訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

グッドワイフ&グッドファイト・ダイアンの声はこの人!小宮和枝の海外ドラマ吹き替え

まずはクリスティーン・バランスキーくくりで小宮和枝さんを紹介

40代以降の大人の女性の吹き替えが多い小宮和枝さん。
特に私が好きなのは『グッド・ワイフ』のダイアン・ロックハート。
同じダイアン役で『グッド・ワイフ』のスピンオフドラマ『グッド・ファイト』では主役を務めています。

このダイアンを演じているのがクリスティーン・バランスキー。
小宮さんはこの女優さんの吹き替えを多く担当しています。
クリスティーン・バランスキー、背が高くスラっとしてとってもかっこいい女性でシリアスからコメディまで何でもこいの実力派。
今回は小宮さんのたくさんの吹き替えの中からクリスティーン・バランスキーくくりで紹介したいと思います。

法律事務所代表、グッド・ワイフのダイアン・ロックハート

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The Good Wifeさん(@thegoodwife_cbs)がシェアした投稿

(↑ダイアン。thegoodwife_cbs/The Official Instagram for The Good Wifeより)

小宮さんは『グッド・ワイフ』で主役のアリシア・フロリックが勤めるシカゴの法律事務所の経営者ダイアン・ロックハートの声を演じています。
『グッド・ワイフ』面白いですよね~~~。

韓国と日本でも制作されましたが、私は本家アメリカ版が一番好きです。
韓国版と日本版は本家に比べて話が短いのでどうしても物足りなさを感じてしまったんです。
ちなみにダイアン・ロックハート役は韓国版がキム・ソヒョン、日本版が賀来千香子さん。
やっぱりクリスティーン・バランスキー推しの私としては、韓国版と日本版より迫力が数段上のような気がします。
まず背が高くてスタイルがいい。
自分の部屋にヒラリー・クリントンと一緒に撮った写真を飾り指示する政党も明確。
仕事もできて政治にも高い関心を示し独身を謳歌する彼女。
そこに小宮さんの声ですよ、あなた!

小宮さんの声は少し低めで丸みを帯びつつも少しパンチも効いた独特の声です。
ちなみに小宮さんの公式サイトにあるボイスサンプルは高めの声です。
それを聞くと、もしかしたら『グッド・ワイフ』のダイアンの声はキャラクターに合わせて意識的に低くしているのかもしれません。

主役のアリシアは2人の子どもを持つ母の顔も持つ弁護士で、性格もダイアンに比べれば自分を強く主張するわけでもない少々控えめな女性。
なので服装もシックなジャケットに膝丈スカートやパンツスタイル、アクセサリーは小さなダイアモンドの一粒ネックレスなどのシンプル好み。
かたやダイアンは50代、お金もキャリアもある成功した女性、いつもハイブランド(詳しくは不明ですが明らかに高そう)のスーツにハイヒール、アクセサリーは大ぶりですごく目立つけど品が良くてセンスがいいものばかり
たまにオフの時の服装も見られるのですが、細くて長い足にぴったりしたパンツとバレエシューズなど意外とカジュアルな服装もまた似合ってて。
いつも「今日は何着てるのかしら?」とそこも楽しみでした。
だって自分が着ても絶対似合わない服ばっかりでしたから。

最初は共同経営者のウィルのツテで入社したアリシアに不安を抱いていたダイアン。
でもアリシアの優れた仕事ぶりを見てだんだん彼女を応援するようになるのですが、ところどころ経営者としての冷静な目(事務所の足を引っ張るならアリシアを切ると明言したり、彼女の知名度を利用したりなど)が、仕事で成功してきた彼女の生き方を物語っているような気がします。

小宮さんの吹き替えで印象的なのが笑い声。
『グッド・ワイフ』のシーズン1の11話で、裁判で争ったTVキャスターがダイアンのことを「隠れレズビアン」と放送で暴露するのですが(実際は違う)、それを一人で見ていたダイアン、「グフフフフ…」と笑いを噛み殺した後「ハッハッハッハッハッハッ」と大笑い
普段のクールなダイアンから一転「何馬鹿なこと言ってんの」というそんなことでは動じない強くて豪快な彼女を表したこの大笑いが、素のダイアンが垣間見えたようで大好きなシーンです。

事務所や法廷のシーンでは経営者やベテラン弁護士として常に冷静な口調の彼女。
小宮さんの声はそういう場面ではすごく説得力を感じます、柔らかい声のはずなのに迫力も感じる不思議な魅力を持った声です。
オンがこの落ち着いたトーンならオフの声はさっきの豪快な笑い声ではないでしょうか。
法廷ドラマであり人間ドラマでもある『グッド・ワイフ』はオンの声が多いのですが、次に紹介するコミカルなキャラクターの時も同じようなオンの声。
なぜコミカルな役でも冷静な声なのか、それは吹き替えを演じたのがなかなか強烈なキャラクターだからなんです。

ちなみにダイアンをメインで楽しみたい方は『グッド・ファイト』がおすすめです。
新たなステージでバリバリ働くダイアン、プライベートでもいろいろあって相変わらずハードな生き様。
もちろん超超かっこいいです!

(↑thegoodfightcbsより)

『グッド・ワイフ』他の主な吹き替え声優(伊倉一恵さん、坂詰貴之さん、野沢由香里さんも参照)
アリシア/野沢由香里
ピーター/中田譲治
ウィル/田中明生
ケイリー/茶花健太
カリンダ/米倉紀之子

手当たり次第に分析しまくるレナードの母ビバリー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The Big Bang Theoryさん(@bigbangtheory_cbs)がシェアした投稿

(↑レナードと母ビバリー。bigbangtheory_cbs/The Official The Big Bang Theory Instagram Accountより)

『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』では主人公レナードの母ビバリー・ホフスタッターの声を担当しています。
演じているのは『グッドワイフ』のダイアンと同じクリスティーン・バランスキー。
やっぱり私、小宮和枝さんはもちろん、クリスティーン・バランスキーかなり好きかも。
『ゴースト 〜天国からのささやき』の主人公メリンダの夫ジムの母親役でも登場。(吹き替えは小宮さんではありませんでした)
背が高くて独特の雰囲気があって出てくるだけですごい存在感なんですよね。
こんな人が姑さんだったら、まず見た目で「怖そう…」「手強いぞ」とか思ってかなりビビッてしまいそう。

こんな予想通りに『グッドワイフ』のダイアンも『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のビバリーも超手強い相手!
クリスティーン・バランスキーの見た目や雰囲気でこういう役をキャスティングするんでしょうかねぇ?
どっちも「クリスティーン・バランスキー」以外の女優さんが思い浮かばないほどハマリ役だと思いますが。

まず『ビッグバン★セオリー(以降省略)』の主人公はオタク男子。
アメリカにもこの手の男子はいるんですね、万国共通ってのがなんか嬉しいわ。
小宮さんが吹き替えるビバリーは、この主人公オタク男子の一人レナードの母親。
このオタクチームは4人編成なんですが、私思うにレナードが4人の中で一番まとも!
この4人の中でなら唯一付き合えそうな男レナードのお母さんなんで割とまともかと思ってました…。

でもね強烈!ど強烈で頭が良すぎて一般常識にとらわれない姿が超面白いの
ビバリーは神経科学者で精神科医でもあるのですが、とにかく分析しまくる女性。
レナードを訪ねてやってきたマンションの「エレベーター故障中」みたいな貼り紙を分析し、たまたまそこで会ったレナードの元カノ兼お向かいさんのペニーをマンションの4階に上がっていくまでにカウンセリングし、彼女の心の内をぶちまけさせ号泣させる超やり手のカウンセラー。
いやカウンセラーじゃないな、ペニーのトラウマの解決には興味がない学問的に興味を持って分析する神経科学者の顔。
息子のレナードは物理学者で相当IQも高く一人前の大人のはずなのに、この母を前にするとまだまだ半人前の子ども。
レナードが入れてくれた烏龍茶に対して細かいチェック項目を順にあげ、結局入れ直させるという一般的な母親のイメージとはかけ離れた人なんですねぇ。

このビバリーの吹き替えの小宮さんの声は、基本『グッド・ワイフ』のダイアンと似たような「頭のいい切れ者女」の落ち着いたトーン
でもビバリーはそれをもっとロボット的進化をとげたような感じ
分析しまくる彼女の声は抑揚があまりありません。
小宮さんの冷静かつ少々威圧的な声で自分の子どもレナードはもちろん、オタク仲間の母親と暮らすハワードと女性と会話ができないラージも分析しまくり。(二人をメッタ斬りで観てて楽しい!)
楽しいはずのランチがなんとも気まずい雰囲気になってもビバリーはおかまいなし。
そんな微妙な空気には動じないし、予定していたハワードの研究室を時間通りに見にいくことが最優先、さすがだわ。

とにかくなんでも理詰め理詰め理詰め。
小宮さんの機械的に推し進める吹き替えの素敵なこと!
法律事務所の代表『グッド・ワイフ』のダイアンがなんだかかわいく思えてくるほど。

でもかなり意外な顔を見せるときがハワードのルームメイトのシェルドンといるとき。
目に見えない絆で結ばれているような、ソウルメイトのような、ツーといえばカーみたいな(まずツーカーが通じない…)お互いに「一緒にいると落ち着く」この二人。

「息子のルームメイトとこんなことしていいのかしら?」
はて、何やら怪しげな雰囲気、母と息子の友だち…何をするのかと思ったら…。

ふたりでジャーニーの『Any Way You Want It』(邦題:お気に召すまま)をカラオケで熱唱!しかも振りつきよ!!
選曲がいい!
1980年発表の『お気に召すまま』ですよ、ジャーニー全盛期のアップテンポな一曲。
察するに選曲はビバリーだな。
彼女が20代の頃に流行ってた『Any Way You Want It』をお気にのシェルドンとデュエット!!
ちなみに小宮さん、歌ってますよ、貴重ですよ。
小宮さんが歌うジャーニー!
いや〜『ビッグバン★セオリー』観ててよかった。

ちなみに『ビッグバン★セオリー』は『フレンズ』の流れをくむシットコム(公式ではなく私分析です、悪しからず)。
『フレンズ』以来、久しくこの手のドラマは観てませんでした。
だから新鮮かつ懐かしくて。
ハワードとシェルドンが暮らす部屋がドラマのメインの場所で、向かいに部屋があってその住人(ペニー)とも仲が良くて自由に行き来してて、友だちや家族や恋人が入れ替わり立ちかわり訪れ、何かしら事件や面白いことが起こるというまさに『フレンズ』な設定。
観客の笑い声やため息が聞こえてくるTHE アメリカのお茶の間ドラマ。
最初は『ビッグバン★セオリー』の面白さがイマイチわからなかったのですが、個性的なキャラクターにユニークなゲストたち、次は誰が何をしでかすのかが楽しみになってくんですよ。

ちなみに私がオタクチーム4人の中で一番の強者だと思うシェルドンの母親の吹き替えは宮寺智子さん!
あのハスキーボイスで子守唄も歌うの、必聴よ。
双子の妹の吹き替えは本田貴子さん!(GOTのサーセイ・ラニスターでおなじみ)
何この豪華な家族、親戚になりたいわぁ〜声だけ聞きに遊びに行きたいわぁ〜
わかる人にだけ伝わればいい…伝われ〜〜。

『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』他の主な吹き替え声優
レナード/千々和竜策
シェルドン/安達貴英
ペニー/新谷良子
ハワード/小森創介
ラージ/興津和幸

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

刑事ジョン・ルーサーのバーバ

『刑事ジョン・ルーサー』ではマフィアの女ボス、バーバの吹き替えで登場します。
このバーバ、主人公ルーサーがAVの撮影現場から連れ出したジェニーを返せとやってくるボス。
しかもジェニーをただ取り返すだけではなく、ルーサーにとって不利な証拠をおさえて、証人保護されているある男の証言を変えさせろと無理をふっかけてくる面倒なお方。
結局ルーサーは無事証言を変えさせるのですが、また新たな火種の予感が…。
ドスの効いた小宮さんの声をお楽しみください。

マクガイバーのマティ・ウェバー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Macgyverさん(@macgyvercbs)がシェアした投稿

(↑マティ・ウェバー。macgyvercbsより)

『MACGYVER/マクガイバー』は主人公アンガス・マクガイバーが銃にたよらず科学の知識と機転をきかせた発想でピンチを切り抜け任務を遂行するアクションドラマ。
小宮さんはそのマクガイバーの上司マティの吹き替えをしています。
秘密組織のエージェントをまとめる女性上司らしく、部下のマクガイバーやジャックなど一筋縄ではいかない猛者たちをうまくコントロールしています。
この吹き替えの特徴は、小宮さんの声が高い
『グッド・ワイフ』『ビッグバン★セオリー』『刑事ジョン・ルーサー』どの吹き替えよりも高いのです、なので最初聞いたとき「これ小宮さん?」と一瞬考えました。
どっしり構えた上司というより、男どものケツを叩いて発破をかける姉御タイプですね。

HAWAII FIVE-0のドリス・マクギャレット

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Hawaii Five-0さん(@hawaiifive0cbs)がシェアした投稿

(↑ドリス&スティーヴのマクギャレット親子。hawaiifive0cbsより)

『HAWAII FIVE-0』はハワイを舞台にしたアクションドラマ。
ドリス・マクギャレットは主人公スティーヴ・マクギャレットの母。
死んだと思われていた母ドリスは実は生きていて元CIAの工作員。(どんな母よ)
息子スティーヴと一緒に暮らし始めるもそこは元CIAの工作員、何やら息子に隠れて作戦を遂行するなどなかなか手強いお母さんなのです。

ローマのアティア

『ROME[ローマ]』、制作はアメリカのHBOとイギリスのBBC、なるほど納得。
スケールの大きさと刺激的なシーンは同じくHBO制作の『ゲーム・オブ・スローンズ』に通じるところがありますね。
小宮さんが吹き替えるアティアはカエサルの姪でカエサルの右腕アントニウスの愛人。
野心家で娘のオクタヴィアを政治のために離婚させてまでポンペイウス(軍人&政治家)に嫁がせようとする毒親ぶり。
ちなみに叔父のカエサルの愛人セルウィリアとは超犬猿の仲です。

デスパレートな妻たちのマーサ・フーバー

『デスパレートな妻たち』では主人公たちが住むウィステリア通りに住むマーサ・フーバーの吹き替えを。
このマーサ、詮索好きのおばさん。
こういうおばさまがいるとドラマが盛り上がりますよね〜、実生活では関わりたくないけど。
イーディ宅が火事になったときは彼女を泊めてあげたりいいところもあり。
このイーディ宅の火事の原因は主人公の一人スーザンのせい。
その証拠を見つけてしまうのも詮索好きのマーサおばさん、だからドラマが面白くなるんですがね。

一部ですが、小宮和枝さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
だいたいひとクセある女性が多い!でもそこが小宮さんらしくて好きなところ。
気になるキャラは随時追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング