訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

シャーロックやダウントンアビー・トーマスの声はこの人!三上 哲の海外ドラマ吹き替え

クセ者揃いの吹き替え、三上 哲さん

低音のちょっとくぐもったスモーキーな声と言うのでしょうか、三上 哲さんは不思議な魅力がある声です。
三上さんの吹き替えは、今回紹介する少しダークな役柄ばかりではありませんが、なぜか印象に残るのは心に何かを抱えた人たちばかり。
三上さんの吹き替えで有名なのは映画、『SHERLOCK』などのドラマどちらも多く担当しているイギリス人俳優ベネディクト・カンバーバッチの出演作品。
最近はハリウッドでも活躍しているので、三上さんの名前は知らなくても「あぁ、あの声の人ね」とわかる人も多いと思います。

現代のロンドンで活躍するSHERLOCKのシャーロック・ホームズ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

BBC Oneさん(@bbcone)がシェアした投稿

(↑シャーロック・ホームズ。bbconeより)

『SHERLOCK』はあの有名なアーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』を21世紀に舞台を移したイギリスのドラマ。
1話1時間半でストーリーも複雑でまるで映画を観ているくらい見応えのあるドラマです。
『刑事フォイル』でも書きましたが、一度観ただけでは内容が把握できず必ず二度見するドラマです。

三上さんが演じるのは『SHERLOCK』の主人公のシャーロック・ホームズ、超がつくキレ者です。
シャーロックは「高機能社会不適合者」と自ら言うほど頭が切れるのですが、社会生活には少し問題がありで。
凡庸な日常が我慢できない、複雑な事件があるとワクワクするどこか少年がそのまま大人になったようなところもあるんですよね。
ただ、彼は自分の思考回路についてこられない人たちを置き去りにし、女性の彼に対する恋愛感情さえも利用するだけしてあとは知らんぷり、そう基本女性には冷淡です。
こうやって書くとほんとイヤな奴ですね、シャーロックって。
ただワトソンと仕事をするようになり、彼がシャーロックにとって大切な友人ということを認識してからは少し成長したような感じがするのは気のせい?

シャーロックを演じる三上さんの声はマイルドなのに棘がある声。
「ちょっとイヤな奴」の声なんですよね。
頭の中のHDが常にフル回転しているシャーロック、それが表に出ない落ち着いた雰囲気はこの三上さんの独特の声の効果も大きいと思います。
耳触りがいいソフトな声なのに音が低いせいかとても冷淡な印象を受けるんです、そこがシャーロックのキャラクターにあっててすごくイイんですが。
あと、自分一人が理解できる話を延々としゃべり続け、まわりが置いてけぼりの時、ふと我に返ってなんともいえない気まずい雰囲気に気づくシャーロック、これがまたかわいいんです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

BBC One(@bbcone)がシェアした投稿

(↑ジョンの結婚式でスピーチするシャーロック。bbconeより)

シャーロックが住む部屋の家主・ハドソン夫人、シャーロックが過去に夫人を助けたこともあり、しばしば登場するのですが彼女もなかなかユニークです。
シャーロックに遠慮なく口がきける貴重な女性で、元夫が犯罪者だったり、夫人所有の高級スポーツカーをワトソンに貸してと言われて即断ったり(なぜ夫人がそのスポーツカーを?)と探ればいろんな面が出てきそうな面白い女性で、吹き替えは谷 育子さん。
谷さんの、優しいのかいじわるなのか単なるかわいいおばあちゃんなのか読めない絶妙な吹き替えもオススメです。

ベネディクト・カンバーバッチは決して王道のハンサムではなく味があると言いますか個性的な顔だちです。
そんな彼に三上さんのスモーキーな声が重なると、間違いなくミステリアスでカッコイイ男になるんですよね。

『SHERLOCK』他の主な吹き替え声優
ワトソン/森川智之
レストレード/原 康義
ハドソン夫人/谷 育子
マイクロフト/木村靖司
モリアーティ/村治 学

1900年代初頭が舞台のダウントン・アビーのトーマス・バロー

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Downton Abbeyさん(@downtonabbey_official)がシェアした投稿

(↑真ん中がトーマス。downtonabbey_officialより)

『ダウントン・アビー』ではクローリー伯爵家で働く使用人トーマスの声を演じています。
この人ひと癖ありで、正直友だちにはなりたくないタイプの人です。

ある日、雇い主であるクローリー家の当主グランサム伯爵の軍時代の友人ベイツが従者として雇われ屋敷にくるのですが、トーマスは足の不自由なベイツをからかい小学生レベルのいやがらせをするんですね。
そしてベイツは新入りなのに第一下僕の自分より上の「伯爵の従者」、まぁとにかくベイツが気に入らない、なんて分かりやすいトーマス。
これでトーマスの人間性がなんとなく分かりますよね、影で誰かを陥れるためや自分の出世のために伯爵夫人の侍女・オブライエンとコソコソ何やら企んだりするんですよ。
この二人は『ダウントン・アビー』の使用人の中の悪役です。
ちなみに伯爵家の悪役はメアリーではないでしょうか。(詳しくは甲斐田裕子さんを参照ください)

三上さんの声は、このトーマスの嫉妬やひがみやコンプレックスをとても分かりやすく代弁してると思うんです、影のある声が。
トーマスの第一声を聞いたとき、彼のドラマでの立ち位置がぼんやりわかるくらい!
そう、けっして好青年じゃないと、そして何か問題やトラブルを起こすんじゃないかと。

なんとか第一下僕から上に行きたいとトーマス頑張るのですが、伯爵家はもとより同じ使用人からも信頼されないんですよ彼は。
まぁ仕方ないです、だっていろいろやらかしてるんで。
儲けようと思って仕入れた商品が欠陥品だったり、従軍時代には戦地から逃れたいばかりに自ら手を撃たれたり、クローリー家を出て他の貴族の屋敷に勤めだしても話が違っていたりして、彼の人生なかなかうまくいきません。
でもトーマス、いろいろなことを経験して少しずつ成長してくんですよ、かつてイジワルしてたベイツに助けられたりもして。
少しずつですが真っ当な人になりつつある彼を見て応援したくなりましたもん!
ここに来るまでのシーズン6つ分の道のりは長かったんですがね。
結局、クローリー家で執事にまでなるのですが、彼が少し報われてホッとしました。
イジワル役から最後はいい人に大変身!三上さんの声までいい人ボイスに聞こえましたもん。

『ダウントン・アビー』他の主な吹き替え声優
カーソン/中村浩太郎
ヒューズ/沢田 泉
ベイツ/谷 昌樹
オブライエン/山本留里佳
アンナ/衣鳩志野

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

シェイズ・オブ・ブルーのロバート・スタール

(↑ロバート・スタール。oswaldsoulmanより)

『シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察』ではFBI特別捜査官スタールの声を演じています。
シャーロックやトーマスのように、この人も一筋縄ではいかない要注意人物。
ジェニファー・ロペス演じる刑事ハーリーをスパイにするずる賢い正義の顔と、ハーリーに執着する男の顔、仕事にのめり込みすぎて妻から愛想をつかされ苦悩する顔、どれひとつとして明るい顔がないのが三上さんの声にぴったり。

MAJOR CRIMESのマーク・ヒックマン

『MAJOR CRIMES ~重大犯罪課』では元刑事のマーク・ヒックマンの吹き替えを。
ヒックマンは裁判で偽証して警察を辞めたわけあり人物。
ある事件で重大犯罪課と関わることになるのですが、裁判で偽証以来、元仲間からは信頼してもらえないヒックマン。
話が進んでも敵か味方か読めない謎の人物で、ストーリーをより面白くするキャラでした。

よみがえりのケイレブ・リチャーズ

『よみがえり 〜レザレクション〜』は、アメリカのある町で亡くなった人が生き返り、家族や周辺の人は戸惑い…という不思議なドラマ。
シーズン2で終了したらしいのですが、最後どうなったか覚えていないんですよね。
三上さんは生き返った一人ケイレブの声を担当。
彼は死ぬ前も犯罪を犯し、生き返ってからも犯罪に手を染めるというどうしようもないお父さんです…。

My Dangerous Wife ―僕のヤバイ妻―のフラット

(↑向かって右から2番目のヒゲの男性がフラット、一番左がアルペル。tehlikelikarimdizisitvより)

『My Dangerous Wife ―僕のヤバイ妻―』は日本のドラマ『僕のヤバイ妻』がトルコでリメイクされたもの。
カフェを経営するアルペルは浮気相手と妻デリンの殺害を企てたが、その妻が誘拐されていた。
警察に通報するも身代金を奪われてしまう。
三上さんはそのデリン誘拐事件を捜査する刑事フラットを担当。

シャーロックやトーマス、スタールのようなシュッとした男性とはまったく違い、ギョロっとした目に黒々とした分厚いヒゲがトレードマークの個性派。

デリン誘拐事件を捜査するうちに、デリンやアルペル、愛人のセダの企みに気づくのですが、いつもあと一歩のところで真相に届かずじまい。

部下のイペッキとは婚約しているものの、微妙な女心がわからない無骨な男。
捜査では鋭いところをつく凄腕フラットなのですが、ドラマ後半では婚約者の心がよめずアタフタ。
このアタフタが通常の三上さんの吹き替えらしくなくていいんですよ。

【番外編】ブロードチャーチ2のリー・アシュワース

まだ観ていないのですが、三上さんが吹き替えをしている『ブロードチャーチ2~殺意の町~』、すごく観たくて。
『ブロードチャーチ1』がすごく面白くてその続編ということで期待してるんです。
三上さんが吹き替えをするのは、主人公アレックが過去に関わった事件の犯人と疑われている男リー。
さぁこれからどうなるのか…、ちなみにアマゾンプライムビデオでは字幕版のみです、残念。

一部ですが、三上 哲さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング