訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

CSI:科学捜査班・ニックの声はこの人!家中 宏の海外ドラマ吹き替え

安心できる優しい声の家中 宏‎さん

キャリア約40年のベテラン声優家中 宏‎さん、聞くと安心できる低めの優しい声です。
初めて家中さんの声を意識したのは『CSI:科学捜査班』のCSI捜査官ニック。
いい人キャラかと思ったら悪役もこなす人気&定番の声優さんです。

人情味溢れるホットガイ、CSIニック・ストークス

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@csi.cbsがシェアした投稿

(↑左がニック、右は彼のボスD・B・ラッセル。csi.cbs/The official CSI Instagram accountより)

見出しの「人情味溢れるホットガイ」は番組オープニングのキャラクター紹介そのまま使わせていただきました。
私の中で家中 宏‎さんの吹き替えといえば『CSI:科学捜査班』のCSI捜査官ニック・ストークス
ニックはドラマスタートからラスト近くまで出演してるとても重要な役。
人情味溢れるホットガイでムードメイカーというキャッチフレーズから分かるように、陽気で優しい男性なんです。

だから家中‎さんの声のイメージは「ジェントルマン」。
誰にも優しい彼はもちろん女性にも優しいのですが、そのせいで事件に巻き込まれることも。

私が印象に残っているエピソードは、シーズン13の17話「相棒」。
警察犬担当の警官が死体で見つかり、そこには噛まれた跡が。
自身が世話をする警察犬に噛まれて殺されたのではないかと思われ、犬から証拠を採取したいのに犬がガウガウ凶暴で手に負えない状態。
そこへニックが登場、なぜかニックのいうことは聞くこのワンコ。
結局犬は無実でしたが、飼い主が亡くなって誰も引き取る人がいない、どうなるワンコ。
と、ここでニックが犬を引き取るというんですね!
私が犬を飼っているのもあって、飼い主が亡くなった犬をニックが引き取るって手を挙げてくれたことがホント嬉しくて!
ドラマなんですけどね、フィクションなんですけどね、よかった〜って。
ニックが飼い主なら安心だわ〜、犬も幸せだわ〜って。
そういう男なんです、ニックって。(←わかりました?こんな説明で)

ニックのおおらかで優しいところって家中さんの声の効果はかなりあると思います。
残虐な事件や傷ついた人たちがわんさか出てくるこのドラマにニックのキャラはホント救いになる!
軽口をたたきつつもいつも頼りになる兄貴分のニック。
きっとそれは彼が事件に巻き込まれて生き埋めになったり(シーズン5)、事件で親友のウォリックを失ったりと、辛く悲しい経験をしてそれ乗り越えてきたからこそなのでは。

そういえばニックってやたらと髪型が変わるんですよね。
シーズンが変わると髪型が変わってる感じ。
たまにヒゲとは生やしてますけど個人的にはヒゲ無しの方が断然いいと思います。

『CSI:科学捜査班』他の主な吹き替え声優(咲野俊介さん、村治 学さん、高島雅羅さん、浅野まゆみさんも参照)
ルー・ヴァルタン/いずみ尚
ボビー/上田燿司
ライリー/皆川純子
ウェンディ/津川祝子

ヒール役ならナイトマネジャーのリチャード・ローパー

(↑@NightManagerAMC/The Night Managerより)

続いては『ナイト・マネジャー』のリチャード・ローパーです。
家中さんは悪役・リチャード・ローパーの吹き替えをしています。
ちなみに演じているのは英国人俳優ヒュー・ローリー、そう『ドクター・ハウス』のハウス役で有名です。

もちろん『ドクター・ハウス』も吹き替えで楽しんでました。
ちなみにハウスの吹き替えは木下浩之さん。(『BONES』のブースなど)
だからこの『ナイト・マネジャー』のリチャード・ローパー(以下ローパー)の声を聞いたときは軽い衝撃を受けました。

好青年ニックの声で悪役!!

だから最初は今ひとつローパーの悪人ぶりに違和感があって「ほんとに悪い人?」くらいの感じでした。
見た目の印象はお医者さんのハウスだし…。
ローパーはでアメリカでひっかけたスーパー9頭身美人ジェドを引き連れ、世界を股にかけ仕事をしている超超お金持ちです。
裏では武器の取引で莫大な財産を築いた超悪人でもありますが。

ローパー、悪人お金持ちらしくよほどのことがない限り人を信じてないんですね。
家中さんの声は自分の子どもや9頭身美人の恋人にはとっても紳士的、でも仕事では冷淡&疑い深いヒール声。
このヒール声、ぜひ聞いてみて。
ニックとの落差に驚くから!
あと9頭身美人の恋人ジェドへの不信感をいだいた時の冷ったい声!
やだ〜お金持ちでもやだ〜こんな男、でも簡単に逃げられないのよね、こういう男からは。
ジェドはお金のため、ローパーへの愛(あるのかなぁ?)のため今の生活から逃れなれない。
そこに突然やってきてジェドを解放するのが主役のホテルのナイトマネージャーからスパイになったパイン。

『ナイト・マネジャー』の吹き替えでもうひとつ注目してほしい方が。
主役のトム・ヒドルストン演じるジョナサン・パインの吹き替えの中川慶一さん。

私は『ナイト・マネジャー』を観る最大の目的が中川慶一さんの声と言っても過言ではない!くらい好き

「パインでございます」(ホテルのナイトマネージャーなのでとても礼儀正しい)
キャーーーーーーー!こんなマネージャーいたら夜通し起きててホテルのロビーにいるわっ!!

というくらいトム・ヒドルストンにドストライクな配役・中川慶一さんの声もぜひ堪能していただきたいですわ。

また脱線しました、失礼。
結局言いたいのは、家中さんの冷たい声を楽しんでってこと
(そんだけかい!)

(↑真ん中グレーのスーツがパイン、その右隣りがジェド。@Dlife_BS258/Dlife(ディーライフ)より)

『ナイト・マネジャー』他の主な吹き替え声優
パイン/中川慶一
アンジェラ/高尾まみ
ジェド/堀越知恵
コーキー/佐々木義人

三国志前半の主役のひとり劉備玄徳(ほぼ余談)

三国志、知ってます?
三国志と聞いた時点で逃げ出さないで、そこの奥さん、お嬢さん!
私も全然詳しくないんでご安心を。

じゃあなぜ三国志かと言いますと、もちろん家中さんの吹き替えがあるから。

(↑家中さんが声を演じる劉備玄徳。残念ながらGYAO!では配信が終了していました。@Yahoo_GYAO/GYAO!より)

家中さんは『三国志 Three Kingdoms』で蜀(しょく)のトップ劉備玄徳(りゅうびげんとく)の声を担当しています。
そもそも三国志って何?と聞かれれば、むか〜しの中国でいろんな国が覇権争いをしてたお話。(ディープな三国志ファンの皆さま申し訳ありません)
これくらいの浅い知識の私がなぜ『三国志 Three Kingdoms』を観ていたかと聞かれれば、旦那が三国志が好きだったから。

この『三国志 Three Kingdoms』は総制作費が日本円で25億円!!
壮大なスケールで繰り広げられる歴史スペクタクル。
そう男子の大好物のやつですよ。
旦那が観るかと思ってBSフジで放送してた『三国志 Three Kingdoms』を録画&観てたわけです。

家中さんは『三国志 Three Kingdoms』の中でも重要な役、劉備の声を担当。
劉備は関羽と張飛というめちゃできる部下に恵まれ、さらに天才軍師・諸葛亮も加わるなど人徳があるいい人キャラ。
どっしり落ち着いた家中さんの吹き替え、ユー・ホーウェイの顔立ちとあっててすごくいいんです。

このドラマ、とくかく声優陣が豪華なの!
登場人物がとっても多いので声優さんもまぁ多彩、有名どころが多数出演しております。
なので家中さんはちょっと置いといて(オイ!)他の吹き替え声優も超簡単に紹介したいと思います。

●曹操(そうそう):樋浦 勉さん
魏のトップ。樋浦 勉さんは『CSI:科学捜査班』のD・B・ラッセルの吹き替えも。初めてD・B・ラッセルの声を聞いて「どこかで聞いた」とモヤモヤ。今回の『三国志 Three Kingdoms』で曹操と判明!そうそうこの声よ曹操よ!と一人大納得でスッキリ。

(↑曹操@CKRM_Officia/中國紀行CKRMより)

●許褚(きょちょ):宝亀克寿さん
曹操軍の猛将。宝亀克寿さんといえばプロベンザ警部補(私だけ?)猛将ですか、宝亀さんの声のイメージどおりです。
●郭嘉(かくか):横堀悦夫さん
曹操軍の軍師。横堀悦夫さんといえば『グッドワイフ』のイーライ。軍師と政治コンサルタント、どこか通じるところがあります。
●諸葛亮(しょかつりょう):堀内賢雄さん
劉備玄徳率いる蜀の天才軍師。堀内さん、『マスケティアーズ パリの四銃士』では悪役のロシュフォール親衛隊長の吹き替えも。
●関羽(かんう):田中正彦さん
腕も立つが頭も切れる蜀の勇将。田中さんは『メンタリスト』ではリズボンの元上司ボスコの声を担当。重厚な感じが共通点かも。
●孫権(そんけん):咲野俊介さん
初代呉皇帝。孫権、イケメンです。しかも声が咲野さんで言うことなし!
●周瑜(しゅうゆ):小山力也さん
呉の武将。小山さんといえばご存知『24』のジャック・バウアー。
●魏延(ぎえん):大塚芳忠さん
海外ドラマの悪役、クセ者でおなじみの大塚さん
●張松(ちょうしょう):水野龍司さん
『THIS IS US 36歳、これから』のランダル父の吹き替えを担当。
●徐庶(じょしょ):郷田ほづみさん
『メンタリスト』のジェーンでおなじみ、『HOMELAND』ではシーズン1のキーパーソン・ブロディの声も。
●姜維(きょうい):綱島郷太郎さん
『HAWAIi FIVE-O』スティーヴの熱すぎる吹き替えが超おすすめ。
●司馬師(しばし):宮内敦士さん
『THIS IS US 36歳、これから』では家族思いのパパ役、『ジョジョの奇妙な冒険』ではチョコラータを怪演!

などなど、このブログで紹介した方もちらほら。
当時は吹き替え声優さんは何も意識せず観てました。
でも特に印象に残っているのが家中さんの劉備玄徳、曹操の樋浦 勉さん、孫権の咲野俊介さん
特に演じたキャラクターの見た目&キャラと声のマッチ具合が素晴らしかったから。
曹操の策士ぶりは樋浦さんのハスキーで重めの声がぴったりだし、父、兄を相次いで亡くし、若くして後継者となって苦悩する孫権の心の揺れ動きは咲野さんが見事に演じていたし。
『三国志 Three Kingdoms』の公式サイトでは、声優の皆さんがお気に入りのキャラクターを紹介。
自分が声を演じた人を推す人もいれば、違うキャラを選ぶ人もいて面白いのでぜひ見てみて。
★ドラマ「三国志」公式サイト

三国志にまったく詳しくない私ですが、まだ紹介したい三国志ネタがありまして。
決してあらすじやキャラを深掘りしたものではなく、狭く浅い知識の私なりに面白いと思ったことをお伝えしたいと思います。
次回は家中さん抜きで三国志をもちょっと紹介します。

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

デスパレートな妻たちのマイク・デルフィーノ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Desperate Housewives🍎(@desperatehousewivesofficial)がシェアした投稿

(↑マイク&スーザン。desperatehousewivesofficialより)

『デスパレートな妻たち』はウィステリア通りに住む妻たちが主人公のミステリーコメディドラマ。
マイクは主人公の一人スーザンの夫です。
スーザン、悪気なく問題を起こすトラブルメーカー、夫マイクの心中お察しします。
恋人から夫へ、離婚しその後復縁と紆余曲折あった二人ですが、なぜか「よかったね」と思えないのはスーザンのキャラのせいでしょう。

Major Crimesのジョー・ボウマン

(↑ジョー・ボウマン。billbrochtrupより)

『Major Crimes ~重大犯罪課』、大好きなドラマです。
家中さんが吹き替えるのは精神科医のジョー・ボウマン
主人公レイダー警部の養子・ラスティがお世話になっている医師です。
精神科医らしく、いつも落ち着いていてラスティとはチェス仲間でもあります。
複雑な生い立ちから犯罪に巻き込まれたラスティの心のケアをしたのは、レイダー率いる重大犯罪課の面々とこのジョーの力も大きいと思います。

ワンス・アポン・ア・タイムのルンペルシュティルツキン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Once Upon A Time(@onceabcofficial)がシェアした投稿

(↑ルンペルシュティルツキン。onceabcofficial/The official Instagram for #OnceUponATimeより)

おとぎの世界と現実世界でストーリーが進行するファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』
ルンペルシュティルツキンは妻に逃げられた臆病な男が闇の王となるも、ベルという女性と出会い優しさを取り戻したが…、というヒール役。
爬虫類のような肌の薄気味悪いルンペルをロバート・カーライルが怪演、家中さんの声も凄みがあり、CSIのニックとは一味違う吹き替えが楽しめます。

ボディ・オブ・プルーフのトッド・フレミング

『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』は、優秀な外科医から事故の後遺症により検視官になったミーガン・ハントが主人公のドラマ。
トッドはミーガンの別れた夫で、ミーガンの上司ケイトとつきあっています。
ミーガン、優秀だけどなかなかめんどくさい女性でデスパのマイク同様、離婚に至ったトッドの心中お察しします。

一部ですが、家中 宏さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング