訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

ルシファー・クロエの声はこの人!佐古真弓の海外ドラマ吹き替え

ハードな女性率高しで好きな声のど真ん中

少し鼻にかかる低めの声、吹き替えるキャラも気が強い女性が多い気がする佐古真弓さん。
好みの女性の声のストライクゾーンど真ん中なんですよ。
で、どんなキャラがいたかしら〜?と調べたら予想通りのハードキャラがたくさんいました。

欲望が見えない女、ルシファーのクロエ・デッカー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lucifer(@lucifernetflix)がシェアした投稿

(↑クロエ&ルシファー。lucifernetflixより)

『LUCIFER/ルシファー』は地獄から抜け出して人間世界で休暇中の堕天使ルシファー・モーニングスターが警察を手伝って事件を解決していくドラマ。
佐古さんは不本意ながらルシファーとコンビを組む刑事クロエ・デッカーを担当。
演じるローレン・ジャーマンは『シカゴ・ファイア』や『HAWAII FIVE-0』ほかいろいろなドラマで活躍している女優さん。

冒頭でいっていたように、佐古さんの声は好みのど真ん中ですが、女優のクロエ役のローレン・ジャーマンも非常に好きな顔のタイプ。
ドラマでクロエの声を聞いた瞬間「!!!」ですよ。
『HAWAII FIVE-0』のロリの吹き替えは、好きな樋口あかりさんでこれまたよろしいのですが、クロエの勝気でルシファーが操れない強さが佐古さんの声だからさらにいい。

主人公ルシファーは濃いハンサム顔、クロエのさっぱり美人顔の組み合わせ、とっても絵になるコンビ。
元旦那のダンはまぁまぁのハンサム、私の好みは断然ルシファー、そんなことはどうでもいいですね。

クロエ、ある出来事で署内で孤立している刑事、そこにクラブのオーナー・ルシファーが「なんか退屈しのぎで面白そう」的な軽いノリで事件解決に絡んできます。
クロエ嫌がります、わけわからんお金持ちの男が暇つぶしで自分のテリトリーに侵入してきたんで。
クロエの元旦那のダンもルシファーに対して「何こいつ?なんで元妻の相棒?しかも男前だし」という警戒心丸出し。
でも唯一喜んでるのがクロエとダンの一人娘トリクシー。
それが気に入らない両親のクロエ&ダン…そりゃそうだ、夜の匂いをプンプンさせている怪しげな男は娘の教育に悪そうだしね。

ルシファーの欲望を見抜くという不思議な力に気づき気になりだしたクロエ、心が読めない稀有な存在のクロエが気になりだしたルシファー。
まぁ二人の関係がどう変わるのかはなんとなく想像できるところですが、そこにルシファーの兄弟・天使のアメナディエル(天使らしくないのがいい)やルシファーを地獄に戻したいメイズなど、これまたダークなキャラが面白いドラマです。

『LUCIFER/ルシファー』他の主な吹き替え声優
ルシファー/遠藤大智
ダン/阪口周平
アメナディエル/北村謙次
メイズ/まつだ志緒理

本家エミリー、リベンジのアマンダ・クラーク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Margarita Levieva(@margosha777)がシェアした投稿

(↑リベンジのメインキャストたち、向かって一番左がアマンダ・クラーク。margosha777より)

『リベンジ』は主人公・エミリーが父を陥れた人たちに復讐を果たしていくサスペンスドラマ。
佐古さんが担当するのは、主人公エミリーと入れ替わるアマンダ・クラークを担当。
経歴も名前も丸ごと入れ替えたのでアマンダの本名はエミリー・ソーン、エミリーの本名はアマンダ・クラークです。

アマンダとエミリーは少年院で知り合い、経歴を交換しエミリーは復讐のためお金持ちの慈善事業家エミリーとして昔父と過ごしたハンプトンに乗り込みます。
幼い頃、ハンプトンで知り合ったジャックにかすかな恋心を抱くエミリー、でも復讐のため憎いビクトリア・グレイソンの息子・ダニエルに近づきまんまと婚約までこぎつける彼女。
次々に復讐を果たしていくエミリー、そんなときエミリーの前に現れたアマンダ。
しかもアマンダはよりによって「子どもの頃の淡い恋物語」をエサにジャックに近づきこれまたジャックも「あのエミリー!(偽物だけどジャックは気付かず)」と知って二人はいい仲に。

エミリー面白くない、だって自分の子どものころの大切な思い出とその相手を「さも私があのエミリーよ」とアマンダがかっさらっていくわけですから。
さらには「ジャックの子どもを身ごもった」ときた日には…。

アマンダは純粋にジャックに惹かれていたんです、で赤ちゃんも生まれ新婚旅行というときに悲劇が…。
結局アマンダはその旅行中に命を落とすのですが、そのことでエミリーはさらにグレイソン家への復讐に燃えます、そしてジャックも同じように死に追いやった奴らに復讐を果たそうと泥沼へ。

エミリーと人生を交換したばかりに命を落としたアマンダ。
このアマンダ、エミリーと対称になるような見た目(陽と陰みたいに)と少年院にも入った女性なので、そこはかとない「はすっぱ感」と佐古さんの勝気な吹き替えがまたいいんです。
ドラマを観ているとき、「エミリー、またややこしい女と人生を交換したな…」と思ってましたが、こうやって紹介してみるとなんだかささやかな幸せを追いかける悲しい女性ですね…。

『リベンジ』他の主な吹き替え声優
エミリー/芦名 星
ビクトリア/山像かおり
ジャック/綱島郷太郎
ノーラン/三木眞一郎

ムン・ソリだからできた、太王四神記のキハ

(↑キハと彼女を操る火天会の長老。アマゾンプライムビデオより)

すいませんね、古いドラマです、でも大好きなんでまた登場です。
『太王四神記』は主人公タムドクが従兄弟のヨン・ホゲと争いながら四つの神器を探し、高句麗の王になるという歴史ファンタジードラマ。
佐古さんは主人公タムドクの幼い頃から信頼を寄せる神官・キハを担当。
ただし、このキハは火天(ファチョン)会という組織から送り込まれたスパイだったのです。

キハを演じるのはムン・ソリ。
すごい美人さんではないので、最初タムドクといい感じだったとき「この人がヒロインですか?」と少々納得いかなかった私。
でもでも、とにかくムン・ソリの演技力が素晴らしい
キハはタムドクへの強い思いから火天会から操られながらも彼を守ろうとし、彼の子どもを身ごもります。
しかしタムドクの父である国王を殺した濡れ衣を着せられ、タムドクの信頼を無くし別々の運命を歩みだします。
そしてここから本格的にダークサイドに落ちていくキハ、そして彼女に思いを寄せる同じくダークサイドのヨン・ホゲ(吹き替えは咲野俊介さん、これもいい!)。
タムドクとの絶望的な運命、自分を思ってくれるヨン・ホゲ、でもキハはヨン・ホゲに興味ないんでしょうね。
彼女は後半にいけばいくほど、自分ではどうにもならない運命にただ流されているように見えました。

ヒロインのスジニを演じるイ・ジアよりも、貫禄と凄みが格段上のキハ役のムン・ソリの演技と、破滅へ向かうヨン・ホゲのダークサイドカップルに魅了されたドラマです。

ちなみにアマゾンプライムビデオでは字幕版のみ、吹き替え版は通常のDVD BOX1&2には入っておらず、コンプリートDVD BOXのみ収録されています。
吹き替え版で観たい方はこちらをどうぞ。↓

『太王四神記』他の主な吹き替え声優
タムドク/萩原聖人
ヨン・ホゲ/咲野俊介
ヨン・ガリョ/菅生隆之
スジニ/永田亮子

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

サイバー諜報員 〜インテリジェンス〜のライリー・ニール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CBS(@cbstv)がシェアした投稿

(↑ライリーとガブリエル。cbstvより)

『サイバー諜報員 〜インテリジェンス〜』は、脳内に埋め込まれたチップであらゆる情報にアクセスできるスパイの主人公ガブリエル(吹き替えは宮内敦士さん)が活躍するドラマ。
佐古さんが吹き替えるライリー・ニールは、そのチップを狙う者たちからガブリエルを守るボディガード。
えっ?あんなイカついガブリエルを華奢なライリーが守るんですか?というツッコミはさておき。
ライリーを演じるミーガン・オリーですが、『ワンス・アポン・ア・タイム』では赤ずきんちゃん役。(吹き替えは別の方)
最初この赤ずきんちゃんを観たとき「こんなセクシーな赤ずきんいないって!!」と即ツッコミましたよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Once Upon A Time(@onceabcofficial)がシェアした投稿

(↑セクシーすぎる赤ずきん。onceabcofficialより)

グッド・ワイフのラナ・デラニー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jill Flint(@flintstagram77)がシェアした投稿

(↑ラナ・デラニーを演じるジル・フリント。flintstagram77より)

『グッド・ワイフ』で印象的なキャラといえばカリンダを思い浮かべる人も多いはず。
法律事務所ロックハート&ガードナーの凄腕調査員のカリンダ、仕事のためなら何でもありのインド系美人。
そのカリンダの友人というか協力者兼たまに夜を過ごすパートナーが佐古さんが吹き替えるFBI捜査官のラナ・デラニー
カリンダは男性女性問わずの人なのでラナとのそういうシーンが出てきてもさほど驚かず。
で、カリンダは情報がほしいときしかラナに連絡しないという割り切ったお方。
カリンダと一夜を共にする人たちは大抵「会いたかった?」と彼女に聞く、そしてカリンダも「会いたかった」と答えるけどまったく心がこもってないのがいい。
これぞカリンダ!
ラナもカリンダが自分の情報が欲しいだけと知りつつ彼女に会ってしまうんですよ。
まぁわかる気がする…。

そして誰もいなくなったのヴェラ・クレイソーン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Agatha Christie Ltd(@officialagathachristie)がシェアした投稿

(↑officialagathachristieより)

ある日、オーエン夫妻から島に招待された面識のない8人が次々と殺されていく『そして誰もいなくなった』
2015年にイギリスBBCで制作されたアガサ・クリスティ原作のドラマ。
私はBSプレミアムで観ました。
過去に何かしら罪をおかした8人の人間の中の一人が、佐古さんが吹き替えるヴェラ・クレイソーン
彼女は家庭教師をしていた子どもを溺死させた過去がありました。
ストーリーが進むにつれ、招待客たちが殺されていき、最後は本当に誰もいなくなるというトリック。
さすがの面白さはアガサ・クリスティ作品ならでは。

アンダー・ザ・ドームのレベッカ・パイン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Under The Dome(@officialunderthedomecbs)がシェアした投稿

(↑真ん中がレベッカ。officialunderthedomecbsより)

『アンダー・ザ・ドーム』は町全体を半円形の見えないドームに覆われ、外に出ることができなくなった人々の秘密が暴かれていくというSFミステリードラマ。
佐古さんが担当するのは高校の科学教師のレベッカ・パイン
科学的にドームの謎を解明しようとする彼女、とても現実的なのですがそれが物議をかもす提案を生みます。
それは、来るべき食料難の対策として生き残るべき人を選別しようというもの。
外に出られない極限状態におかれた人の発想として決してないとはいえないのが怖いところ。

一部ですが、佐古真弓さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
思ったのは「どれもこれもキャラクターの肝が座ってる」です。
そして悲劇的な結末が多め、でしょうか。
佐古さんの吹き替えは決してそれだけではないとは思うのですが、どういうわけか印象に残ってしまいます。
まだまだ紹介したいキャラはあるのですが、少しずつ追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング