訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

武田 華のドラマ吹替|モーツァルトインザジャングル・シンシア&My Dangerous Wife・デリン他

妖艶なチェリストから少年まで演じる武田 華さん

武田 華さんの名前を覚えたのはかなり最近です。
どんな役を吹き替えていたのかな?と調べてみたら…。
あるときは妖艶なチェリストや暴走する美人妻、そしてなんと少年まで違和感なくこなす正体不明さ!
ぜひいろいろなキャラクターを聴き比べてほしい声優さんです。

美人チェリスト、モーツァルト・イン・ザ・ジャングルのシンシア

(↑シンシア。mitjamazonより)

ニューヨーク交響楽団を舞台に、楽団のオーボエ奏者をめざす女性ヘイリーと、新たに楽団の指揮者に就任したロドリゴを中心とした人間ドラマ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』
武田 華さんは、そのニューヨーク交響楽団のチェリスト・シンシアを担当。

シンシアはチェリストとしての実力と、女性としての妖艶な魅力も兼ね備えた才女。
クラシックの演奏家というと「真面目でちゃんとした人」というイメージかもしれませんが、シンシアをはじめ、ここの楽団員はひと癖もふた癖もあるツワモノ揃い。
シンシアもそんな一人で、前任指揮者で音楽監督のトーマスとは不倫関係に。
左手首の腱鞘炎で痛み止めを服用しているも、違法な手段で薬を手に入れるなど依存症一歩手前という危ない状況。
ちなみにその違法な薬の入手先は、いろんなドラッグを取り揃える同じ楽団員!

シンシアの過去の経験の話からすると、男性関係はかなり奔放というか自由な感じで、でも不思議と同性から嫌悪感を抱かれないタイプ。
それはチェリストとしての実力と、美貌とコミュニケーション能力の高さのせいかも。
主人公の若手オーボエ奏者ヘイリーにチャンスを与えたり、少々気難しい同僚のベテランオーボエ奏者ベティと上手に付きあったり、自由すぎる天才肌の新任指揮者ロドリゴを自然に受け入れたり、お酒とドラッグでハイになって同僚のピッコロ奏者と一夜の関係を持ったり。(これはコミュニケーション能力関係ないか)
力まず自然体で自由で美しく自立した女性、それがシンシア。
チェロを弾く姿がまた美しい!

とても魅力的な女性です。
年齢設定は30代後半〜くらいでしょうか、武田さんの吹き替えはなんとも妖艶です。
甘い声なのに湿度が低めで男性はもちろん女性受けする声。
私は男ならクラクラする声のタイプでしょう。

ドラマ全編を通してクラシックが流れているのですが、武田さんの声といい、なんとも聞き心地のいいドラマです。
クラシックは聞く専門で知識も浅いのですが、詳しい人には楽団の構成や内情、選曲、指揮者の解釈などチェックするポイントが多岐にわたっていてとても面白いドラマです。

(↑シンシアとオーボエのトップ奏者のベティ。mitjamazonより)

『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』他の主な吹き替え声優
ヘイリー/小島幸子
ロドリゴ/奥田隆仁
トーマス/秋元羊介
グロリア/水落幸子

暴走する完璧妻、My Dangerous Wifeのデリン・ボズテペ

(↑デリン・ボズテペ。tehlikelikarimdizisitvより)

以前の投稿「管理人の海外ドラマ事情5【My Dangerous Wife 僕のヤバイ妻 トルコ版視聴中他】」でも紹介した『My Dangerous Wife ―僕のヤバイ妻』
このドラマは日本の伊藤英明&木村佳乃の『僕のヤバイ妻』をトルコでリメイクしたものです。

武田さんは主人公のデリン・ボズテペを担当。
デリンの夫アルペルはカフェを経営、協同経営者のセダと不倫関係に。
完璧すぎる妻デリンとの生活が息苦しくなったアルペルは愛人セダにそそのかされ妻を殺すことに。
毒入りのドリンクを飲ませようと帰宅すると、妻のデリンは誰かに誘拐されていたがそれは彼女が仕組んだ偽の誘拐。
誘拐事件を怪しむ警察と、懲りずに愛人とまた何かを企む夫アルペルを翻弄し暴走するデリン…というストーリー。

武田さんが吹き替えるデリン、よくできた奥さんなんです。
アルペルが起きるとその日着るものが順番に並べられ、苦手な食材が食べやすく工夫された見た目も美しい完璧な朝食が用意されている。
莫大な遺産を相続した妻は、豪邸を所有し夫のカフェの開店資金を用意、もちろん乗るのは高級車。
なんか文句あります?この妻に?
でも完璧すぎる妻に息が詰まるのも事実、で愛人作っちゃうという単純な男アルペル。

完璧妻デリン、美人でスタイルもよくてお上品で、吹き替えの武田さんの吹き替えがいいの!
夫アルペルのことが大好きなデリン。(いやほんとのところこれも???なのかも)
アルペルに執着しすぎてデリンが暴走するのですが、彼女の暴走が始まりだすと「アルペル!!」と叫ぶシーンが頻繁に出てきます。
個人的にこの「アルペル!!」がツボでして。
夫を心配しつつ(?)手厳しいお灸をすえたり、家族も巻き込んでとことん夫を追い詰めるデリンの狂気が「アルペル!!」に集約されてます。
愛ゆえにアルペルを追い詰めるのか、もしかしたら愛しているふりをしつつ一生かけてアルペルを弄んでいるのか、私はデリンの本当の真意がわかりませんでした。

このデリンの吹き替えでちゃんと武田さんの声を覚えました。(かなり最近…)
モーツァルト・イン・ザ・ジャングルの美人チェリスト・シンシアやこの完璧妻デリンのような妖艶でミステリアスな女性の声のイメージを持っていたら、見事裏切られたんです。
続きは下記の「他にもこんなキャラクター吹き替えてます」の一人目で。

(↑デリン&アルペル。tehlikelikarimdizisitvより)

『My Dangerous Wife ―僕のヤバイ妻』他の主な吹き替え声優
アルペル/浪川大輔
セダ/実川貴美子
フラット/三上 哲
ヤマン/堀内賢雄

他にもこんなキャラクター吹き替えてます

私が今まで観たドラマ限定です。

ホームランドのクリス・ブロディ

(↑向かって右から2番目がクリス。)

CIAの作戦担当官キャリー・マティソンが、軌道を少々逸した彼女なりのやり方でテロを阻止すべく奮闘するドラマ『HOMELAND/ホームランド』
武田さんはシーズン1から3まで登場するアルカイダに寝返ったとされるアメリカ人捕虜ニコラス・ブロディの息子クリス・ブロディを担当。
クリスは設定年齢10〜12歳くらいでしょうか、そう男子小学生なんです。
8年ぶりにアメリカに帰国した父ニコラスにはにかんで「初めまして」と挨拶するクリス。

武田さんの所属事務所のプロフィールにもちゃんと「ホームランドのクリス」と表記されてます。
ちゃんと観てるはずなんですが武田さんの声に記憶になし。
で、確認してみました、クリスの声を。
やっぱり武田さんの声と納得できず…だって全然違うんだもん!!
同じ女性が吹き替えしてるなんて嘘!とほんと思いました。
確かめたい方はこちらで↓(今ならアマゾンプライムビデオでシーズン1の第1話が無料で視聴できます。2020.05.10現在)

24 -TWENTY FOUR-シーズン7のサマンサ・ロス

(↑サマンサ・ロス。24spoilersより)

ジャック・バイアーがテロを阻止するため奮闘する24時間を描いた『24 -TWENTY FOUR-』
武田さんはシーズン7に登場するサマンサ・ロスを担当。
サマンサは、女性大統領テイラーの息子ロジャーの恋人。
しかしロジャーは自殺、その死に納得いかない彼の父ヘンリーは独自に真相を調べ始めます。
そこで話を聞こうと呼び出したのがサマンサ。
真相を知る彼女もヘンリーとともに罠にはめられ命を狙われることに。

クリミナル・マインドのミス45口径ことキャット

(↑キャット。)

プロファイリングで犯人を追い詰める『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』
武田さんはシーズン11第11話「エントロピー」で登場するミス45口径ことキャットを担当。
冒頭、リードがレストランのテーブルに一輪のバラを置き、誰かと待ち合わせている様子。
「リードが久しぶりにデート?」と浮き足だったら違ってた、殺し屋と待ち合わせだった!

キャットはガルシアの命を狙う殺し屋ネットワークの一人。
プロファイリングでキャットを分析し、彼女に殺しを依頼する夫になりすましたリード。
席に着いたキャットは早速リードを質問攻めに。
そして正体がばれたリードとキャットの心理戦に突入。
てっきりミス45口径と呼ばれるキャットが銃でなにか起こすのかと思ったら…。

登場人物はほぼリードとキャットとBAUのメンバーという、いつもとはちょっと違った設定とストーリー。
二人の緊張感がピリピリ伝わる駆け引きは見ものです。
そして、命を狙われ自宅に帰ることができないダーディ・ダズンことガルシアはどうなったのか…ぜひ観てほしい見応えあるエピソードです。

一部ですが、武田 華さんが声を演じたキャラクターを紹介しました。
まだまだ紹介したいキャラはあるのですが、少しずつ追加していく予定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング