訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

クローザー・プロベンザ警部補の声はこの人!宝亀克寿の海外ドラマ吹き替え

対照的なベテラン刑事の吹き替え、宝亀克寿さん

海外ドラマはもちろん、映画にアニメにゲームにライブもするベテラン声優さん。
Twitterなんてほぼ毎日つぶやいてますよ、プロベンザ警部補風に言うとチュイッターね。

宝亀さんの声はしゃがれた感じがいい味出してるガラガラバリトン。(褒めてます)
真っ先に思い浮かんだのが『クローザー』とそのスピンオフドラマ『MAJOR CRIMES ~重大犯罪課』ルイ・プロベンザ警部補の吹き替え。
で、そういえば『コールドケース』のジェフリーズも確か宝亀さんだったような…調べるとやっぱりそうだった。
え~~~~~、プロベンザ警部補とジェフリーズ、イメージが違いすぎる。
同じ声のはずなのに頭の中では「同一人物」で繋がらない。
同じベテラン刑事役なのにキャラクターがあまりに違いすぎて同じ宝亀さんの声だと未だ信じられない。

重大犯罪課の主、クローザー&メジャークライムスのルイ・プロベンザ

(↑向かって左から2番目がプロベンザ警部補。tc_mc_familyより)

宝亀さんは『クローザー』とそのスピンオフドラマ『MAJOR CRIMES ~重大犯罪課』のルイ・プロベンザ警部補の吹き替えを担当しています。
『クローザー』を観たのは数年前で記憶が一部あやふやなため文章は『MAJOR CRIMES ~重大犯罪課』のプロベンザ警部補メインで紹介していきます。

いろんなことが面倒なお爺ちゃん刑事のプロベンザ警部補。
ホワイトボードのど真ん中ど真ん前に机を陣取り、プリンターで出力するたびに5セント徴収する重大犯罪課の主みたいなこのお方。
事件がおこれば犯人は配偶者か恋人という持論を持ち、現場に行けば体力勝負の部分は他のメンバーにおまかせ、決して走ったりなんてしませんよ。
これだけ見ると愛すべき点がないじゃん!と思うかもしれませんが、長年の経験で事件解決に貢献するし、チームメンバーからの信頼も厚いんですよね。
あと、頑固で口は悪いが誠実な人柄でレイダー警部の養子ラスティの良き相談相手でもある彼。
また、離婚を何回も経験していても、事件で知り合ったパトリシアと何度目かの結婚をするなかなか恋多きシニアという一面も。

宝亀さんのバリトンは少し棘があるような感じで、プロベンザ警部補の口の悪さと相性がいいの!
あと自分がやりたくないことは他にまかせる圧を感じる話し方も好きだし、年配男性らしい今にも痰が絡みそうな声のトーンはTHE・宝亀さんっていう感じ
(あの~褒めてますからね念のため)

相棒のフリン警部(吹き替えは稲葉 実さん)とのやりとりも面白くて大好き。
最初はプロベンザ警部補とフリン警部補、どちらも新任上司のレイダー警部に対して「面白くない感」丸出しだったのに、フリン警部補なんてレイダー警部と恋人同士になっちゃうし!

プロベンザ警部補が上司のレイダー警部を呼ぶときはファーストネームの「シャロン」。
上司だけど「レイダー警部」じゃない、フリン警部補もシャロンと呼ぶけど。
そういえば、チームの中で「シャロン」と呼ぶのはこの二人だけかも。
それは二人がレイダー警部より年上だからかしら?

宝亀さんが声を演じるプロベンザ警部補、自分の上司なら「いつも面倒なことは押しつけてくるなぁ」と思いつつ、悩み事の相談には「意外に的確なアドバイスをくれたりするんだよね」というアメとムチの使い分けでなんやかんや言いながらついていきそうなタイプ。

そういえば、演じるG.W.ベイリーは1984年公開の『ポリスアカデミー』でハリス教官役だったんですね!
画像を見て思い出しました!うわ~懐かしいーーーー。
当時の吹き替えは内海賢二さんですが、今となっては宝亀さんの声以外想像できない…。

(↑向かって右がハリス教官ことプロベンザ警部補!@eigahiho/映画秘宝より)

『クローザー』『MAJOR CRIMES ~重大犯罪課』他の主な吹き替え声優
ブレンダ/山像かおり(クローザー)
レイダー/小林美奈(MAJOR CRIMES)
フリン/稲葉 実
タオ/小高三良
フリオ/日向とめ吉

頼れるベテラン、コールドケースのウィル・ジェフリーズ

(↑向かって一番右がジェフリーズ。@drama_board/海外ドラマboardより)

宝亀さんは『コールドケース 迷宮事件簿』でフィラデルフィア市警殺人課の刑事ウィル・ジェフリーズの声を担当しています。
主人公リリー・ラッシュとは未解決事件専従捜査班(通称コールドケース)に異動する前から一緒に仕事をしていました。
リリーの吹き替えは田中敦子さん、落ち着いたトーンで美人刑事の声を演じています。

聞き込みなど現場に行く際、一緒に行動することが多い相棒のニック・ヴェラとは見た目も性格も正反対。
ジェフリーズはいつも身だしなみに気を使い、アイロンのかかったシャツにネクタイをきっちり締めるダンディな出で立ち。
かたやヴェラはヨレヨレのスーツにジャケットのボタンは締めないままの少々だらしない印象。

落ち着いたジェフリーズはプロベンザ警部補の口の悪いお爺ちゃんのイメージからかなりかけ離れていて、宝亀さんの吹き替えが二人の共通項のはずなのにどうも結びつかないんです。
そこが声優さんのすごいところなんですね~。

聞き込みでジェフリーズが登場すると、なぜか落ち着くんです。
ガタイのいい黒人の刑事さんというと結構怖そうなイメージなんですが、彼はなんというか佇まいが静かなんです。
一緒にいるヴェラががさつでガザガザハスキー声(吹き替えは石住昭彦さん)なので余計に目立つというか。
そしてジェフリーズはいつも静かに微笑んでいるんです。
でも前述したように宝亀さんの声は「ガラガラバリトン声」、ヴェラの声と似た系統だと思うんですが不思議と「ガラガラ」部分が消えてるんです、あら不思議。
一緒にいる人との対比でこんなにもイメージが変わるもんなんですね

ジェフリーズは奥さんを交通事故で亡くし、その犯人をずっと追っているのですが、とうとうその犯人を探し当てます。
普段の落ち着いたジェフリーズとは違い、我を失った彼は犯人を殺すつもりで近づくのですがどうしてもできなかったのです。
復讐を果たしたい彼と、それができない彼の葛藤が観ていてほんと苦しかった。
思いとどまるのがいかにもジェフリーズらしいけれど、「犯人を殺す」とまで思いつめる奥さんへの想いにはグッと熱くなりました。

復習のため動画配信で『コールドケース 迷宮事件簿』を観ようとしたところ現在(2019.6現在)は字幕版のみ。
ぜひ吹き替え版での配信を希望します。

(↑ジェフリーズを演じたトム・バリーとミラー役のトレイシー・トムズ。@thom_barry/Thom Barryより)

『コールドケース 迷宮事件簿』他の主な吹き替え声優(主要人物の吹き替えは田中敦子さん参照)
ミラー/小林さやか
クリスティーナ/樋口あかり
エリッサ/中村千絵
カイト/てらそままさき

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

グッド・ワイフ&ファイトのジェレマイア・イーストン

『グッド・ワイフ』とそのスピンオフ『グッド・ファイト 華麗なる逆転』両方に出演している牧師ジェレマイア・イーストンの吹き替えをしています。
『グッド・ワイフ』では主人公アリシアの夫ピーターの精神的な指導で支えているイザイア牧師の父ジェレマイアとして登場。
州検事の選挙選で黒人票を取り付けたいピーターと参謀のイーライが支持を表明してほしいとイザイア牧師に言いますが「政治には関わらない」と突っぱねます。
そこで父ジェレマイアが息子に話をしてみようかとイーライ提案、ピーターは無事イザイア牧師の支持を勝ち取るのですが。
結局、教会の上層部たちはなぜ黒人候補者のウェンディを支持しないのかとイザイアに反旗を翻し、ジェレマイアが教会を乗っ取ってしまうのです。
ジェレマイア、策士ですね〜、選挙の支持を武器に息子から権力を奪い自分のものにしたのですから。
『グッド・ファイト 華麗なる逆転』では教会の施設に入所している17歳の少年から「いたずらされた」と訴えられます。
潔白を訴えるジェレマイア牧師、でも証拠となるもの(男性の大事なところ)は絶対見せないと弁護士を困らせます。
でも法律事務所の調査員が隠れた陰謀を暴き、ジェレマイア牧師は事なきを得るのです。
『グッド・ワイフ』の腹黒い部分が『グッド・ファイト 華麗なる逆転』でも出てきたのかと思ったのですが、そうではなくてちょっと安心しました。

チャックのラングストン・グラハム

『CHUCK/チャック』ではCIA長官のラングストン・グラハムを担当。
このCIA長官、主人公チャックと彼の脳内にあるインターセクトを護衛する「バトウスキー計画」の責任者ですが、めったに出てきません。
主に出てくるのはチャックの護衛にあたるケイシーの上官、ダイアン・ベックマン、女性です。
ベックマンがモニター越しにチャックのお守役ケイシーやサラに「ああしろ、こうしろ」と命令を出すのですが常に冷静、そして感情を表に出さないベックマン、ケイシーとのやりとりが面白いです。
あれ?ほぼベックマンの説明になってしまいました。

私はラブ・リーガルのヘンリー・ビンガム

『私はラブ・リーガル』はモデルのデビーが交通事故で亡くなり、主人公の弁護士ジェーンとして生き返って仕事に恋に奮闘するというお話。
宝亀さんはジェーンの父・ヘンリーの吹き替えをしています。
ただジェーンは生まれ変わったので、その前のジェーンの記憶はなく、父ヘンリーも面識がなかったのです。
ぶっ飛んだ母エレインが事件を起こし、その裁判で初めて父ヘンリーと会ったジェーン。
二人は離婚していたのですが、その理由は母の精神的な病気のせい。
今回の事件もその病気のせいと分かり、父ヘンリーが元妻エレインを支えることを約束するというハッピーエンド。
心やさしいお父さんの吹き替えもまた素敵です。

主任警部モースのマックス・デブリン

(↑ベテランのマックス・デブリン。listalより)

オックスフォードを舞台に、モース主任警部と部下のルイスが事件を解決する『主任警部モース』
宝亀さんは監察医のマックス・デブリンを担当。
モースの若き頃を描いた『刑事モース〜オックスフォード事件簿〜』でも若きマックスが登場しますが、宝亀さんはベテランになった方のマックスです。
イギリスで1987年から放送されていた『主任警部モース』。
宝亀さんの声も今より若い感じですが、さほど印象が変わりません。(昔から味のある声だったと確認できます)
キャラリアを積んだマックス(↑)を演じる宝亀さんと、若い頃のマックス(↓)の魚建さんと聴き比べてみるのも面白いかも。
あっ、途中から監察医が勝気な女性に変わったんですよね…残念。

(↑『刑事モース〜オックスフォード事件簿〜』の若いマックス。shaunfrancisevansより)

一部ですが、宝亀克寿さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング