訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

吹き替え派さん集まれ!海外ドラマの吹き替えあるある

吹き替え派ならではのあるあるとは

私は海外ドラマを吹き替えで観ることがほとんどです。
以前はアンチ吹き替えの字幕派でしたが、なんだかんだで吹き替え派に。
今回はそんな吹き替え派ならではの「あるある」をご紹介。

1|声で犯人がわかる

いっぱい吹き替えドラマを観ていくと、重要キャラ役が多い&耳にする機会が多い売れっ子声優さんの声と名前は自然と覚えていきます。
なので声を聞いて「犯人だろうな」や「今はいい人だけどだぶん悪役だろうな」という推測がだんだん当たるようになります。
もちろん当たらないこともいっぱいありますが。(←それも楽しい)

例えば大塚芳忠さん。
『THE BLACKLIST/ブラックリスト』のレッドを担当していますが、他にも数々の悪役キャラを担当。
なので第一声で吹き替えが大塚さんとわかると「悪役決定!」と心の声が。
もちろんこれは私にとっては朗報です。
だって大塚さんの悪役はドラマがさらに面白くなること間違いないので。
あと、カッコいいキャラが多い咲野俊介さんが悪役だったりすると「その手できたか!」と意外性にワクワクします。

(↑ブラックリストのレッド&リズ。nbcblacklistより)

2|セリフが独特

吹き替え独特のセリフが非日常で面白い!
女性のセリフでよく聞くのが

ええ、そうですわ

ええ、いいわ

誇りに思うわ

あら、いやだわ

などの「わ」祭り!
日本女性の日常会話で「ええ、そうですわ」なんて話したことも聞いたこともない。
でもなぜでしょうね、外国人女性が話すと「ええ、あなたを誇りに思うわ」が違和感ない。
吹き替えで女性らしさを強調するのに語尾の「わ」はやっぱり必要なんですわ。

(↑「ええ、いいわ」必須のダウントン・アビーのメアリー。historical_dramaより)

3|地声を聞くとびっくりする

これは字幕派の人にとっては「吹き替えが地声と違いすぎる」にあたるかもしれません。
私は吹き替えの声のインパクトが強すぎて、地声の地味さにびっくりすることが。

例えば『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』の主人公マイケル・ウェスティンの元カノで仕事仲間のフィオナ。
吹き替えは雨蘭咲木子さん、何かあればすぐ銃を撃ちまくり爆薬で吹っ飛ばす危険でセクシーな美女。
はちゃめちゃ感を感じる高めのきゃんきゃん声が特徴ですが、演じるガブリエル・アンウォーの地声は雨蘭咲木子さんとは似ても似つかない声。
吹き替えの雨蘭さんの方がフィオナは危険度高めに見えます。
フィオナは字幕派の人が雨蘭さんの吹き替えを聞いたら絶対びっくりするはず。

あと『HAWAIi FIVE-O』の主人公スティーブ・マクギャレット、吹き替えは綱島郷太郎さんです。
スティーブの地声は落ち着いたハスキーな声。
でも熱い男スティーブのキャラをかなり強調した「おぅおぅ」と連呼する熱すぎる綱島さんの男っぽい吹き替えはオススメです。

あと、向こうの女優さんって声低いんですよね。
それにもけっこう驚きます。

(↑バーン・ノーティスのフィオナ。burn_notice_officialより)

4|声にヤラレる

初めて登場したキャラが好みの声優さんやドンピシャの声だったら…。
私は一瞬でヤラレます。

例えば『エレメンタリー』のシャーロックの父モーランド・ホームズ。
シーズン4で登場するのですが、演じるのは強面ジョン・ノーブル。
「お前のしでかしたミスの…尻ぬぐいにきた」
キャーーーーーかっこいい!菅生隆之さんの低音最高!モーランド大好き!

意外性でいくと『glee/グリー』のチアリーディング部の顧問スー・シルベスター。
吹き替えは野沢由香里さん、『グッド・ワイフ』では主人公の弁護士アリシア・フロリックを担当。
アリシアの吹き替えは知的で落ち着いた印象です。
が、スーの吹き替えは強烈!
女性オラオラ系というかガサツというか激しすぎるというか…。
アリシアとのあまりのイメージの落差にスーにもヤラレました。

5|フィックスで安心

俳優さんの吹き替え担当がほぼ決まっている場合、ありますよね。
この専属吹き替えのことを業界用語で「フィックス」というようです。
海外ドラマでもこのパターンがちょくちょくでてきます。
フィックスのいいところは声優がかわることによって起こる声の違和感がないこと。
これ吹き替え派にはけっこう大事。
一例をあげますね。

宮寺智子さん/韓国ドラマでおなじみのキョン・ミリ担当
宮廷女官チャングムの誓いのチェ・ソングムや朱蒙の王妃など。

山像かおりさん/ミランダ・オットー担当
24: Legacyのレベッカ・イングラムやホームランドのアリソン・カー など。

冠野智美さん/アメリカ・フェレーラ担当
アグリー・ベティのベティ・スアレスやッグッド・ワイフのナタリー・フロレスなど。

三上哲さん/ベネディクト・カンバーバッチ担当
SHERLOCKのシャーロック・ホームズやパトリック・メルローズのパトリック・メルローズなど。

咲野俊介さん/シェマー・ムーア担当
クリミナル・マインドのデレク・モーガンやS.W.A.T.のダニエル・“ホンドー”・ハレルソンなど。

中田譲治/クリス・ノース担当
セックス・アンド・ザ・シティのMr.ビッグやグッド・ワイフのピーター・フロリックなど。

(↑S.W.A.T.のシェマー・ムーア。swatcbsより)

6|自分のイメージにひきずられる

声優さんの名前を覚えたキャラクターが印象的すぎると、どうしてもそのイメージをひきずってしまうこと、よくあります。
その声を覚えた俳優さんが違う声で登場すると違和感がありすぎてなかなか馴染めない、ってやつです。

例えば『24 -TWENTY FOUR-』シリーズで有名なトニー・アルメイダを演じるカルロス・バーナード。
カルロス・バーナードの声はトニーの声の土田大さんなんです私には、絶対。
でもある日『HAWAIi FIVE-O』シーズン3第2話でカルロス・バーナードが登場。
その吹き替えが浦山迅さん!『ゲーム・オブ・スローンズ』のロバート・バラシオンの声の人。
あのいぶし銀の浦山さんの声にまったく馴染めず、一気にカルロスの年齢が上がって見えたのは私だけ?

あと、俳優さんが違っても声が同じだとドラマやキャラがごっちゃになることもよくあります。

7|声の好き嫌いがキャラに反映される

悪い癖だと思うんですが好みの声だとキャラも好きになっちゃうんですよね。
あと声が好きすぎてキャラに入り込み、ドラマを観るのをやめてしまうという愚行も…。

例えば『SUITS/スーツ』の主人公のハーヴィー・スペクターの吹き替えの桐本拓哉さん。
ずーーーっと聞いていたいいい声。
毎回ニセ弁護士マイクをかばうハーヴィー、それが苦痛で観るのやめたんです、私。
そもそもマイクが弁護士のふりをしなければハーヴィーは悩まないのに!とドラマの根底を覆す桐本ハーヴィーへの私の入れ込みよう。
アホでしょ、知ってます。

(↑スーツのハーヴィー・スペクター。suits_usaより)

8|俳優やタレントの吹き替えはハズレ率高し

最近映画で俳優やタレントが吹き替えすること多いですよね。
海外ドラマでもたまにあります。
でもイマイチなんですよね。
ドラマの内容が入ってこないんです。
例をあげますね。

●デスパレートな妻たちのある妻
●スーパーナチュラルのある兄弟
●THIS IS USの子どもの一人
●IRIS-アイリス-(韓国ドラマ)のある男女
などなど。

でも俳優さんで吹き替えウマイ!って方、いますよ。
森田順平さん。
森田さんといえば『3年B組金八先生』の乾 友彦先生でおなじみ。(だいぶ古いですが)
海外ドラマでは『クリミナルマインド』のアーロン・ホッチナーや『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』のヘンリー・モーガンなど主役級のキャラを担当することもある実力派。
声の演技もうまいので、安心してしっかりドラマに集中できます。

(↑デスパレートな妻たち。desperatehousewivesofficialより)

9|名前や地名が聞き取れない

字幕だと文字で確認できるんですが、吹き替え派は名前や地名は耳から聞くのみ。
なので間違って覚えていること多数。
ブログの投稿で調べ直したら名前が違ってた、なんてこと私はよくあります。
最近見たトルコ版の『My Dangerous Wife/僕のヤバイ妻』は特に聞きなれない名前のオンパレード。
「フェルダ」を「セルダ」と覚えてたり、「イブラヒム」を「エムラギ」と思い込んでたり「イペッキ」を「ユペッキ」、「クバンチ」を「クマンチ」など。
なかなかのひどさです…。

10|一瞬だけ登場の吹き替えに気づく

同じエピソード内やシーズン内で、ひとことふたことのセリフを同じ声優さんが声を変えて登場するのもよくあります。
一瞬なので聞き流してしまうのですが、「あっ!」と気づくとなんかうれしい。

11|吹き替え版がなくてがっかりする

私はアマゾンプライムビデオでよく海外ドラマを観るのですが、吹き替え版がないこと…多いです。
面白そうと思えば字幕版でも観ますが、できれば吹き替えがいい!
NHKやBSプレミアムで放送されていた吹き替え版がアマゾンプライムビデオでは配信されていないこともたくさん。
たぶんいろんな権利がからんでいるんだと思いますがとっても残念。
例えばNHKで放送されていた韓国ドラマ『太王四神記』の吹き替え版はDVDで観ることができるのですが、コンプリートDVD BOXにしか入ってないんですよ!
(しかも高い!)
普通のDVD BOX(ノーカット版)の1&2には吹き替え、ないんです、ひどい…。
あと、英米韓ドラマは吹き替え版が多いのですがマイナーな国のドラマだと吹き替え版がないことも。
もっと吹き替え版が配信されますように。

海外ドラマの吹き替えあるある、いかがでしたか。
私的な感情が満載ですが、みんなのあるあるだと信じています。
そして、世の中の海外ドラマ、全部吹き替え版作ってほしい!

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング