でも一番のやんちゃかもしれないディラン。
だから私は坂詰さんの吹き替えって好青年やいいお父さんがまったく想像できないんですよね。
皆さんはどうなのかしら??

『グッド・ワイフ』の主な吹き替え声優(小宮和枝さん、伊倉一恵さんも参照)
デヴィッド・リー/真田五郎
ジュリアス/加藤亮夫
チャイルズ/水内清光

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

ミストレスのハリー

『ミストレス』、アメリカと韓国、日本でもリメイクされたドラマです。
4人の女性たちの愛の形を描いたドロッドロのドラマです、面白いです。
私は本家BBCのイギリス版とアメリカ版を見ましたが、湿度の高いイギリス版の方が好きです。
さて、坂詰さんは主人公の4人の一人、弁護士のシボーンの夫ハリーを担当しています。
シボーンとハリーは子どもが欲しいのに恵まれない夫婦、ある日シボーンは同僚の男性と関係を持ち妊娠。
でも夫のハリーは子どもができない体ということがわかり…。
苦悩しますハリー、もちろんシボーンも、そして相手の同僚弁護士も。
この話は4人の主人公のうちの一人ですからね、こんなような重大事項が他3人分もあります、ヘビーでしょ?はい観たくなりましたよね!

太王四神記のカムドン

『太王四神記』のカムドンと聞いてピンとこない太王四神記ウォッチャーのあなた。
カムドンはコムル村の一人で主人公タムドクの側近でもある男、そう火天会(ファチョン会)の烙印が押されたあの人ですよ!
はい、思い出しましたね、私もその一人です。
カムドンは烙印が押されたことにより火天会の大長老(あの方ですよ)の手先になってしまうわけです。
いつも控えめで「いい人だと思ってたのに…」と思ったのは私だけじゃないはず。

私はラブ・リーガルのトニー・ニカストロ

『私はラブ・リーガル』は発砲事件によりモデルから弁護士ジェーンに生まれ変わった彼女の仕事や恋を描いたドラマ。
坂詰さんはジェーンの彼トニーとして登場します。
実はジェーン、結婚していて(生まれ変わる前)7年会っていなかった夫が突然現れ、今の恋人トニーと鉢合わせをしてしまいます。
結婚していたことを知らなかったトニー、そして生まれ変わったジェーンも知らなかった自分の結婚。
そのことが原因でトニーは「少しペースを落とそう」とジェーンに提案。
さて二人の恋の行方は?

一部ですが、坂詰貴之さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
ちなみに坂詰さん、『痛快あばれはっちゃく』で4代目の桜間長太郎を演じているそうです。
昭和40年代生まれしか通用しないネタですが。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング