訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

SUITS・ハーヴィーの声はこの人!桐本拓哉の海外ドラマ吹き替え

ヤな奴、でも男前率高しの吹き替え、桐本拓哉さん

いい声です、桐本拓哉さん。
桐本さんが吹き替えるキャラクターが「悪い奴、性格悪い奴、でも男前」が多くて。(私調べ)
声が聞けるのはうれしいけれど、悪い奴だから気持ちは複雑、でも声は聞きたい。
どうしたらいいのよ。

ドラマ途中棄権、SUITSの敏腕弁護士ハーヴィー・スペクター

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

(↑ハーヴィー&ドナ。suits_usaより)

桐本さんは『SUITS/スーツ』の主人公の弁護士ハーヴィー・スペクターの吹き替えを担当しています。
面白いドラマです、主役の吹き替えなんで桐本さんの声が堪能できます、でもドラマを観るのをシーズン4終盤で挫折。
どうよ、桐本さんの声が好きだと言っておきながら観るのをやめるという天邪鬼さ&本末転倒さ。

シーズン4ではもう一人の主人公マイクが弁護士から投資家へと転職し、仕事やプライベートでいろいろあるというシーズン。
『SUITS/スーツ』の基本情報として、マイクは弁護士資格を持たずに弁護活動をしているニセ弁護士。
そこから起こるさまざまな問題がストーリーの根底にあります。
で、そのニセ弁護士を雇ったのがハーヴィー・桐本・スペクターなわけです。

マイクは飛び抜けた記憶力を生かして弁護士として活躍してるのですが、「ニセ」ゆえに「ニセ」と知っているハーヴィーやら恋人やら所属する法律事務所周辺に迷惑をかけているんです。
で、マイクと関わることが多いハーヴィーは、彼をかばいつつ彼の能力を生かし一緒に仕事をし、彼を成長させていくメンターでもあるのです。
ハーヴィーは自分の能力に絶対的な自信を持っていて、ゆえに強引な弁護をすることもしばしば。
一匹狼で超有能ですがとても冷たい印象を与える人。
冒頭で言った桐本さんの吹き替えキャラの特徴「悪い奴、性格悪い奴、でも男前」に当てはまるハーヴィー、悪い奴じゃないけど性格は少々ひねくれてる。

常に冷静、自信あふれる弁護士だから女性にもモテること。
くっついたり離れたりのスコッティ(吹き替えは勝気女子&カチンとくる女性の吹き替えをやらせたら右に出るものなしの甲斐田裕子さん)やハーヴィーに思いを寄せる秘書のドナ、その他デートの相手に困らないモテ男。
で、桐本さんの低い声が自信家で一見冷たそう&超モテ男ハーヴィーの吹き替えにドハマリ!!
たまに誰かと揉めたりして激昂したりもありますが、ほぼ落ち着いたトーンで桐本さんの声が堪能できます。
このドラマではハーヴィーが大笑いで楽しそう!なんて声は拝めません、まぁそこがいいんですが。

弁護士資格を持たないと知りつつマイクを雇ったハーヴィー、シーズン4で挫折したのはこの問題のせい。
シーズン4まで観て何を今更って感じですが…。
毎回マイクが問題を起こすわけですよ、ニセだから。
最初はハーヴィーだけ知ってたマイクのニセ弁護士問題は、シーズンを追うごとに身近な人たちが知ることとなり、それを隠蔽するために誰かがいつも迷惑を被っているという図式。

私はシーズン4でそれに耐えられなくなってしまいました。
苦悩するハーヴィー、苛立つハーヴィー、イコール桐本さんの声。
もうね、聞いてらんないの、ハーヴィーの声を。
一人TVに向かって「マイク辞めろ!周りを巻き込むな」とイライラしっぱなし。
それじゃドラマは成り立たないけどさ。
ここまでハーヴィーに肩入れするのは桐本さんの声だから。
もう少し思い入れの少ない声優さんの吹き替えなら観続けていたかも。

つまり悩むハーヴィーを見たくない&声を聞きたくないという理由で『SUITS/スーツ』挫折
なんでしょうね、我ながら困ったもんです。
じゃあ字幕で観たらいいのでは?とのご意見。
だってハーヴィーの声は桐本さんだから!
ご本人の声で今さら観たくないの…。

『SUITS/スーツ』他の主な吹き替え声優(唐沢 潤さんも参照)
マイク/西 健亮
ジェシカ/唐沢 潤
レイチェル/世戸さおり
ルイス/横島 亘

また途中棄権の予感、ホームランドのピーター・クイン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Homeland on Showtimeさん(@sho_homeland)がシェアした投稿

(↑ピーター・クイン。sho_homelandより)

続いて桐本さんは人気のドラマ『HOMELAND/ホームランド』で主人公のキャリーの同僚CIAエージェントのピーター・クインの吹き替えを担当。
演じているのはイギリスの俳優ルパート・フレンド。
最初見たときルパート・フレンドがCIAエージェントのイメージがまったくなくて、ずいぶん男っぽ役も演じるんだなと思ったのです。
で、最初に登場したときの吹き替えは檀 臣幸さん、そう桐本拓哉さんじゃなかったんですね。
「海外ドラマの吹き替え交代劇|突然声が変わったキャラクターは?」でも紹介しています)
なので初登場時のクインの印象は声よりも俳優ルパート・フレンドの意外性のあるキャスティングでした。

ところがですよ、シーズン3から桐本さん。
最初声を聞いたとき「!!!!!!」
吹き替えが変わった、しかも桐本さんじゃないのっ!
クイン株急上昇。
私のいいとこか悪いとこか知りませんが声が男前だと俳優&キャラの株が急上昇

この桐本クイン、CIAエージェントらしく冷静沈着、頭の切れる男。
あら、『SUITS/スーツ』の主人公ハーヴィーと似たタイプかも。
最初主人公のキャリー(吹き替えは危険な女の吹き替えなら私的に最強の岡 寛恵さん)とソリが合わないというか、まったくうまくいってなかったわけです。
クインもキャリーもタイプは違うけど強い使命感を持った超仕事人間&一匹狼的エージェント。
お互いを知るまでにかなり時間がかかるんです、ふたりとも。
ただクインは誰にも言えない「暗殺」を任されていて心を開かず孤独に仕事を遂行するしかなかったわけですが。

もうね、声が素敵なの、桐本さんだから。(声を特大
クインもストーリーもいいんですが、声を聞きたくて観ていたことは否めない…
本人の声なんてどうでもいいと思ってます。(これもハーヴィーと同じ)
冒頭でいった桐本さんの吹き替えキャラの特徴「悪い奴、性格悪い奴、でも男前」にはあまり当てはまらないクイン…当てはまるのは男前だけか。

まぁいろいろありましてクイン、キャリーと信頼関係を築いて仕事をしていくのですが、だんだん観ていくと「キャリーのことが好きなの??」と思うように。
仕事中心の冷たい人間だと思っていたクインが、よりによってキャリーとどうにかなるの?と軽くヤキモチ焼いてみたりして。
(どうしてよりによってキャリーなのかは岡 寛恵さん参照)
クインはキャリーを思い続けるのですがなかなかうまくいかないんですね。
結局ふたりはすれ違ったままで、しかもシーズン5ではサリンにやられて生死をさまようのです、クインが。

私が観たのはシーズン5まで。
クインは生き延びるのですがどうやらシーズン6で死亡するらしい!
どゆこと…観られないシーズン6、でも観なきゃシーズン6、やっぱり無理かもシーズン6、と日々葛藤。

キャリーとどうにかなるのもイヤだったけど死亡なんて話聞いてない。
あぁ、あまりに桐本さんの声に左右される自分がイヤ…。

(↑ドキドして見てられないキャリー&クイン。showtimeより)

『HOMELAND/ホームランド』他の主な吹き替え声優(主要人物の吹き替えは岡 寛恵さん参照)
エスティース/咲野俊介
マイク/中尾一貴
ヴァージル/山内健嗣
アリソン/山像かおり

男前な王殺し、ゲーム・オブ・スローンズのジェイミー・ラニスター

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nikolaj Coster-Waldauさん(@nikolajwilliamcw)がシェアした投稿

(↑ジェイミー・ラニスター。nikolajwilliamcwより)

とうとう観始めました『ゲーム・オブ・スローンズ』。(2019年9月視聴スタート)
ドラマスタートは2011年ですから8年遅れの超ゲーム・オブ・スローンズ初心者。
先輩方、いたらぬ私にご指導くださいませ。
なぜ今さら『ゲーム・オブ・スローンズ』なのかはこちらを参照。↓

関連記事

ブログ管理人のアマゾンプライムビデオ視聴状況テレビの海外ドラマの録画を消化しつつ、アマゾンプライムビデオもチェックしている管理人、今回はアマゾンプライムビデオで観たものと継続中のものを紹介します。完走したもの、超有名ドラマにやっと参戦や[…]

桐本さんが吹き替えるのは七王国の中で最もお金持ちの家、ラニスター家の長男、ジェイミー・ラニスター
彼には双子の姉サーセイと弟ティリオンがおり、父のタイウィンはかつて「王の手」を務めた実力者。
ジェイミーは若くして「王の盾」になった腕の立つ騎士だが、狂王エイリスを殺したことにより「王殺し:キングスレイヤー」と呼ばれるように。
このジェイミー、桐本さんが吹き替えるキャラの特徴「悪い奴、性格悪い奴、でも男前」にピッタリ当てはまるキャラクター

双子の姉サーセイ(吹き替えは本田貴子さん)はロバート王の妻、この姉とあってはならない関係にあり、それを隠すために王の部下エダード・スタークの幼い子どもを塔の上から突き落とす冷酷非道なジェイミー。
姉サーセイとロバート王との間に生まれた子どもたちは実はジェイミーとの間にできた子ども。
その子どもの一人がジョフリー・バラシオン、彼は幼くして王になるのですが、その性格はサーセイとジェイミーを足したような冷酷非道ぶり、しかも子どもなので駆け引きも慈悲もなく自分の直感の赴くままのやりたい放題。
なるほど、サーセイとジェイミーの特徴を濃くしたらこうなるのね、という悪い見本のようなジョフリー。

ジェイミー・ラニスター、ハンサムなんですよ、しかも声が桐本さんでかっこいい、でもヤな奴。
そう、見てる分にはいいけど言うことやることはヤな奴。
シーズン1でエダードの息子ロブ・スタークに捕えられ、エダードの妻キャトリンに石でガチコンと殴られるのですが、私はジェイミーが捕えられて正直ホッとしたんです。
あのハンサムさんが捕まっていれば、またいろんな人を殺したりしないから。
桐本さんの声で極悪非道なことしないでほしいの、とっても自分勝手だけど。
別の人の吹き替えなら「ジェイミーまた殺しとんのう」と呑気に観てられるのですが桐本さんの声だとねぇ耐えられなくて。

『SUITS/スーツ』のハーヴィー、『HOMELAND/ホームランド』のクインに引き続き、またまた桐本さんの吹き替えの思い入れが強すぎてドラマ視聴に影響が出そうな予感。
まだシーズン1の途中なので、この先ジェイミーがどうなるのか手に汗握りながら観続けますよ、たぶん。
あと、登場人物がとても多いので吹き替え声優さんのチェックがとても楽しいドラマです。

『ゲーム・オブ・スローンズ』他の主な吹き替え声優(本田貴子さん、森川智之さんも参照)
タイウィン・ラニスター/金尾哲夫
サーセイ・ラニスター/本田貴子
ティリオン・ラニスター/森川智之

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。
やはり「悪い奴、性格悪い奴、でも男前」多しです。

グッド・ワイフ&グッド・ファイトのマイク・クレスティーバ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TheGoodFightCBSさん(@thegoodfightcbs)がシェアした投稿

(↑エルズベス&クレスティーバ。thegoodfightcbsより)

『グッド・ワイフ』と、そのスピンオフドラマ『グッド・ファイト』どちらにも出演しているマイク・クレスティーバ
この男、平然と嘘をつく「超性格悪い奴」です。
『グッド・ワイフ』ではブルーリボン委員会委員長としてアリシアを、アリシアの夫ピーターの州知事選の対抗馬としてフロリック家を悩ませ、『グッド・ファイト』ではレディック& ボーズマン事務所に攻撃をしかけるクレスティーバ。
『グッド・ファイト』では弁護士エルズベス・タシオニ(吹き替えは伊倉一恵さん)に見事にやられるのですが、もう観ててせいせいしました!
クレスティーバはエルズベスのことを絶対天敵として見てるはず。
桐本さんの声は聞きたいけど、コイツはねホントほんと嫌い、でも出てくるとちょっとうれしかったりして。
「頭脳派ヒールのクレスティーバさん、今度は何やってくれんの?」って。

リミットレスのエディ・モーラ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CBSさん(@cbstv)がシェアした投稿

(↑エディ・モーラ。cbstvより)

『リミットレス』は主人公ブライアンがNZTという脳を活性化させる薬を飲むことにより超人的な能力を発揮し、FBIとともに事件を解決していくというドラマ。
桐本さんはブライアンにNZTの副作用を抑える薬を与えるかわりにある取引を持ちかける上院議員のエディ・モーラの吹き替えを担当。
モーラ自身もNZTを服用して上院議員まで登りつめた男で、少々悪い奴で男前
演じるブラッドリー・クーパー、大好きなドラマ『エイリアス』では主人公の親友役で出演していましたが当時はそれほど有名ではなかった彼。
それが今ではハリウッドで主役を張れる人気俳優に。
時の流れを感じてしまいます。

西海岸捜査ファイル グレイスランドのデイル・ジェイクス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gracelandさん(@graceland_tv)がシェアした投稿

(↑デイル・ジェイクス。graceland_tvより)

『西海岸捜査ファイル グレイスランド』はFBIやDEA、税関などの潜入捜査官たちが一緒に暮らすシェアハウス「グレイスランド」を舞台にしたドラマ。
桐本さんは移民関税執行局捜査官のデイル・ジェイクスの吹き替えを担当。
ジェイクス、さすが潜入捜査官らしくどっからどう見ても売人にしか見えない(笑
グレイスランドに暮らす捜査官たちは何かしら過去があるのですが、ジェイクスは息子がいてもワケあって一緒に暮らせない。
おまけに接見禁止命令も出されている始末。
ジェイクスは「それほど悪い奴でも性格悪い奴でもない&男前でもない」という桐本さんが吹き替えるキャラには珍しいタイプです。

ファン・ジニのピョクケス

『ファン・ジニ』は実在したと言われる妓生(キーセン)ファン・ジニをモデルにした、彼女の芸にかける情熱と恋愛、生きざまを描いたドラマです。
桐本さんはミョンウォルことファン・ジニに執着する両班(やんばん:貴族のような特権階級)ピョクケスで登場します。
ピョクケス、両班ですから特に仕事に追われるでもなく音楽や舞など芸術を愛する風流人。
妓生たちもお金持ちのピョクケスに気に入られようと躍起になる教坊の上得意様の一人です。
ミョンウォルのことが気に入ったピョクケスですが肝心のミョンウォルはまったく相手にせず、今までちやほやされてきたピョクケスは何としてもミョンウォルを手に入れようと必死。
プライドが高く真心のないピョクケスを適当にあしらうミョンウォルのかっこいいこと。
そう、ピョクケスは「性格悪い奴、でも男前」です。

ちなみにミョンウォルの吹き替えは本田貴子さん。
『ゲーム・オブ・スローンズ』の双子の姉サーセイと弟ジェイミーと同じ組み合わせ。
気位の高いサーセイ&ミョンウォル、傲慢で男前のジェイミー&ピョクケス、いやぁ偶然にしては出来過ぎ!

一部ですが、桐本拓哉さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
『ゲーム・オブ・スローンズ』は観始めたばかりなのでジェイミーの今後によっては文章に手を入れる可能性大かもです。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング