訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

アンダーザドーム・ジュリアの声はこの人!安藤麻吹の海外ドラマ吹き替え

男前なのに温かい声、安藤麻吹さん

低めの落ち着いた声の安藤麻吹さん。
安藤さんの声のイメージは、ちょっとやそっとのことでは動じない男前なイメージと、控えめな色気を感じる女性が混在するイメージです。
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

アンダー・ザ・ドームのジュリア・シャムウェイ

(↑ジュリア・シャムウェイ。rachellelefevreより)

『アンダー・ザ・ドーム』はある日町全体を半円形の見えないドームに覆われ、外に出ることができなくなった人々の秘密が暴かれていくというスティーヴン・キングの同名小説を原作にしたドラマ。
安藤麻吹さんは、主人公バービーの後に恋人になるジュリア・シャムウェイの吹き替えをしています。

バービー(吹き替えは東地宏樹さん)は債権の取り立てのためチェスターズ・ミルを訪れていたときに町がドームで覆われてしまい、外に出ることができなくなります。
そんなとき、地元新聞社の記者ジュリアと知り合い居候させてもらうことに。
外と連絡も取れず孤立する町の人々は、だんだんと殺気立ちトラブルが起こり始めます。
なんとか町を落ち着かせようと奮闘するジュリアとよそ者のバービー、一緒に暮らしトラブルに立ち向かううちに二人の関係は深くなるのですが…。

まずドームで覆われて孤立するという設定が規格外。
で、成り行きで居候させたバービーが実はジュリアの夫を殺していた男だったり。
ジュリアは新聞記者という仕事柄か、とにかく行動力がある女性。
まずは行方不明の夫を探しますが見つかりません、だってバービーに殺されてるんで。
外部と連絡が取れない中、町のラジオ局で軍の通信が聞けることを知りキャスターみたいなことをしたり。
タフで前向きなジュリアですが、さすがにバービーが夫を殺したと知り複雑な心境、でもバービーとの関係はそのまま継続。
普通なら夫を殺した男と恋愛なんてありえませんが、ドームに覆われてしまったなら仕方ない。
特殊な状況でバービーみたいな男(元特殊部隊)が近くにいたら絶対心強いし頼りたくなる気持ちはよくわかる。

安藤さんの吹き替えで好きなところは、強い女性なのに声に温かみがあるところ。
なんとかしようと行動するのももちろん素敵ですが、弱い人たちに寄り添うジュリアの優しいところもポイント高し。
そういえば、バービーの吹き替えの東地宏樹さんの声も男っぽくてタフなのに優しさを感じる声、安藤さんとの声の相性がいいのに納得です。

『アンダー・ザ・ドーム』他の主な吹き替え声優
バービー/東地宏樹
ジム/中村秀利、シーズン3から大塚芳忠
ジュニア/新垣樽助
アンジー/石田嘉代

凄腕スパイ、エイリアスのシドニー・ブリストウ

(↑真ん中がシドニー・ブリストウ&父ジャックと母イリーナ。mandalay_officialより)

『エイリアス』は主人公シドニーがSD-6のスパイとなるも実は犯罪組織だったSD-6に復讐するためにCIAに入局、SD-6に潜入しCIAに情報を流すという二重スパイの活躍を描いたドラマです。
日本では2003年から放送された少々古めのドラマ。

安藤さんは主人公シドニー・ブリストウの吹き替えを担当、演じるのは映画でも活躍するジェニファー・ガーナー。
私がこの『エイリアス』を好きな理由は、シドニーの潜入シーン。
『ニキータ』もそうなのですが、主人公が潜入先に合わせて衣装やメイクなどを変える着せ替え人形的なところも楽しめるのがお気に入りポイントです。
もちろん、ストーリーがよくできているというのはいうまでもありませんが。

シドニー演じるジェニファー・ガーナー、けっこうガタイがいいんですよね。
なのでドレスなどはとても素敵に着こなしているのですが、日本の芸者さんのコスプレをしたときは「???」で。
着物はともかく、メイクはバカ殿の芸者版みたいでよくある海外ドラマの「とんでも日本状態」で笑ってしまいました。

SD-6に潜入する彼女との連絡係のCIAエージェント・ヴォーンはシルヴィ・ヴァルタンの甥マイケル・ヴァルタン。
シドニーの親友役ウィルはブレイク前のブラッドリー・クーパーとお約束のイケメンも登場。
ヴォーンとの恋の駆け引きや、シドニーの父ジャックも実は同じく二重スパイで彼女のピンチを何度も救っていたりなど、シーズンを追うごとに複雑になっていく人間関係もみどころ。

鍛え抜かれた身体から繰り出すキレのいいアクションと、頭の回転の速さでさまざまな困難を乗り越えていくかっこいいシドニー。
彼女のタフぶりを安藤さんの吹き替えでぜひ楽しんでほしいドラマです。

(↑シドニーとウィル。jennifer.garnerより)

『エイリアス』他の主な吹き替え声優
ヴォーン/堀内賢雄
ジャック/勝部演之
スローン/羽佐間道夫
ウィル/村治学

主人公の美人ライバル、ファン・ジニのプヨン

(↑プヨン。amazon prime videoより)

今まで何度も当ブログに登場した韓国のドラマ『ファン・ジニ』
『ファン・ジニ』は実在した芸妓の妓生(キーセン)ファン・ジニ(ミョンウォルは源氏名、吹き替えは本田貴子さん)の芸と恋を描いたドラマ。
舞いはもちろん、詩やコムンゴ(琴のような楽器)の名手としてもしられるミョンウォルの美しい姿もみどころのひとつ。
安藤さんは主人公ミョンウォルのライバル、プヨンの声を担当。

プヨンは師匠メヒャン(吹き替えは高島雅羅さん)のもと、師匠直伝の「剣の舞」の踊り手として知られる妓生。
違う教坊のミョンウォルをライバル視しています、ですがミョンウォルは彼女をライバルとしてあまり意識してないようですが…。

ミョンウォルも綺麗なんですが、プヨンもとっても綺麗です。
きつめのお顔立ちがいかにもわかりやすいライバルという感じ、私は嫌いじゃないです。
で、声が安藤さん、いやぁ非常に私好みのイヤな女のできあがり!

プヨンはお得意様のピョクケス(吹き替えは桐本拓哉さん)の寵愛をうけようと必死ですが、ピョクケスはミョンウォルにご執心。
あれやこれやでミョンウォルを陥れようとしますが、なかなかうまくいかない。
心の中でピョクケスに「もうプヨンでいいじゃ〜ん。プヨン綺麗だよ、ミョンウォルはその気がないようだから諦め」と何度呟いたか。
うまくいかない恋もライバルとしてのお約束、でも好きだよプヨン。

『ファン・ジニ』他の主な吹き替え声優
ミョンウォル/本田貴子
キム・ジョンハン/宮内敦士
ペンム/藤田淑子
メヒャン/高島雅羅
ピョクケス/桐本拓哉

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

刑事ジョン・ルーサーのローズ・テラー

(↑ローズ・テラー。blokeymanより)

『刑事ジョン・ルーサー』、大胆不敵かつ犯人の心理をついて事件を解決する主人公ルーサーが活躍するイギリスのドラマ、とっても面白いです。
安藤さんはルーサーの上司ローズ警視を担当。
怒りを抑えられないルーサーに手を焼きながらも、彼の能力を買ってるローズ、毎回ルーサーに何かしら問題を起こされ心休まる暇はなさそうですが。
ローズが登場するのはシーズン1だけ、シーズン2でルーサーのボスが変わってしまい「ルーサー孤立か?」と思ったら次のボス・シェンクも彼に理解があってほっと一安心。

アグリー・ベティのアレクシス・ミード

(↑アレクシス・ミード。uglybettyoutfitsより)

真面目で前向きで家族や友人を大切にするベティが活躍する『アグリー・ベティ』、毎回観終わったあと元気をもらっていました。
安藤さんはベティのボス・ダニエルの兄アレクシス・ミードの吹き替えを担当。
アレクシス、性同一性障害で女性として生きている元男性。
そういう設定のせいか、低めの安藤さんの声が違和感がない!説得力あります。

ファーゴS3のグロリア・バーグル

(↑グロリア・バーグル。fargoより)

ドラマの『ファーゴ』は映画『ファーゴ』に着想を得たもので、シーズン4まであります。
どのシーズンもある殺人事件が発端となり思わぬところに飛び火し、いろんな人が巻き込まれるというストーリー。
安藤さんはシーズン3に登場する警官のグロリア・バーグルを担当。
ある日、人違いで継父が殺され捜査を担当することに。
グロリアは捜査をするうちにいくつもの疑問点に気づき、上司の新任の警察署長に訴えるもまったく話を聞かないアホなボス。
そんな恵まれない上司を適当にかわし、だんだんと犯人に近づくグロリア。
シーズン1といい、このシーズン3といい、使えないボスを尻目に着実に事件の核心に迫る女性警官たちのカッコいいこと。
このドラマで初めて母親役の安藤さんの吹き替えを体験。
離婚し息子を育てるグロリアのあったかい吹き替えに新鮮な驚きを感じました。

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.10.17現在))

クリミナルマインドのアレックス・ブレイク

(↑左から2番目がアレックス・ブレイク。superdramatvより)

FBIの行動分析課BAUが犯人の心理を読み解き事件を解決する『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
シーズン15まで続いた人気ドラマです。
安藤さんはシーズン8と9に登場する捜査官のアレックス・ブレイクを担当。
エミリー・プレンティスの後任としてやってきた女性で、既婚者なのに夫の影があまり見えないブレイク。
キャリアと家庭の両立に悩むブレイクの去り際は、静かですごく美しかった。
知的で落ち着いていて哀愁漂うブレイク、私はとっても好きでした。

ラスベガスのサマンサ・マルケス

(↑サマンサ・マルケス。vanessamarcilmloveskより)

安藤さんの声を覚えたのが、アメリカでは2003年から放送されていた『ラスベガス』
モンテシートというカジノ&リゾートを舞台に、イカサマを見破ったりさまざまな問題に対応する監視チーム、配車係にディーラーなど、カジノらしいトラブルや人間模様が描かれた面白いドラマでした。
無理難題をふっかけてくるカジノのお得意様を上手にさばくカジノホストのラテン系セクシー美女サマンサ・マルケスが安藤さんの担当。
主人公で監視チームのリーダー・エドを演じていたのはジェームズ・カーン、彼の息子は『ハワイ・ファイブオー』のダニー役のスコット・カーン。
この『ラスベガス』で小川真司さんや小松由佳さん、佐古真弓さんの声を覚えたような気がします。

一部ですが、安藤麻吹さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング