訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

チャック・CIAサラの声はこの人!魏涼子の海外ドラマ吹き替え

湿度低めの涼しげな声で美女の吹き替えを担当、魏 涼子さん

チャン・ツィイーにブリタニー・マーフィにマリオン・コティヤールなどなど、全世界の綺麗どころの吹き替えを担当する魏 涼子さん。
映画はもちろん、海外ドラマの吹き替えもそりゃ~いっぱい担当してます。

魏さんの声のイメージは、耳にスーーーッと入ってくる爽やかでありながら女性らしさも感じるそれはそれはいいお声。
映画やドラマのヒロインの吹き替えがすんなり納得。
タイトルにあるようにサラサラ系といいますか、声に湿度を感じないんですよね。
かといってヒロインばかり吹き替えするわけでもなく、いじわるキャラや敏腕エージェントに悪女までさまざまな美女を演じ分けています。

美人すぎるCIAエージェント、チャックのサラ・ウォーカー

(↑チャック&サラ。projectintersectより)

魏 涼子さんは『CHUCK/チャック』で主人公のチャックの護衛をするCIAエージェント、サラ・ウォーカーの声を担当しています。
『CHUCK/チャック』は何系ドラマといったらいいのでしょうか、スパイアクションコメディ??
主人公のチャックが頭はいいけど要領が悪くて運動音痴でオタク、だけど純粋でかわいい憎めない好青年。

チャックは脳内に国家機密のデータを勝手にインプットされてしまったせいで狙われるはめに。
その護衛のために派遣されたのが魏さんが吹き替えるCIAエージェントのサラ。
ヒロインですから美人です、高い格闘能力で敵をバンバン倒します。
普段はフローズンヨーグルト店の店員として常にチャックの近くで目を光らせている彼女。
仕事中はツインテールのかわいい系、潜入するためのピタピタ全身黒装束もいいし、パーティーに潜り込むときのドレスアップもまぁそれは素敵なこと。
そういえば、サラを演じるイヴォンヌ・ストラホフスキーが出演する映画『白い闇の女』でも魏さんが吹き替えを担当しています。

同じくチャックを護衛するために派遣されているケイシー、吹き替えは『CSI:科学捜査班』のウォリックでおなじみの山野井 仁さん。
チャックのお隣に住み、いかついガタイ&超武闘派のケイシーに山野井 仁さんの声はいいですよね。
ウォリックを短気で毒舌にした感じ、イメージ伝わるでしょ。
そういえば、どんくさくていつも足を引っ張るチャックをよく「ドアホ」呼ばわりしてて、う~んケイシーらしい愛を感じられて私は嫌いじゃない。

サラは、任務でチャックと関わることになるのですが、純粋で優しいチャックにだんだん惹かれていくという設定。
仕事と割り切っていたはずなのに、と揺れ動くサラ。
まぁチャックに惹かれるのはわからないでもないけど、サラにはもっといい男がいるんじゃないの~と思ってしまします。
ちなみにドラマ内の元カレ・ブライスは『ホワイトカラー』の主人公ニールも演じたマット・ボマー。
こっちの方がお似合いだと思うんだけどなぁ~、はい余計なお世話。
画面で見るとサラは170cmくらいかなと思っていたらなんと176cmもあるじゃないの!
チャックとケイシーが190cm超えなので彼女がそんなに背が高いと思わなかった。

チャックは脳内の国家機密データを利用しスパイとして現場に潜入することも多いのですが、とにかくどんくさいためサラ&ケイシーによーく助けてもらってるんです。
なので魏・サラさんは「チャック!!」とよーく叫んでます、一生懸命助けてます、仕事とはいえあまりにお荷物なチャック、もうほっときゃいいのに!
チャックの吹き替えを担当する草尾 毅さんの少年っぽい声と魏・サラさんのしっかり者の声の対比!声からわかる力関係。
ちなみに草尾 毅さん1965年生まれのオーバーフィフティですよ!ちょっと!!
あのチャックの若々しい声にびっくり。

青年声の草尾・チャックと美人でしっかり者の魏・サラと、ドアホと護衛対象者を呼び捨てる山野井・ケイシー、3人のキャラクターを声が的確に表していてぜひ吹き替えで観てほしいドラマです。

『CHUCK/チャック』他の主な吹き替え声優
チャック/草尾 毅
ケイシー/山野井 仁
モーガン/粟野志門
エリー/寺川府公子

美人で性悪、私はラブリーガルのキム・カズウェル

(↑とってもキムらしいショット 。@DropDeadDiva/Drop Dead Divaより)

魏さんは『私はラブ・リーガル』の主人公の弁護士ジェーンの同僚キム・カズウェルの声を担当しています。
私思うに『私はラブ・リーガル』は『アグリー・ベティ』と同じジャンルに属しているのではないかと。
それは「見終わって元気がでる系ドラマ」
共通点は主人公が超前向き&自分を変えずに突き進むけど周りに敵を作らないところ。
何かしら問題が起きても頭の良さで切り抜けていくたくましさとチャーミングさを持っているところが大好きです。
魏さんはその主人公のライバル役の吹き替えですが…。

キム・カズウェルは弁護士です、有能かといわれればそうかもしれません。
でも弱い人を助ける正義感あふれる弁護士かと聞かれればNoでしょう。
お金や注目度の高い裁判に目が無い野心家。
『アグリー・ベティ』でいうところのウィルミナ的な感じ。

主人公のジェーンを小馬鹿にしつつ、ジェーンの片思いの相手グレイソンに手を出し(ちょびっと付き合う)、所属する法律事務所の代表とくっつき子どもまでもうけます。(でも結婚はしない)
ジェーンを常に敵視し、いつも上から目線。
自分が美人であることに絶対的な自信を持つ、典型的な同性から嫌われるタイプ。

ちなみにシーズン1の第一話に登場するキムは美人だけどどこか垢抜けない感じ。
高級ブランドのバッグに派手目のスーツ、でもどこか成金ぽいの。
シーズンが進むとどんどん垢抜けて素敵になっていく彼女、でも性格はイヤなまんまですが。

最初に魏さんを「声に湿度を感じない声」と褒めておきながら、その乾いた声がキムの自己中心的な高飛車口調にぴったり
面倒くさそうな依頼や興味がない依頼はジェーンに振って、えっ、あの裁判注目されてるの?じゃぁ私もヘルプで加わるわ!と自分勝手に仕事をこなす彼女ですが、たまに依頼人に同情して弁護にスイッチが入ったりして、ときどきにいい人になるけど根底はやっぱりいけ好かない女…。
そんなキムがグレイソンとちょっといい関係になったときは「グレイソン女見る目ないなぁ」と思いましたよ。

魏さんの吹き替えってこういう役、いいですよね~。
美しい声だからこそ余計に憎たらしくなるというか。
キムの高飛車感がすごくアップするんです!
やっぱりライバルはこうでなくちゃドラマが面白くない。
でもちゃんと男性のハートをつかむ色気も持ち合わせた声!それ私にちょうだい。

『私はラブ・リーガル』他の主な吹き替え声優(森川智之さんも参照)
ジェーン/野々目良子
グレイソン/森川智之
ステイシー/寺田はるひ
テリー/鯨 エマ

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

24 -TWENTY FOUR-のルネ・ウォーカー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Annie Werschingさん(@anniewersching)がシェアした投稿

(↑ルネ・ウォーカー。anniewersching/Annie Werschingより)

『24 -TWENTY FOUR-』シーズン7ではルネ・ウォーカーを担当。
彼女は上院の公聴会で責任追及を受けていた主人公ジャック・バウアーに捜査協力を依頼し、一緒にテロの阻止にあたるFBI捜査官。
ご存知テロの阻止のためなら手段を問わないジャックに翻弄されるも、だんだん彼に感化されるルネ。
ルネの上司ラリー・モス(吹き替えは咲野俊介さん)はルネに対して部下以上の気持ちを持っているようで、余計に二人の無茶な捜査にハラハラドキドキ&口を出しまくります。
エピソードが進むにつれジャックばりに口調が激しくなるルネ、要チェックです。

無実はさいなむのグェンダ・ヴォーン

(↑グェンダ・ヴォーン。alice06eve02より)

アガサ・クリスティ原作、イギリスBBC制作の『無実はさいなむ』ではグェンダ・ヴォーンの吹き替えをしています。
この吹き替えは「吹替小ネタの部屋|女性声優さんの巻その1【2019.8】」でも紹介しているので簡単に紹介しますね。
恵まれない子どもを養子にしている資産家のレイチェルの夫レオの秘書をしている妖艶なグェンダ。
このレイチェルが殺され、1年後にレオはグェンダと再婚しようとしています。
そこに現れたのがレイチェル殺しで逮捕され、その後獄中死した養子の一人ジャックの無実を訴えるある青年。
誰もが犯人に思えるさまざまな背景、いったい誰がレイチェルを殺したのか。
安定の面白さアガサ・クリスティ作品、機会があればぜひ観てください。

法医学医 ダニエル・ハロウのステファニー・トルソン

(↑ステファニー・トルソン。rgmartistsより)

『法医学医 ダニエル・ハロウ』はオーストラリア・クイーンズランドが舞台の法医学医ハロウが活躍するサスペンスドラマ。
魏さんはハロウの元妻で非常勤の教師ステファニー・トルソンを担当。
ハロウとの出会いは事故で両親が死亡した際、法医学医として彼らの最後をステファニーに説明したとき。
その後結婚、一人娘をもうけるも離婚、その娘もしょっちゅう家出する問題児。
娘のことでハロウとやりあうこともあるなかなか気の強うそうな女性です。
こういう役は、魏さんにぴったりじゃないでしょうか。

華麗なるペテン師たちのステイシー・モンロー

強欲な金持ちだけを騙してお金を巻き上げる詐欺師たちを描いた『華麗なるペテン師たち』
魏さんはこの詐欺師チームの紅一点ステイシー・モンローの吹き替えをしています。
ステイシー、容姿を生かしてさまざまなキャラクターになりすまし金持ちを騙しています。
個人的には黒縁メガネに出っ歯をくっつけた「いけてない女子」の扮装がお気に入り。
チームのリーダー・ミッキーとはなんとも微妙な関係で、お互い好きなんだろうなとは思うものの波風立てず詐欺のお仕事に励むのが大人って感じで素敵。
ちなみにミッキーの吹き替えは宮内敦士さん、まぁ素敵です、必聴です、よろしく。

ブルーブラッドのエリン・レーガン・ボイル

(↑エリンと兄ダニー、スワイプすると弟ジェイミーも。bluebloods_cbsより)

ニューヨーク市警察を舞台にした『ブルーブラッド 〜NYPD家族の絆〜』
祖父、父、兄、弟と警察一家のレーガン家の中で唯一検事補なのが、魏さんが吹き替える長女のエリン
刑事の兄ダニーが担当した事件を検事補として担当することもあり、ダニーの無謀な捜査に裁判の行方があやしくなったりなど振り回されることも。
立場ややり方は違えど、兄と同じく犯罪を許さない姿勢はレーガン家ゆずり。
頭がよくしっかり者のエリンは魏さんらしいキャラの一人。

一部ですが、魏 涼子さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
吹き替え以外にも女優としてドラマに出演したり、ドキュメンタリー番組の吹き替えなどでもしています。↓
こちらもチェックしてみてください。

関連記事

魏 涼子さんが女優としてクラブのママで登場魏 涼子さんといえば、このブログでも紹介しましたが、海外ドラマや映画、アニメの吹き替えで活躍しています。また、青年座に所属する女優さんでもあります。(↓魏さんが吹き替えた『私はラブ・リーガル』[…]


関連記事

単発&短め出演の吹き替えを集めてみました主役級以外の1話だけとか、短い出演で気になった女性声優さんの小ネタ吹き替え集です。(2019.10までに当ブログで紹介した声優さん限定です)グッド・ワイフ&グッド・ファイト[…]

気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング