訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

高島雅羅のドラマ吹替|CSI・キャサリン&ファンジニ・メヒャン他

女優の地声を忘れさせる高島雅羅さんの声

私の高島さんの吹き替えの声のイメージはあの女優さんとセットになっています。
(勝手な私のイメージでなのでご了承ください)
そう高島さんの声と切っても切り離せない『CSI:科学捜査班』のキャサリンを演じるマーグ・ヘルゲンバーガー

この俳優さんにはこの声優さんというパターンは多いと思いますが、ドラマでそのパターンで出会うと、たとえ主役や重要メンバーでなくても強烈に印象に残るんですよね。
いや、脇役だからこそ「この俳優さんにはあの声優さんだよね」とキャスティングしてくださった方の細かな心遣いを感じてしまい何だか嬉しくなるんです。

キャサリン・ウィロウズが去ったCSIは少し寂しい…

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@csi.cbsがシェアした投稿

(↑向かって右がキャサリン、左はブラス警部。csi.cbs/The official CSI Instagram accountより)

冒頭に言いましたが、雅羅さんは『CSI:科学捜査班』ではCSI捜査官のキャサリン・ウィロウズの声を担当しています。
そう、私の雅羅さんの声イコールこのキャサリン(マーグ・ヘルゲンバーガー)なんですね。
CSI捜査官という仕事柄ほとんどパンツスタイル、スレンダーでかっこいいんです。

雅羅さんの声はハッキリとした音の響きを感じつつ、落ち着いた中にも女性らしさが漂う「知的美人声」って感じです。
仕事はキッチリこなし、ひとり娘との関係に悩みながらも必死に母親業もこなす自立した大人の女性、私は雅羅さんの声のイメージイコールこのキャサリンなんです。
でも同僚のサラに「男性に甘い」みたいなことを言われたりもしちゃうんですよね~、こういう隙が見えるのも完璧すぎない感じで好感が持てます。

『CSI:科学捜査班』は不定期でメンバーが変わっていくのですが、上司のグリッソムとのコンビ、よかった~。
一番最初のチームメンバーがやっぱり思い入れがあって好きですね、グリッソム、キャサリン、ウォリック、ニック、サラ。
キャサリンのグリッソムへの遠慮のない話し方が好きで、もちろん上司として尊敬はしているのですが彼女のキャラクターとして「ズバズバ言いすぎないけどピリッと辛口」が雅羅さんの声ととってもあってるんですよ。
あとキャサリンが子どもがいる母親という設定なので、子どもがからむ事件にはついつい熱くなってしまうのも彼女らしさのひとつ。
『CSI:科学捜査班』女性メンバーの中では見た目や性格、仕事ぶりなどやっぱり彼女が一番好きです。

でもキャサリン、シーズン12でFBIに転職しCSIチームを去ってしまいました。
これは「まさか!」とかなりの衝撃&ショックで…。
勝手にキャサリンは最後までいる、と思っていたので。
キャサリンと入れ違いでメンバーに加わったジュリー・フィンレイ、キャサリンより少し年下だと思うんですが同じ大人の女性ジャンルでもかなり気の強いお姉さん系です。
抑えが利きにくい部下なので上司のD・B・ラッセル最初はなかなか苦労してますよ~、これはこれで面白いですが。
ちなみに吹き替えは田中敦子さんでこちらも聞き応えありです。

雅羅さんの声が聞けないのは残念ですが、『CSI:科学捜査班』は大好きなので今も観続けています。
最後に『CSI:科学捜査班』がどうなるのか、まだ観ていないのでラストがホント楽しみで。

『CSI:科学捜査班』他の主な吹き替え声優
ラングストン/銀河万丈 ※高島雅羅さんの旦那様です
ソフィア/冬馬由美
エクリー/幹本雄之
アル/西村知道

華やかかつ器が大きいファン・ジニのメヒャン

(↑主人公ミョンウォル。@watch_UNEXT_K/U-NEXT韓流♥公式より)※字幕版です、ご了承ください

韓流ドラマ『ファン・ジニ』では主人公ミョンウォルが所属する教坊のライバル教坊のヘンス(女将みたいな人です)、メヒャンの吹き替えを担当しています。
主人公のライバルチームのボスなのでそれなりに悪役なのかと思いきや、そうでもないという複雑な人物です。
このメヒャン、私好きなんです。その理由を説明しますね。

好きな理由その1、美しい。
ドラマでの設定は50代くらいでしょうか、華やかな美しさを持った女性です。
で、名前も美しい。メヒャンを漢字で書くと「梅香」。
梅の香りですよ、雅ですね、彼女の雰囲気にぴったり。
で、雅羅さんの声ですよ!元キーセンの華やかさもありつつ、ヘンスという立場なので教坊の女の子たちをビシビシしごきます。
このビシビシを雅羅さんの声が演じると、まぁそれはそれは怖そう&厳しそう
すごく低い声というわけではないのですが、するどさを感じる声質だと思います。
一番弟子のプヨンには特に厳しく指導するのですが、それは愛あっての厳しさ。
プヨンの吹き替えは安藤麻吹さん、彼女は雅羅さんとは少しタイプの違う「あでやか美人声」でこれまたついつい聞き惚れてしまうんですよね。

好きな理由その2、懐が深い。
主人公ミョンウォルはメヒャンの若い頃からのライバル、ペンムの教え子です。
普通のヒール役なら師匠が憎けりゃ弟子まで憎いですが、彼女は違います。
ミョンウォルの才能を認め、ペンムと仲違いしたミョンウォルの指導までする肝っ玉ヘンス。
器がデカイんです。女性が惚れる女性というのでしょうか、そういうところが大好きです
雅羅さんの声がちょっとどっか行ってしまうくらいメヒャンの説明ばっかりになってしまいましたが、雅羅さんの声ありきのメヒャンですからね。(声を大)

『ファン・ジニ』他の主な吹き替え声優
キム・ジョンハン/宮内敦士
ウノ/石母田史朗
プヨン/安藤麻吹
ヒョングム/島本須美
オムス/内田直哉

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

アンダー・ザ・ドームのクリスティン・プライス

『アンダー・ザ・ドーム』はある日、見えないドームに町全体が覆われ人々が孤立、ドームの外に出ようとするが…というSFミステリー。
クリスティン・プライスはドーム消滅後に派遣されてきたセラピスト。
演じるのは『CSI:科学捜査班』のキャサリンと同じマーグ・ヘルゲンバーガー。
彼女の第一声を聞いて声が雅羅さんだと分かったときの何ともいえない安堵感、やっぱりマーグ・ヘルゲンバーガーにはこの声だわ。

サイバー諜報員~インテリジェンス~

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CBSさん(@cbstv)がシェアした投稿

(↑cbstvより)

『サイバー諜報員~インテリジェンス~』では主人公ガブリエル・ヴォーンのボスであるリリアン・ストランドの吹き替えを担当。
これもマーグ・ヘルゲンバーガーが演じています。
主人公ガブリエルは脳内に埋め込まれたチップであらゆる情報にアクセスできるスパイとして活動。
設定が面白そうだし、主人公ガブリエルの吹き替えは宮内敦士さんだしワクワク!と思ったら1シーズンで終了でした…。

リミットレスのナズリーン・“ナズ”・ポーラン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@limitlesscbsがシェアした投稿

(↑左からナズ、スペルマン、ブライアン。limitlesscbs/The Official Limitless Instagram Accountより)

『リミットレス』は定職に就かず適当に生きるブライアン・フィンチがある日「NZT-48」という100%脳を活かす薬を手に入れ、その能力でFBIに協力し事件を解決していくというストーリー。
雅羅さんはブライアンとともに捜査にあたるレベッカの上司ナズを担当。(マーグ・ヘルゲンバーガーではありません)
このドラマは映画『リミットレス』の続編で、映画で主演だったブラッドリー・クーパーも出演。
でも残念ながら1シーズンで終了してしまいました。

クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセルのベス・グリフィス

大人気『クリミナル・マインド』のスピンオフドラマが『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』
雅羅さんはチームの一員ベスの声を担当。
クリマイ本家のガルシアも出てたりと期待してたのですが、これまた1シーズンで終了。

一部ですが、高島雅羅さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
でも…『他にもこんなキャラクター〜」で選んだ作品ほぼ1シーズンで終了って…。
雅羅さんのせいじゃないのにこのアンラッキー感…選んだ私が悪いの。

ちなみに雅羅さん『メンタリスト』シーズン5では第18話で登場してますよ、マーグ・ヘルゲンバーガーの吹き替えじゃありませんが。
これは『小ネタの部屋』でいつか紹介しますね。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング