訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

吹替小ネタの部屋|男性声優さんの巻その1【2019.8】

単発&短め&重箱の隅的出演の吹き替えを集めてみました

小ネタの部屋の男性声優編です。
その吹き替え気になる?ちゃんとドラマのストーリー理解してる?
とツッコミをいただきそうな吹き替え、集めてみました。
(2019.7までに当ブログで紹介した声優さん限定です)

このネタを思いついたきっかけ、咲野俊介さんの吹き替え集!

(↑咲野俊介さんと津田美波さん。@398Syun/咲野俊介より)

咲野俊介さん、ほんといろんなドラマ、映画、ゲームの吹き替えでお耳にかかれます。
このブログでは『太王四神記』のヨン・ホゲ(ちょっとマニアックかも)&『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』のモーガン『CSI:科学捜査班』のホッジスを紹介しました。
もっと海外ドラマに詳しい方なら、「咲野さん吹き替えのあのキャラ忘れてない?」っていうのいっぱいあると思います。

で、なぜ小ネタ吹き替えを紹介したかったかというとですね。
このブログを始める少し前から『CSI:科学捜査班』を観てて「あれ、今の声咲野俊介さん??」と思うことがありまして。

もちろんホッジスの吹き替えじゃなくて。
ホッジスの咲野さんの吹き替えって独特なんですよね、他のハンサムキャラではお耳にかかれないタイプの吹き替えで。
なので『CSI:科学捜査班』でホッジス以外の普通(?)の咲野さんの声が聞こえてくるとすぐわかる!

CSI:科学捜査班|ホッジス以外の咲野俊介さん

シーズン10・1話「ラスベガスリターン」
わざと事故を起こして女優を事故死させた相手車両の運転手(実はストーカー)、彼は病院に運ばれるのですがそこで手当てをする医師の吹き替え。

シーズン10・8話「憎しみのラバーズレーン」
冒頭のボーリングの試合の解説の吹き替え。

あと別の回のとき、ヘリの運転手が咲野さんじゃないかと思ったのですが、無線越しの声だったのでいまひとつ咲野さんの声と確信できないものもありました。
シーズン1から見直したらもっともっといっぱい見つかると思います。

メンタリスト|ルイス中尉の咲野俊介さん

『メンタリスト』シーズン5・17話
陸軍の女性伍長ルーシーが喉を切られて殺されていた現場に「軍で捜査する」と乗り込んできたルイス中尉の吹き替えが咲野さん。
おっ、ルイス中尉が犯人か?など冒頭で思ってしまいました。
だって吹き替えが咲野さんですもの、吹き替え派ならピンとくるキャスティング。
でもルイス中尉は犯人ではありませんでした、詳しくはドラマでご確認ください。
ちなみにこのルイス中尉、ある女性伍長にセクハラをはたらいてたんですね。
吹き替えが咲野さんというだけなのになぜかセクハラにショックを受ける私。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The Mentalistさん(@mentalist_cbs)がシェアした投稿

(↑主人公のジェーンとお守役のリズボン。mentalist_cbs/The Official Instagram Account for The Mentalistより)

THIS IS US&CSI|判事ほか、宝亀克寿さん

『THIS IS US 36歳、これから』のシーズン2・7話
ジャック&レベッカ夫妻がランダルの養子縁組の手続きで裁判所に行くのですが、そのときの担当判事の吹き替えが宝亀克寿さん。
このブラッドリー判事(演じているのは『グッドファイト』のダイアンが働く法律事務所の代表ボーズマンを演じるデルロイ・リンドー)。
なかなかの偏見の持ち主でして、白人夫婦では黒人の子ども(ランダル)を育てられないだろうと養子縁組申請を却下するんですね。
宝亀さんの吹き替えは重厚で少々威圧的な判事らしさがでていたと思います。
でもこの判事、ジャック&レベッカ夫妻の思いを汲み取ってあることをするんです。
詳しくはドラマでどうぞ。

あと『CSI:科学捜査班』シーズン14・10話「恐怖の女子会」では、CSI女子チームのフィンレイ、サラ、モーガンの女子旅先で出会う保安官の吹き替えを宝亀さんが担当。
いかにも田舎の保安官という感じで、フィンレイが犯罪に巻き込まれても彼女の供述を信じなかったり、容疑がかかる彼の部下をかばったりなど閉鎖的でイヤ〜な保安官の声を演じています。
こういうクセのあるおじさんやらせたら宝亀さん上手いですよね〜。
観てるこちらをイライラさせる天才。
結局、彼の部下が真犯人の一人だったのですが。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@csi.cbsがシェアした投稿

(↑CSI女子チームフィンレイ、サラ、モーガン。csi.cbs/The official CSI Instagram accountより)

 

ビッグバン★セオリー|物理学者の桐本拓哉さん

いい声ですよね〜、男前キャラが多いですよね〜。
というわけでコメディ系ドラマでもイケメンキャラで吹き替えをしていますよ。
『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』シーズン2・11話で登場です。
このドラマ、理系オタク男子4人組とお隣さんの非オタク女子ペニーとのドダバタな日常を描くラブ・コメディ。
最初、なかなか面白さがわからなかったんですが、観続けるうちにジワジワとドラマの魅力が伝わってきました。
桐本拓哉さん、モテと縁遠い理系オタク男子とは正反対キャラ、マッカーサー奨励金を交付された大注目の物理学者デヴィッド・アンダーヒルの声で登場!
背が高くてハンサムで声が桐本さんよっ、イイ男に決まってるじゃないの!
どういうわけか理系オタク男子4人組の一人レナードに「研究で組みたい」と持ちかけるとレナードも舞い上がるくらいの時の人(らしい)。
で、デヴィッドはレナードのお隣さんの面食いペニーとも出会ってしまい見事に2人はフォーリンラブ。
でもデヴィッドは既婚者で、ペニーにそれがバレてダメになるというなんとも情けない男。
そうだよね、イケメンで頭が良くて独身なんてなかなかいないよね〜。
デヴィッドが既婚者でペニーに捨てられてどこかスッキリしました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

The Big Bang Theoryさん(@bigbangtheory_cbs)がシェアした投稿

(↑オタク男子4人組&ペニー。bigbangtheory_cbs/The Official The Big Bang Theory Instagram Accountより)

 

メンタリスト|護送車の運転手、水野龍司さん

ランダル父ウィリアムでお馴染み(?)水野龍司さんでございます。
『メンタリスト』シーズン5・6話「赤ワインとピザ」で刑務所の護送車の運転手の吹き替えを担当しています。
この運転手、主人公ジェーンが追い続ける連続殺人犯「レッドジョン」の手先ローレライを護送中に逃したんですね。
なぜレッドジョンに手を貸したかというと、彼は女性囚人に手を出すとんでもないヤツでそれをネタに脅迫されていたと白状。
妻にも逃げられ孤独な男、捨て鉢で重い人生を背負ってるどんよりした声は水野さんならではって感じでした

そういえばこの前地上波で放送されていた映画『ナイトミュージアム』の一作目を観ておりましたところ水野さんの声が!
ミニチュアのコロッセオのジオラマ在住のオクタヴィウスの吹き替えでした。
10年以上前に観たのは字幕版だったので水野オクタヴィウスさんは初。
アメリカの冒険家ジェドといつもキャンキャンいいながらもめておりました。
ミニチュアだからローマ帝国の重厚さがないオクタヴィウスのかわいいこと!
こういう水野さんの吹き替えもいいわ。

(↑ジェド&オクタヴィウス。@金曜ロードSHOW!公式より)

まだまだネタはあるんですがまた次の機会にしますね。
吹き替え派ならではのドラマの楽しみ方、少しはわかっていただけたなら嬉しいです。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング