訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

SUITS・ジェシカやデスパ・リネットの声はこの人!唐沢 潤の海外ドラマ吹き替え

「ちゃんとしなきゃ!」と背筋が伸びる唐沢 潤さんの吹き替え

唯一無二の声ですよね、唐沢 潤さんって。
唐沢さんの声のイメージってなんだろうと考えたとき、どこか緊張してしまうかもなぁと思ったのです。
柔らかい声なのに演じるキャラクターのせいか「なに言われる?」とドキドキ不安に感じてしまうのです。
取り上げたSUITSのジェシカは弁護士、デスパのリネットは子沢山の肝っ玉母さん。
正反対ともいえるキャラクターなのにどっちも「ちゃんとしなきゃ!」キャラなんですね。

ハーヴィーの師匠、SUITSのジェシカ・ピアソン

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

suits_usaさん(@suits_usa)がシェアした投稿

(↑ジェシカ。suits_usaより)

唐沢 潤さんは『SUITS/スーツ』で法律事務所の代表ジェシカ・ピアソンの吹き替えを担当しています。
いつもハイブランドの高級スーツを着こなし、仕事をバリバリこなす有能な弁護士です。

『SUITS/スーツ』の主人公ハーヴィー(吹き替えは桐本拓哉さん)のボスでもあるジェシカは彼が一目置く女性でもあります。
あの自信満々で傲慢なスゴ腕弁護士ハーヴィーが頭が上がらない人なんてこの世に彼女しかいない。
この時点でジェシカ最高!(個人的意見)

とはいうものの、私『SUITS/スーツ』シーズン4で途中リタイアしております。(詳細は桐本拓哉さん参照)
全てを観ていないので偉そうなことは何も言えませんが個人的なジェシカ&声担当の唐沢 潤さんへの思いをぶちまけようと思いまして。

唐沢 潤さんの声って独特ですよね、三上 哲さんでも書いたのですが、スモーキーな声で喉の中でたまっている系の声というのでしょうか。
なので第一声を聞けばすぐ「唐沢 潤さん」とわかる唯一無二の声。

この『SUITS/スーツ』のジェシカの声を聞いたとき「あらリネット!(デスパレートな妻たちより)」ってすぐ分かりましたもん。
このジェシカを演じるジーナ・トーレス、めちゃカッコイイ!
ちなみに旦那さんは『CSI』や『マトリックス リローデッド』でおなじみのローレンス・フィッシュバーンなんですね。
なんてカッコよくて強そうな夫婦!

さて、このジェシカ、法律事務所の代表だし弁護士だしでいつもテキパキハキハキ、1mmもスキがない。
そんな彼女に唐沢さんの声だとほんと怖いものなしの無敵感満載。
唐沢さんの声って理詰めの女性にぴったりだと思いません?
知らない間に隙を埋められて身動きが取れないような感じというか、ぼんやりしてると身ぐるみ剥がれてる感?
猫背にしてると後ろから背中バーンと叩かれそう、言い過ぎかしら。
でもそれくらい唐沢ジェシカさんの声に威圧感を感じるのです。

そういえば『SUITS/スーツ』は韓国と日本でもリメイクされていますが、皆さんはどのバージョンがお好み?
私は断然本国アメリカ版。
このジェシカ役、韓国版はチン・ヒギョン(朱蒙のヨミウル役、他多数出演のベテラン女優さん)、日本版は鈴木保奈美。
唐沢さんの声も含めた迫力からいってダントツ本国ジェシカの圧勝でしょう。
海外ドラマ好きの友人もまったくの同意見、そりゃそうよね〜、チン・ヒギョンは圧が少し弱くて、鈴木保奈美はねとっても声が高いの…。
「甲斐はどこぉ」のキンキン声を聞いた時点で「違う…」と思いました。

話戻しまして。
ジェシカ、なんであんなにハーヴィーに弱いんでしょうね。
とてもかわいがって頼りにしてるのはわかるんですが、ジェシカほどの人ならハーヴィーをもう少しコントロールできるでしょうにと思う私。
ましてハーヴィーが雇ったニセ弁護士マイクなんて早々に追い出せばよかったのに…とマイクへの愚痴になってしまう。
『SUITS/スーツ』、ストーリーはもちろん面白いのですが、ジェシカの唐沢 潤さんとハーヴィーの桐本拓哉さん、この二人の声のからみが聞けるだけでドラマの格は数段上がっております。

余談ですが、『SUITS/スーツ』の公式インスタグラム、ルイス・リットのいろんな仮装が見られて面白いですよ。
上記のジェシカの画像をクリックしてお楽しみください。

『SUITS/スーツ』他の主な吹き替え声優(主要人物の吹き替えは桐本拓哉さん参照)
ハーヴィー/桐本拓哉
ドナ/行成とあ
ジェフ/山野井 仁
スコッティ/甲斐田裕子

デスパの肝っ玉母さんリネット・スカーボ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Desperate Housewives🍎(@desperatehousewivesofficial)がシェアした投稿

(↑スカーボ一家。desperatehousewivesofficialより)

唐沢 潤さんは『デスパレートな妻たち』で主人公グループの一人リネット・スカーボの吹き替えを担当しています。
ドラマを見終わってから数年経っておりまして、少々記憶があやふやになっております、あしからず。

唐沢さんが声を担当するリネットは、キャリアウーマンを捨て家庭に入り夫に子どもに翻弄される専業主婦というキャラクター。
特にシーズン1の前半は家庭内で毎日孤軍奮闘する姿が少々痛々しい感じも。
主人公グループのきっちりブリーやゴージャスギャビー、天然系スーザンとは違い、とっても生活感を感じるラフな格好のリネット。
別の言い方だとなりふり構わない、でしょうか。
そりゃそうです4人の子どもをかかえたお母さんにゆっくりする時間なんて皆無。

だから唐沢さんの声もいつも早口で子どもになんか指示を出してとにかくいろいろ急いでる感じ。
てんやわんやな毎日ですが、もともと頭のいいリネット、あの手この手で自分の思いどおりに事を進めようとするのが彼女の特徴
その策士リネットにぴったりな唐沢さんの声、うまくいくこともあれば予想外の展開であたふたすることもあって、全部うまくいかないのが彼女のいいところなんですが。

そういうボス的なキャラは『SUITS/スーツ』のジェシカと通じるところはあるかも。
もしかしたら唐沢さんの声のイメージと言っていいかも。
ボーッとしてるとリネットから手厳しい言葉がバンバン飛んできそうで、彼女も「ちゃんとしなきゃ!」と思わせるキャラなんですよ。
リネット、専業主婦にしとくのはもったいないなぁと思っていたら仕事に復帰して会社の重役にまで上り詰める有能さ!

リネットを見ていて思うのは『SUITS/スーツ』のジェシカと同じように、なぜその男を選んだ?、ということ。
ジェシカの恋人ジェフ・マローンにも文句を言ってた私ですが、またまたパートナーに物申したい!
なんか頼りないのよね〜リネットの夫トムが。
シーズン途中でリネットが上司でトムが部下というのもあったし、トムが独立して急にピザ屋を始めるって言い出すし。
まずピザ屋やるって言った時点で「トム本気????」と思いましたもん。
仕切り屋リネットは絶対トムのピザ屋開店を裏で潰すと思ってたけど、なんやかんや言いながらリネット手伝っちゃうしな〜。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Desperate Housewives🍎さん(@desperatehousewivesofficial)がシェアした投稿

(↑向かって右がリネット母さん、左は大学の同級生レネ(吹き替えは五十嵐麗さん)。desperatehousewivesofficialより)

ところで『デスパ』の主人公グループ、誰がお好きですか?
私はブリーことブリー・バン・デ・カンプ。
あの完璧主義者ブリーがいろんなことに巻き込まれていくのが面白くて。
吹き替えの渡辺美佐さんのマイルドなんだけど神経質な声の感じもいいですよね。
ブリーの子どもには生まれたくないけど(毎日細かいことに超口うるさそうだから)、ご近所さんとして彼女の超神経質な日常を観察してみたいです。

なぜイチ押しがリネットじゃないかというと、「自分の思いどおりに事を進めようとする」ところ、私もその傾向があると自覚しているから。
だから彼女を観ていると、自分のイヤなところを見ているようでなんだか胸が苦しくなるのです。
皆さん、ドラマ観てて登場人物にそう感じることないです?私だけかしら??

『デスパレートな妻たち』他の主な吹き替え声優
スーザン/萬田久子
ブリー/渡辺美佐
ギャビー/日野由利加

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

CSIの保安官リストン

『CSI:科学捜査班』でたまに出てくる保安官のリストン
シーズン12第13話では事件を早く解決するようブラス警部とD.Bラッセルに発破をかけにくるのがこのリストン。
このリストンを見かけたニックとグレッグは「悪い知らせだ」とささやきます、たぶん好かれている人ではないということでしょう。
ちなみに海外ドラマに出てくる紺色の制服の警察官と薄茶色の制服の保安官の違い、知ってます?
警察官は市や町の小さいエリアを管轄、保安官は郡を管轄するそうです。

アンフォゲッタブルのジョアン・ウェブスター

『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』は見たもの全て記憶する「超記憶症候群」の主人公キャリーがその能力を生かして事件を解決していくドラマ。
過去の記憶の中に簡単に移動し些細なことまで思い出せる力はすごい能力ですが、忘れることができないのもまた大変そう。
ジョアン・ウェブスターは検視官、仕事はできますが少々口が悪いというか遠慮がない女性。
こういう女性の吹き替え、唐沢さんの声やっぱり合いますよね。

赤と黒のシン・ミョンウォン

『赤と黒』は自分を捨てた金持ち一家に復讐をする男の話、主人公のシム・ゴヌクを演じるのはキム・ナムギル。
岐阜県の下呂や愛知県、三重県でロケが行われた韓国のドラマです。
唐沢さんは主人公に復讐される一家の夫人、シン・ミョンウォンの吹き替えをしています。
このシン・ミョンウォンを演じているのは韓流ドラマでは超おなじみのキム・ヘオク。
優しいお母さん役が多かったのですがこのドラマでは一番の悪役
夫の他の女性との間にできた息子を引き取るも、まぁあたりが厳しいこと。
冷酷なお金持ち夫人、唐沢さんの声だと高飛車感をさらに感じられてイヤな女なんですが…私は好きです。

一部ですが、唐沢 潤さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング