訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

クローザー・ブレンダの声はこの人!山像かおりの海外ドラマ吹き替え

しっとり柔らかい声でパンチの効いたキャラを演じる山像かおりさん

山像かおりさんの声はしっとりとしたマイルドで大人の女性の声、包み込まれるような温かい声。
でも演じるキャラは、そんな柔らかい声とはギャップのあるパンチの効いた女たちが勢ぞろい。
※紹介しているのは私が今まで観たドラマ限定です。

事件解決が最優先!クローザーのブレンダ・リー・ジョンソン

(↑ブレンダ・リー・ジョンソン。tc_mc_familyより)

『クローザー』はCIS仕込みの尋問術で事件を解決(クローズ)するブレンダ率いるロス市警の重大犯罪課の活躍を描いたドラマ。
『クローザー』、面白いドラマですよね。
シーズン終了後に始まったスピンオフドラマ『MAJOR CRIMES~重大犯罪課』もオススメです。

山像かおりさんが担当するのは主人公の本部長補佐兼殺人特捜班班長ブレンダ・リー・ジョンソン
ブレンダの話し方の特徴は、言葉遣いが丁寧で、部下を呼ぶときは必ず「プロベンザ警部補」などと必ず肩書きをつけること。
刑事ドラマによくある「呼び捨て」じゃないんですよね。
あと「ありがとう、どうもありがとう」が口癖です。
英語では強い南部訛りらしいですが、山像さんの吹き替えでは美しい標準語。
黒いショルダーバッグとスカートの裾をひるがえして現場に乗り込んでくる彼女、ロスに来て日が浅かった頃は道がわからず遅れてやってくることもありました。
仕事でイライラすると引き出しいっぱいに入ったスイーツを頬張るのがやめられない悪い癖。
これだけ見ると女らしいかっこだし、少し方向音痴気味もご愛嬌のやさしいイメージなんですが、事件となると豹変。

このブレンダ、犯人の自供を取るまで決して引き下がらない&違法すれすれ(いやよく法を無視している)で必ず落としてみせる超やり手。
ブレンダの通常の声はふんわりしているのですが、捜査や取り調べのときの彼女はトラップを仕掛け相手が墓穴を掘るのを待つしたたかで押しの強い声。
同性としてはこういう女性大好きです。
女性らしい見た目だけで判断できない意外性のベクトルが「仕事ができる」なんて最高。
まぁ彼女の場合は「仕事はできる」けど家庭生活がなんとか回っているのは全部夫フリッツのおかげですが。
全部がパーフェクトな女性はうらやましい反面、どこかアラを探してしまいますが、ブレンダは仕事以外は問題ありというのもどこか親しみを感じてしまうのです。

『クローザー』他の主な吹き替え声優
プロベンザ/宝亀克寿
フリン/稲葉 実
タオ/小高三良
サンチェス/日向とめ吉
デビッド/福田賢二ダニエルズ/藤井千夏
フリッツ/藤 真秀

ハンプトンズの女王、リベンジのビクトリア・グレイソン

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

revengeabcofficialさん(@revengeabcofficial)がシェアした投稿

(↑ビクトリア・グレイソン。revengeabcofficialより)

『リベンジ』は父を陥れた人間に復讐を果たしていくドラマ。
主人公のエミリーは別人になりすまし、協力者ノーラン(吹き替えは三木眞一郎さん)とともに高級住宅地ハンプトンズにあらわれます。

山像さんが担当するのはビクトリア・グレイソン
彼女は主人公エミリーの亡き父の最後の恋人、そしてエミリーの父を陥れた宿敵。
このビクトリアは恵まれない子ども時代を経て、美貌と頭の良さで大金持ちの妻におさまり、自分と家族を守るためならなんでもやる成り上がり系女。
社交の場の中心になる目立つ女性で、山像さんの声はその華やかな雰囲気にぴったり。

エミリーは父の復讐のためにビクトリアや彼女の息子ダニエルに近づきますが、彼女がご近所に越してきてからビクトリアの周辺には嫌なことが次々と起こりはじめます。
周辺に起こるさまざまな出来事や事件に敏感になっていくビクトリア、表向きはなんでもないように見えてもエミリーへの不信感は増していくばかり。
で、エミリーがは次々と父を陥れた関係者に復讐を果たしていくのですが、最初は絶好調です。
あまりにリベンジがうまく行き過ぎて、観ていて爽快だったのですが、だんだん雲行きがあやしくなってきて…。

お金持ちが集まるハンプトンでゴージャスなドレスを身にまとい繰り広げられるエミリーとビクトリア、女2人のドロドロの復讐&駆け引き。
いいですね~ドロドロドラマ、毎回観てて「次の復讐相手は誰なのか」と楽しみでした。
もちろんビクトリアはそう簡単に尻尾はつかませないし、社交界を生き抜いてきたしたたかさがあります。

ビクトリアの社交の場で見せる顔は華やかなでふんわりした声、エミリーが来てからの自分の身に迫る見えない恐怖に怯える声、大切な子どもたちに見せる優しい母の声、どれも山像さんの声はすごくいいんですが、個人的にはエミリーの父デヴィットを裏切ってしまったことへの罪悪感に苛まれる「弱めのビクトリア」の声が好きです。
毎回憎たらしさ満載のビクトリアも彼女らしくていいんですが、あんまり出てこない「弱めのビクトリア」は貴重ゆえにこれまたイイ。
彼女には16歳の時に産んで手放した息子(!)もいるのですが、触れられたくない過去もさすがビクトリアという感じ。
探れば探るほどいろんな過去が出てくる女性、主人公の敵としては最高!

子どもの頃から波乱万丈のビクトリア、泣いたり叫んだり罪悪感に苛まれたりといろいろな表情を見せてくれるのですが、エミリーに対してけっこうドスのきいた山像さんの声も時々楽しめます。
これはぜひ吹き替え版で確認を!

『リベンジ』他の主な吹き替え声優
エミリー/芦名星
コンラッド/牛山茂
ダニエル/中田隼人
ノーラン/三木眞一郎

高飛車&乙女なサバヨミ大作戦!のダイアナ・トラウト

(↑ダイアナ・トラウト。youngertvより)

『サバヨミ大作戦!』は主人公の40歳のライザが26歳とサバを読んで出版社に就職、20代の同僚をなんとかごまかし、自分と同世代の上司の無茶振りに翻弄されながら仕事に恋に頑張るラブコメディ。
山像さんはライザの上司でマーケティング部門の責任者ダイアナ・トラウトを担当。

ダイアナは初対面のライザ(吹き替えは園崎未恵さん)に自分をイライラさせないようクギをさす怖い女性。
実は43歳を41歳とごまかしているが、アラフィフの私にいわせりゃ43も41も同い年。
ライザのアイデアをさも自分のもののように横取りしたりもする上司ですが、彼女の自称学生ローン(実は娘の学費)を臨時ボーナスというかたちで助けたり、経験が浅いことで起こったミスをフォローしたりなど優しい一面もある女性。
また、職場の上司でエンピリカル出版の社長チャールズ(吹き替えはてらそままさきさん)への片思いは、恋する乙女っぽくてかわいいところもあったり。
ライザやケルシーなど部下に対しては分け隔てなく超上から目線&高飛車に接するダイアナ。
それがチャールズに対しては声が急に高くて優しくなり、自分の家庭的な面や仕事ができることをさりげなくアピールするも彼にはまったく届かず…。
彼以外にも出会いを求めるも、バッグ目当てのゲイの男の子を釣ってしまったり、いい感じになった作家とはシモ関係の問題発生で消滅したりなど、男にはツイてない感が半端なくてそれがまた好感度が上がるポイント。

自分ではかっこいい女性を演じているつもりが、どこかコメディっぽさが出てしまうダイアナのチャーミングさは、山像さんの吹き替えの力が大きいと思います。
毎朝オハヨウ代わりの「ライザ!」と呼びつける声とチャールズへのアピール声の落差が大きすぎるのですが、そういう自分の気持ちに正直なダイアナと山像さんの吹き替え大好き

あと、ダイアナのいかにもなキャリア女性のファッションも毎回楽しみで。
絶対日本人では着こなせないような背中がバックリ開いたワンピースとか。(昼間のオフィス着と思えない)
頭がもげそうなでっかいネックレスとか、高級ブランド勢揃いのクローゼットとか!
ぜひスピンオフでダイアナ主演のドラマを作ってほしい!(『グッド・ファイト』のダイアンみたいに)
「キャリア女性」と「恋する乙女」を使い分けるダイアナの吹き替えは、もしかしたら山像さん吹き替えの中で、一番好きかもしれません。

(↑頭がもげそうなでっかいネックレスもありのダイアナの1週間。Youngerより)

『サバヨミ大作戦!』他の主な吹き替え声優
ライザ/園崎未恵
チャールズ/てらそままさき
ジョシュ/早志勇紀
ケルシー/うえだ星子

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

ホームカミングのハイディ・バーグマン

(↑ハイディ・バーグマン。homecomingtvより)

『ホームカミング』は帰還兵ケア施設で起こる謎を追うドラマ。
アマゾンプライムで配信されていて、1話30分という短さは長いドラマが苦手という人にもオススメ。

山像さんはシーズン1の主人公で帰還兵ケア施設ホームカミングのケースワーカー、ハイディ・バーグマンを担当。
演じるのはジュリア・ロバーツ。
ケースワーカーとしての役割よりも会社に有利なデータを集めろという上司のコリン(吹き替えは郷田ほづみさん)のムチャぶりに振り回され、毎日疲れているハイディ。
あることを起こしてホームカミングを辞め、ウエイトレスとして働くハイディのもとに国防省のカラスコが調査にやってくるが、彼女はケースワーカー時代の記憶がなくなっていた…。
記憶の手がかりを探すハイディ、謎を追うカラスコ、帰還兵のふりをしてハイディに近づくコリン、そしてハイディが気にかけていた帰還兵ウォルター。
4人の運命がクロスする結末は暗いものかと思っていたら、意外にも爽やかなエンディングにスッキリしました。

アマゾンプライム会員なら追加料金なしで視聴できます(30日間無料体験もあり)(2020.07.18現在)↓

刑事ジョーのベアトリス・ドルモン

(↑Klockworx VODより)

『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』たぶんそんなにメジャーなドラマじゃない気がしますが、私は大好きです。
舞台はパリ、主役のパリ警視庁の刑事ジョーを演じるのはジャン・レノ(吹き替えは菅生隆之さん!超かっこいい)、山像さんは彼の上司ベアトリス・ドルモンの吹き替えを担当。
どうやらドラマはあまり視聴率がよくなくシーズン1で終了しているようです。
たたき上げの部下ジョーを信頼しつつも、部下に対しては厳しい彼女。
『ルーサー』のジョン・ルーサーとローズ・テラーみたい。

24: Legacyのレベッカ・イングラム

(↑レベッカ・イングラム。official24より)

『24: Legacy』は、ご存知ジャック・バウアーが24時間でテロを阻止するドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のスピンオフドラマ。
主人公もジャック・バウアーから一気に若返ったエリック・カーターに。
山像さんはCTUの元局長のレベッカ・イングラムを担当、演じるのはミランダ・オットー 。
レベッカの局長ラストの日にテロ事件が起き、エリックを中心にCTU、さらに24ではお馴染みのトニー・アルメイダも登場して24時間テロリストを追いかけます。
CTUや政府に必ず裏切り者がいる24シリーズ、レベッカはCTUの局長という正義側トップのはずなのになぜか「裏の顔」を感じてしまうのは山像さんの吹き替えのせいかも。
12話観終わって「折り返し!」と思ったらまさかの12話で終了でちょっとビックリです。

ホームランドのアリソン・カー

山像さんは『HOMELAND』シーズン5で登場する主役キャリー(吹き替えは岡寛恵さん)の上司ソールの恋人&CIAベルリン支局長のアリソン・カーを担当。
『24:Legacy』と同じく演じるのはミランダ・オットー、こちらもテロを追いかけます。

アリソンはCIAの支局長ですよ、でもねヒールなんです、やらかします彼女。
アメリカとロシアの二重スパイで、仕事のためにソールをベッドに引きずり込んだしたたかでずる賢い女性。
こういうヒール役の山像さんの吹き替え、大好物です。

デスパレートな妻たちのベティ・アップルワイト

(↑ベティ・アップルワイト一家。desperate_housewives_2019より)

ウィステリア通りで起こる恋愛、家庭問題、仕事、事件や謎に右往左往する妻たちを描いた『デスパレートな妻たち』
山像さんが担当するのは、ウィステリア通りに引っ越してきた女性ベティ・アップルワイトを担当。
みんな何かしら秘密はあるわけですが、ベティは結構ヘビーな秘密をかかえていまして。
それは人を殺した息子を地下に隠しているという絶対誰にも言えない大秘密!(←そりゃ言えんわ!)
『デスパレートな妻たち』は毎シーズンいろんな事情を抱えたいろんな人が出てくるので面白く観てました。

救命医ハンクのシェルビー・シャックルフォード

アマゾンプライム会員なら追加料金なしで視聴できます(30日間無料体験もあり)(2020.07.18現在)

高級住宅地ハンプトンズでコンシェルジュ・ドクターになった医師ハンク・ローソンが活躍する『ロイヤルペインズ 〜救命医ハンク〜』
山像さんはシーズン5で登場する医療系企業シンフォニー・ヘルスの重役シェルビー・シャックルフォードを担当。
コンシェルジュ・ドクターという分野に注目したシンフォニーのシェルビーがハンク・メドに業務提供を持ちかけ契約に至りますが、その後薬物依存の疑いがあるハンクともめ、契約解除になってしまいます。

クリミナル・マインドのエル・グリーナウェイ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スーパー!ドラマTV(@superdramatv)がシェアした投稿

(↑向かって右から2番目がエル。superdramatvより)

プロファイリングで事件解決をする『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
山像さんはシーズン1〜2に登場するFBI特別捜査官エル・グリーナウェイを担当。
仕事はできるのですが心に少々問題ありで結局BAUを辞めてしまうんですよね。
好きなキャラクターだったのになぁ…。

クリミナル・マインド 国際捜査班のジャックの妻

(↑ジャックファミリー。向かって右から2番目が奥さま。)

アメリカ人が世界で犯罪に巻き込まれた際、救出や事件解決のため現地に赴き活動するFBIの活躍を描いた『クリミナル・マインド 国際捜査班』
山像さんは主人公のジャック・ギャレットの妻を担当しています。
シーズン1でチラッ、シーズン2でもチラッと出てくるジャックの奥さん。
吹き替えが山像さんなので、実は敵方?とか裏を読んでみましたが単なる贅沢な配役でした。
吹き替えが山像さんだと奥さんの格が上がると感じるのは私だけでしょうか。

あと、山像さんが1話限りで登場したキャラも紹介してます。↓

関連記事

単発&短め出演の吹き替えを集めてみました海外ドラマを観ていて思うこと。「あの俳優さん、あのドラマにも出てた」ってありません?ドラマ歴の長い人ほど主役以外にもよく見る俳優さんだと覚えたりしますよね。吹き替えの声優さんもそれと同じで、[…]

一部ですが、山像かおりさんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
個人的には悪役の吹き替えがお気に入りです。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

また、ドラマ名はわかるけど声優さんがわからないというときは、「ドラマ別吹き替え声優インデックス」もチェックしてみてください。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング