訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

CSI・キャサリンの声はこの人!高島雅羅の海外ドラマ吹き替え

女優の地声を忘れさせる高島雅羅さんの声

私の高島さんの吹き替えの声のイメージはCSIのキャサリンを演じるマーグ・ヘルゲンバーガーとセットになっています。
この俳優さんにはこの声優さんというパターン(フィックス)、ドラマでそのパターンで出会うと、たとえ主役や重要メンバーでなくても強烈に印象に残ります。
いや、脇役だからこそ「この俳優さんにはあの声優さん」とキャスティングしてくださった方の細かな心遣いを感じてしまい嬉しくなります。
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

CSIの頼れる姐さん!キャサリン・ウィロウズ

(↑キャサリンとグリッソム。marghelgenbergerより)

冒頭でもいいましたが、雅羅さんは『CSI:科学捜査班』ではCSI捜査官のキャサリン・ウィロウズの声を担当しています。
そう、私の雅羅さんの声イコールこのキャサリン(マーグ・ヘルゲンバーガー)。
CSI捜査官という仕事柄ほとんどパンツスタイル、スレンダーでかっこいいんです。

雅羅さんの声はハッキリとした音の響きを感じつつ、落ち着いた中にも女性らしさが漂う「知的美人声」
仕事はキッチリこなし、ひとり娘との関係に悩みながらも必死に母親業もこなす自立した大人の女性、私は雅羅さんの声のイメージイコールこのキャサリン。
でも同僚のサラに「男性に甘い」みたいなことを言われたりしますが、こういう隙が見えるのも完璧すぎない感じで好感が持てます。

『CSI:科学捜査班』は不定期でメンバーが変わっていくのですが、初代ボスのグリッソムとのコンビ、よかった~。
一番最初のチームのグリッソム、キャサリン、ウォリック、ニック、サラはやっぱり思い入れがあって特にお気に入りラ。
キャサリンのグリッソムへの遠慮のない話し方が好きで、もちろん上司として尊敬はしているのですが彼女のキャラクターとして「ズバズバいいすぎないけどピリッと辛口」が雅羅さんの声ととってもあってるんですよ。
あとキャサリンが子どもがいるシングルマザーという設定なので、子どもがからむ事件にはついつい熱くなってしまうのも彼女らしさのひとつ。
『CSI:科学捜査班』女性メンバーの中では見た目や性格、仕事ぶりなどやっぱり彼女が一番好きです。

でもキャサリン、シーズン12でFBIに転職しCSIチームを去ってしまいました。
これは「まさか!」とかなりの衝撃&ショックで…。
勝手にキャサリンは最後までいる、と思っていたので。
が、しかし!ファイナルのシーズン15最終話に再びキャサリン登場!
しかも娘のリンゼイもCSIの新入りとして登場。
あの子どもがいつのまに!とグリッソム同様、親戚のおばちゃん気分で観ちゃった。

View this post on Instagram

@csi.cbsがシェアした投稿

(↑最終話のキャサリンとブラス。csi.cbsより)

マーグ・ヘルゲンバーガーの日本との意外なつながりはこちら↓

関連記事

ブログ管理人オススメの映画・ドラマ関連のインスタグラムブログに投稿する際、画像探しのために公式からファンが作ったものなど、さまざまなインスタを見ます。 その中から、映画・海外ドラマ好きにぜひ見てほしいインスタを紹介!そ[…]

『CSI:科学捜査班』他の主な吹き替え声優
グリッソム/野島昭生
ウォリック/山野井仁
ニック/家中宏
サラ/浅野まゆみ
リンゼイ/清水理沙

華やか&器が大きいファン・ジニのメヒャン

(↑左がメヒャン、右がライバルのペンム。)

韓流ドラマ『ファン・ジニ』では主人公ミョンウォル(吹き替えは本田貴子さん)が所属する教坊のライバル教坊のヘンス(女将みたいな人です)、メヒャンの吹き替えを担当しています。
主人公のライバルチームのボスなのでそれなりに悪役なのかと思いきや、そうでもないという複雑な人物です。
このメヒャン、私好きなんです。その理由はこちら↓

好きな理由その1、美しい
ドラマでの設定は40代半ばから50代くらいでしょうか、華やかな美しさを持った女性です。
で、名前も美しい。メヒャンを漢字で書くと「梅香」。
で、雅羅さんの声ですよ!元キーセンの華やかさもありつつ、ヘンスという立場なので教坊の女の子たちをビシビシしごきます。
このビシビシを雅羅さんの声が演じると、まぁそれはそれは怖そう&厳しそう。
すごく低い声というわけではないのですが、するどさを感じる声質だと思います。
一番弟子のプヨンには特に厳しく指導するのですが、それは愛あっての厳しさ。
プヨンの吹き替えは安藤麻吹さん、彼女は雅羅さんとは少しタイプの違う「あでやか美人声」でこれまたついつい聞き惚れてしまいます。

好きな理由その2、懐が深い
主人公ミョンウォルはメヒャンの若い頃からのライバル、ペンムの教え子です。
普通のヒール役なら師匠が憎けりゃ弟子まで憎いですが、彼女は違います。
ミョンウォルの才能を認め、ペンムと仲違いしたミョンウォルの指導までする肝っ玉ヘンス。
器がデカくて女性が惚れる女性というのでしょうか、そういうところが大好きです。
雅羅さんの声がちょっとどっか行ってしまうくらいメヒャンの説明ばっかりになってしまいましたが、雅羅さんの声ありきのメヒャンですからね。(声を大)

『ファン・ジニ』他の主な吹き替え声優
ミョンウォル(ファン・ジニ)/本田貴子
ペンム/藤田淑子
キム・ジョンハン/宮内敦士
プヨン/安藤麻吹
ピョクケス/桐本拓哉

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

アンダー・ザ・ドームのクリスティン・プライス

(↑クリスティン・プライス。officialunderthedomecbsより)

『アンダー・ザ・ドーム』はある日、見えないドームに町全体が覆われ人々が孤立、ドームの外に出ようとするが…というSFミステリー。
クリスティン・プライスはドーム消滅後に派遣されてきたセラピスト。
演じるのは『CSI:科学捜査班』のキャサリンと同じマーグ・ヘルゲンバーガー。
彼女の第一声を聞いて声が雅羅さんだと分かったときの何ともいえない安堵感、やっぱりマーグ・ヘルゲンバーガーにはこの声だわ。

サイバー諜報員~インテリジェンス~のリリアン・ストランド

(↑ヴォーン役のジョシュ・ホロウェイとライリー役のミーガン・オリーと。marghelgenbergerより)

『サイバー諜報員~インテリジェンス~』では主人公ガブリエル・ヴォーンのボスであるリリアン・ストランドの吹き替えを担当。
これもマーグ・ヘルゲンバーガーが演じています。
主人公ガブリエルは脳内に埋め込まれたチップであらゆる情報にアクセスできるスパイとして活動。
設定が面白そうだし、主人公ガブリエルの吹き替えは宮内敦士さんだしワクワク!と思ったら1シーズンで終了でした…。

キリング・イヴのキャロリン・マーテンズ

(↑キャロリン・マーテンズ。killingeveより)

美人暗殺者のヴィラネルと彼女を追うMI6のイヴの攻防を描いたドラマ『キリング・イヴ』
暗殺者ヴィラネルの尻尾を掴みつつMI5をクビになったイヴの前に現れたのが、雅羅さんが吹き替えるMI6のキャロリン・マーテンズ
本格的にヴィラネルを追うためMI6で働くことにしたイブ。

ロシアの情報機関ともつながりのあるキャロリン。
しかもロシアの情報機関に勤めながら影でヴィラネルに暗殺の指示を伝えるコンスタンティン(吹き替えは大塚芳忠さん)とは大人の関係にあるらしい。
いつもクール、そしてミステリアスなキャロリン。
ヴィラネルを追っていながら、何か他に目的があるんじゃないかと勘ぐってしまうような悪役感さえ感じます。
残念ながらまだシーズン1までしか観ていませんが、イブとヴィラネルはもちろん、このキャロリンが何をしでかすか楽しみです。

リミットレスのナズリーン・“ナズ”・ポーラン

(↑ナズ・ポーラン。limitlesscbsより)

『リミットレス』は定職に就かず適当に生きるブライアン・フィンチがある日「NZT-48」という100%脳を活かす薬を手に入れ、その能力でFBIに協力し事件を解決していくというストーリー。
雅羅さんはブライアンとともに捜査にあたるFBI捜査官レベッカの上司ナズを担当。
このドラマは映画『リミットレス』の続編で、映画で主人公エディを演じたブラッドリー・クーパーもそのままの役で出演。
でも残念ながら1シーズンで終了してしまいました。

ファーゴS3のルビー・ゴールドファーブ

(↑ルビー・ゴールドファーブ。theladybamより)

ドラマの『FARGO/ファーゴ』は、ある殺人事件からどんどん負の連鎖が始まり誰も幸せにならないドラマ、どのシーズンも面白いです。
各シーズンごとに登場人物もストーリーも異なるこのシリーズ、雅羅さんが吹き替えるのはシーズン3で登場するルビー・ゴールドファーブ
彼女は主人公のエミット・スタッシー(吹き替えは三上哲さん)の会社がV・M・ヴァーガという謎の男に乗っ取られそうになったとき、その会社を買収しようとする企業の社長。
演じているのは『Major Crimes 〜重大犯罪課』の主人公レイダーを演じたメアリー・マクドネル。
だから…レイダー警部の顔にCSI:科学捜査班のキャサリンの声がどうにもこうにも馴染めなくて。
脳内は完全にレイダー警部の小林美奈さんの声なんです。
結局、私は最後まで馴染めませんでした。
すいません雅羅さん。

(↑プライム会員なら追加料金なしで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.10.07現在))

クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセルのベス・グリフィス

(↑ベス・グリフィス。janeane.garofalo.fanより)

大人気『クリミナル・マインド』のスピンオフドラマ『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』
雅羅さんはチームの一員ベス・グリフィスの声を担当。
クリマイ本家のガルシアも出てたりと期待してたのですが、1シーズンで終了。
本家『クリミナル・マインド』は面白いのですが、このレッドセルも国際捜査班もキャストもストーリーも物足りなさを感じてしまいました。

救命医ハンクS5のブライズ ・バラッド

ERをクビになった医師ハンク・ローソンが、高級住宅地ハンプトンズでコンシェルジュドクターとして活躍する『ロイヤルペインズ 〜救命医ハンク〜』
雅羅さんが吹き替えるのはシーズン5で登場する地元の名士ブライズ ・バラッド
生垣の手入れをしていたブライズを主人公の弟エヴァンが助けたことでハンクと知り合うのですが、ハンク・メドが住宅敷地内で医療行為をしていることを知り地域条例違反で業務停止命令を突きつけてきます。
ハンク・メドを今までどおり運営したいハンクの弟エヴァンはブライズに対抗するために町議選に立候補。
町の名士として町議会を牛耳るちょっとめんどくさいご婦人ブライズ。
ブライズはエヴァンに「犬を飼ってないクルエラ・ド・ヴィル」といわれ、ちょっと笑ってしまいました。
エヴァン、いい例え!

(↑プライム会員なら追加料金なしでファイナルシーズンまで視聴可能(30日間無料体験もあり)(2020.10.07現在))

名探偵ポワロ 砂に書かれた三角形のパメラ・ライル

(↑パメラとポワロ。)

ご存知灰色の脳細胞で事件を解決する名探偵エルキュール・ポワロ。
雅羅さんは、2020年5月にBSプレミアムで放送された『名探偵ポワロ 砂に書かれた三角形』で、ポアロが旅先で行動をともにする女性パメラ・ライルを担当。
日本での初放送は1990年なので30年も前(!)、雅羅さんの声が若い!
パメラは好奇心旺盛で、二組の夫婦のトラブルに興味津々。
殺人事件に首をつっこみ、ポワロと一緒に事件を追うパメラのイキイキとしたこと。
大人の女性の吹き替えのイメージを覆す若き頃の雅羅さんが堪能できました。

一部ですが、高島雅羅さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング