訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

シャーロック・相棒ワトソンの声はこの人!森川智之の海外ドラマ吹き替え

医師も策士もハンサムもなんでも来いの森川智之さん

映画にドラマにものすごい吹き替えの数です、森川智之(もりかわ としゆき)さん。
担当俳優もウィル・スミスやキアヌ・リーブス、ユアン・マクレガーなど超豪華。
『SHERLOCK』のワトソンをはじめ、私の好きなドラマのキャラクターを選んでみました。
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

シャーロックの相棒、ジョン・ワトソン

(↑ホームズ兄弟とワトソン。bbcより)

何回観ても面白い『SHERLOCK』
有名なコナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』をベースに舞台を現代のイギリス・ロンドンに移したドラマ。
森川さんは主人公シャーロック・ホームズ(吹き替えは三上哲さん)の相棒ジョン・ワトソンの吹き替えをしています。
演じるマーティン・フリーマンの他の作品も森川さんが吹き替えを担当しています。

私のワトソンのイメージは普通のおじさん。
彼はアフガンに軍医として従軍した経験のある立派なお医者さんでスゴ腕の射撃能力を持っているのに、一緒にいる相手がシャーロックゆえに平凡に見えてしまうおじさん。
シャーロックのコンサルタント探偵業を相棒として手伝うのがワトソンですが、ずば抜けた頭脳の持ち主で超自信家、でも社交性ゼロのシャーロックのフォローをするのも彼の役目。
基本、人を見下しているシャーロックが信頼を寄せる相手が彼、あのシャーロックに信用されるなんて!なんだかワトソンがうらやましい。

印象的なエピソードは、スピーチを頼まれたシャーロックが観られるワトソンの結婚式。
シャーロックは一般人のお祝い事に参加したことがないようで(たぶん)、場の空気を読まず、誰もついて来られない話をベラベラと自分勝手にしゃべるいかにもな感じ。
その結婚式でもシャーロック&ワトソンが活躍する事件が起きるんですがね、あっ!新婦のメアリー(吹き替えは石塚理恵さん)も活躍します。

その後、ワトソンの妻メアリーの正体がわかったときは驚きました。
まさかまさかのメアリーの正体だったのと、それを受け入れるワトソンの男っぷり!(詳しくはぜひドラマで)
あれで私のワトソン評価はかなり上がりました。
でもその後、メアリーとの悲しいお別れがあるんですが…。

森川さんの温かい声はワトソンの誠実で優しい男らしさにぴったりで、三上さんのスモーキーな低音はミステリアスなシャーロックそのもの。
キャラも声もほんといい組み合わせです。
ちなみに字幕派の旦那も『SHERLOCK』は吹き替えで観てました。

(↑ワトソン&メアリーとシャーロック。bbciplayerより)

『SHERLOCK』他の主な吹き替え声優
シャーロック/三上哲
メアリー/石塚理恵
モリアーティ/村治学
ハドソン夫人/谷育子

ゲーム・オブ・スローンズのティリオン・ラニスター

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

gameofthrones(@gameofthrones)がシェアした投稿

(↑ティリオン・ラニスター。gameofthronesより)

世界中で大人気の『ゲーム・オブ・スローンズ』
七王国の鉄の玉座を巡る、陰謀と策略がうごめく権力争いを描いた壮大なドラマ。
森川さんは諸名家のひとつで最も富を持つラニスター家の二男、ティリオン・ラニスターの吹き替えを担当しています。

最初ティリオン・ラニスターの声を聞いたとき、正直驚きました、森川さんの声で。
そのときはティリオンがそれほど需要な役とは思ってなくて。(ティリオンごめん)
シーズン1は登場人物の多い『GOT』の人物紹介みたいな部分もあって、ティリオンの役割がイマイチ見えてなかったのですが、シーズン2に入り彼のキャラクターがだんだんわかってきて、物語がより面白くなってきました。(視聴がシーズン2途中までで止まっていますのでご了承ください)

小人症のティリオン、身体のハンデからくる放蕩息子かと思ったら、まさかのラニスター家頭脳担当。
だから吹き替えが森川さんなのかと納得、気づくのがだいぶ遅かったんですが。
甥のジョフリーが王座に就き代理の王の手となったティリオン、父のタイウィンの後継者は彼?ジェイミーじゃなくて?まぁジェイミーは戦闘部門担当だしな…など期待を抱かせる面白そうなキャラで目が離せない。

あと、愛人のシェイ(吹き替えは木下沙華さん)との関係もどうなるのか気になるところです。
頭のキレるティリオンが惚れた女性ですから、娼婦のシェイも頭の回転が早くなおかつ美しい。
王の手を任され、父タイウィンからは娼婦は連れて行くなと釘を刺されますがキングズ・ランディングヘ内緒でシェイを連れて行く彼。
それほど惚れてたんですね、シェイに。
そういう普通の恋する男の部分はシーズン1では見えてなかったので、これからがより楽しみです。

『ゲーム・オブ・スローンズ』他の主な吹き替え声優
タイウィン・ラニスター/金尾哲夫
ジェイミー・ラニスター/桐本拓哉
サーセイ・ラニスター/本田貴子

私はラブ・リーガルのグレイソン・ケント

(↑グレイソンとジェーン。mukinu2より)

『私はラブ・リーガル』は交通事故で亡くなったモデルのデビーが弁護士ジェーンの身体を借りて生き返るところからスタートします。
デビー時代に恋人だった弁護士グレイソンは、実はデビーだと知らない同僚ジェーンに惹かれていくが二人の恋はなかなか進まず…というストーリー。
主人公ジェーンは弱い立場の人をほっとけない優しくてチャーミングな弁護士。
森川さんが吹き替えるのは、亡くなったデビーの恋人で、主人公ジェーンの同僚&身体はジェーン、中身はデビーが思いを寄せる弁護士グレイソン・ケント。
イケメンです、で亡くなったデビーを忘れることができない一途な男性です。
といいながら恋人が何人も替わるんですが。
そのうちの一人はジェーンを小馬鹿にしてる同僚弁護士のキム(吹き替えは魏涼子さん)なんですがね。
よりによってあのキム!
ついでに元カノ情報その2は美人弁護士のヴァネッサ・ヘミングス(吹き替えは岡寛恵さん)。
まぁ仕方ない、ハンサムな弁護士を女性がほっとくわけがない。

かつて自分の恋人だった男性が、違う女性とデートするなんてまさに生き地獄のジェーン。
自分が、彼の忘れられない恋人デビーとも言えない複雑な心境。
でもグレイソン、仕事に一生懸命で優しいジェーンに惹かれていくわけですよ、実はデビーと知らなくても!
彼がいつジェーンがデビーと知るのか、そして二人の関係はどうなっていくのか。

グレイソン、かっこいいんですよ、誠実なんですよ、声が森川さんなんですよ、いいに決まってる!
恋人じゃなくて結婚したいタイプの男性。
あっ、『SHERLOCK』のワトソン、『GOT』のティリオン、そしてこのグレイソン、共通項発見しました。
ズバリ結婚したい男!
どう?
ただしティリオンはシーズン2以降の動向によります…。

『私はラブ・リーガル』他の主な吹き替え声優
ジェーン/野々目良子
キム/魏涼子
ステイシー/七緒はるひ
テリー/鯨エマ

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。(一部例外あり)

NCIS:LAのG・カレン

(↑向かって左がカレン、右は相棒のサム・ハンナ。ncislaより)

『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』は『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のスピンオフドラマで、タイトル通り潜入捜査で事件を解決していくドラマ。
森川さんが吹き替える主人公のG・カレンは謎の多い男性。
カレンの自分が何者なのかというのもこのドラマのストーリーの柱のひとつ。
演じるクリス・オドネル、私は映画『バーティカル・リミット』がお気に入り。
『メンタリスト』のリズボン役でお馴染みのロビン・タニーと兄妹役で共演してますよ。

法医学医ダニエル・ハロウのハロウ

(↑ダニエル・ハロウ。abctvより)

『法医学医ダニエル・ハロウ』はオーストラリアを舞台にした法医学ドラマ。
主演は『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』で検死官を演じたヨアン・グリフィズ。
設定が似てるので観てると混乱してしまうのは私だけ?

森川さんは主人公のダニエル・ハロウを担当。
冒頭、船から遺体を捨てるハロウが登場、この怪しげな彼の秘密はシーズンを通して明らかに。
さまざまな殺人事件を解決しつつ、その沈めたはずの遺体が発見されハロウや元妻ステファニー(吹き替えは魏涼子さん)、一人娘のファーンとの関わりも見えてきます。
犯罪現場捜査官のソロヤとの大人の恋の行方も気になるところ。

森川さんの吹き替えの好きなところは、ハンサムなトーンはもちろん素敵なのですが、コミカルで軽口なキャラが上手なところ
このハロウも、そういう軽口をたたくところが森川効果でよりチャーミングに。
そして英・米ドラマとはまた一味違うオーストラリアの街の風景も新鮮です。

グリーのウィル・シュースター

(↑ウィル・シュースター&スー・シルベスター集。officialgleeより)

『glee/グリー』は高校の廃部寸前のグリークラブを舞台に、クラブ存続のために部員のスカウトからスタートし数々のトラブルを乗り越え、仲間との絆を深めていくドラマ。
幅広い選曲のサントラ盤も人気でした。
森川さんはこのグリークラブを指導する教師ウィル・シュースターを担当。
かつて自分が在籍したグリークラブをなんとか復活させたい彼、そこに立ちはだかる幾多の問題。
その問題のひとつ、チアリーディング部の顧問スー・シルベスターの強烈キャラも私のおすすめポイントです。

サバヨミ大作戦!のセバスチャン

(↑セバスチャン。youngertvより)

『glee/グリー』の教師ウィルを演じたマシュー・モリソン、『サバヨミ大作戦!』11話では農場を営むセバスチャンで登場。
吹き替えはもちろん森川さん。(マシュー・モリソンのフィックスです)
ファーマーズマーケットでニットを売るセバスチャンと、彼の日記を読んだ主人公ライザ(吹き替えは園崎未恵さん)は彼に出版したいと話を持ちかけ急接近。
あれ〜二人はいい感じになるの?と思いきや下ネタがらみで一瞬で破局。(下すぎて書くのはやめておきます)
ウィルのイメージが…と思ったのは絶対私だけじゃないはず。

グッド・ワイフのコナー・フォックス

(↑コナー・フォックス。thegoodwife_cbsより)

またまたマシュー・モリソンの登場。
『グッド・ワイフ』のシーズン7で連邦検事補のコナー・フォックスで登場。
主人公アリシア・フロリックの夫で州知事のピーター・フロリックを贈収賄で有罪にしたいコナー。
大陪審での様子を思わぬところでイーライに盗み聞きされるコナーですが、何度もピンチをくぐり抜けてきたフロリック夫妻はコナーの思惑どおりになるのかどうか。
ファイナルシーズンの最後に立ちはだかる壁にふさわしい凄腕検事補でした。

ファーゴのレスター・ナイガード

(↑レスター・ナイガード。fargoより)

『FARGO/ファーゴ』は映画『ファーゴ』をベースにした新たなストーリーのドラマ。
森川さんは、シーズン1に登場する保険セールスマンのレスター・ナイガードを担当。
レスターを演じるのは『SHERLOCK』のジョン・ワトソンと同じマーティン・フリーマン。(こちらもフィックスです)
キャラもワトソンとかぶるようないい人キャラ。
レスター・ナイガードははずみで妻を殺してしまい、偶然知り合った殺し屋のローン・マルヴォ(吹き替えは山路和弘さん)に助けを求めたことから、さらなる殺人事件に巻き込まれるというドラマ。
レスターは不運が重なり泥沼にはまってしまう気の弱い普通のサラリーマン。

ドラマの『FARGO/ファーゴ』シリーズはどれも「殺すつもりはなかったけど、なんか殺しちゃった人」がブラックホールのように不運を取り込んでしまうドラマ
幸せになるのは事件を解決した警察官のみ、残り全員ほぼ壮絶な最期を迎えるのも見どころポイント。
観るならぜひ全シーズンチェックです。

(↑アマゾンプライム会員なら追加料金なしで視聴できます(30日間無料体験もあり)(2020.08.08現在)

ダーマ&グレッグのグレッグ・モンゴメリー

(↑ダーマとグレッグ。thomas_gibstanより)

『ダーマ&グレッグ』は古いドラマで、日本では1999年からNHKで放送されてました。
自由で天真爛漫なダーマと森川さんが吹き替える真面目な検事補グレッグの結婚生活を描いたシットコム。
グレッグを演じるのは『クリミナルマインド』のアーロン・ホッチナーでお馴染み トーマス・ギブソン。
あのホッチナーがシットコムに出てた!
ダーマの明るいキャラと礼儀正しいエリートのグレッグのそれぞれの家族も超個性的で楽しみに観ていました。
どこかのシーズン最終話で二人の乗った車が大事故を起こすのですが、シットコムらしからぬシーズンラストの衝的なシーンに当時の同僚と「どう思う?あのラスト!」と話が盛り上がったのがいい思い出です。

ブロードチャーチのアレック・ハーディ

(↑ハーディと部下のミラー。broadchurchukより)

観たんですよ『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』シーズン1は。
でも字幕で観ちゃった…。
だって地元TV局で放送されてのが字幕版だったんで。
なので森川さんの吹き替えでは観てないんですが、面白いんで紹介します。
森川さんは主人公の刑事ハーディを担当。(観てないけど)
ハーディを演じるのは『グッド・オーメンズ』で悪魔クロウリーを演じたデヴィッド・テナント。
『グッド・オーメンズ』ではバンドのメンバーみたいなクロウリーですが、『ブロードチャーチ』ではくっらいワケあり刑事を演じています。
住民が全員顔見知りの小さな海辺の町で起きた少年の殺人事件を捜査する赴任したばかりのハーディ。
閉鎖的な町の秘密を抱えた人たち、誰が少年を殺したのか…ラストまで気が抜けないストーリーはミステリー好きにおすすめのドラマです。
あっ、森川さんの吹き替えはWOWOW版でぜひ楽しんで!(私の代わりに)※DVDは別の吹き替えです

一部ですが、森川智之さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
2019年はNHK BSプレミアムで『大草原の小さな家』が吹き替え版で放送されていたのですが、迷って迷って観なかったんです。
森川さんは主人公一家の父チャールズ・インガルスを担当。
家族を愛する父親役を見逃してしまった…観ればよかったと後悔、次放送されるときは必ず観ると決めました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

また、ドラマ名はわかるけど声優さんがわからないというときは、「ドラマ別吹き替え声優インデックス」もチェックしてみてください。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング