訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

今後紹介したい海外ドラマ吹き替えの声優さんたち

最近海外ドラマの吹き替え声優さんの紹介が思うようにいっておりません。
その理由は、取り上げるには観たドラマの数が少々足りない、主役級キャラの数が少ない、メジャーなドラマの主役級があっても観ていない、などなど。
実際観たドラマで感じたことを書いているので、こういう問題が起こっております。
今回は、いつか紹介したいけど諸々事情があって取り上げられない声優さんをズラッとご紹介。
近いうちにアップできたらいいな…。
※紹介はあいうえお順です。

柔らかいバリトン声|磯部勉

吹き替えた作品は数知れず、ベテランの磯部勉さん。
直近で観たドラマで印象的なのはドラマ版『リーサル・ウェポン』の主人公リッグスの相棒マータフ。
他には『シカゴ・メッド』のチャールズ先生、途中放棄したままの『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』の主人公ロドリーゴ・ボルジア。
けっこう観てるんですけど、ちょい役とかの軽めの紹介の本数が足りず、もっかスタンバイ中。
NHKやBSプレミアムなどの地上波放送のドラマでもちょいちょいお耳にかかる磯部さん。
あとちょっとで紹介できるんだけどなぁ。

(↑リーサル・ウェポンのマータフ(左)とリッグズ。lethalweaponfoxより)

ハキハキ声が印象的|うえだ星子

うえだ星子さんを知ったきっかけとなったドラマ『ダウントン・アビー』
彼女は主人公一家のクローリー家の三女シビルを担当。
この時の「自分の価値観を大切にする勇気と優しさを持った若い女性」がそのまんまうえださんの印象に。
でも直近で観た『女王ピョンガン月が浮かぶ川』では夫や先妻の娘の王女を陥れようとする悪役王妃を担当。
「あら、人妻役なんて大人になって」と親戚のおばちゃん気分で吹き替えを聞いちゃった。
他にも『サバヨミ大作戦!』のケルシーとか元気で積極的な女性役が多いような。
磯部さん同様、数がちょいと足りないのでこちらもスタンバイ中。
そろそろ「こんな役もやるの?」という意外性のあるキャラに会いたいわぁ。

(↑シビルらしいドレスが印象的。downtonabbey_officialより)

文句なしにいい声|大塚明夫

大好き、大塚明夫さんの声。
なのに紹介できないのは圧倒的に観たドラマの本数が少ないから。
映画やアニメやゲームなど吹き替え作品はすごく多いのに、なぜかドラマであまり出会わない。
それは大塚さんが出演している海外ドラマと私の好みが合わないらしい、致命的。
直近で印象的なのはニコール・キッドマンとヒュー・グラントが共演した『フレイザー家の秘密』で殺人事件を調べる刑事ジョー・メンドーザ。
吹き替えが大塚さんなので期待して観てたら、思ったよりも出番が少ない!もったいない!
というわけで大塚さんを紹介するのはいつになることやら…。

(↑ジョー・メンドーザ。undoinghboより)

ただいまイチ押し!|鷄冠井美智子

かいでんみちこさん、読めませんでした。
彼女の名前を覚えるきっかけになったドラマは『グッド・ワイフ』のスピンオフ『グッド・ファイト』
主人公のダイアンと一緒に働く新米弁護士のマイア・リンデルを担当。
親の詐欺事件のとばっちりを受け、法律事務所をクビになるもののダイアンに助けられ少しずつ成長していくマイア。
不器用なりに一生懸命頑張る彼女のいつも何かに追い立てられるような、必死な吹き替えが印象的で名前を覚えました。
他には『キリング/26日間』で殺された女子高生の叔母テリーや『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』のリーナなど。
現在鷄冠井さんがシーズン3で登場する『The Sinner -隠された理由-』を観始めたのですがシーズン1の主人公コーラが重くて重くて次に進めない…。
たどり着ける日は来るのかどうか…。
彼女も観た作品が足りずスタンバイ中です。

(↑グッド・ファイトのマイア。the_good_fightより)

ガサガサダンディ声|金尾哲夫

特徴的な声の持ち主金尾哲夫さん。
ひと言話すだけで耳がそっちに行ってしまいます。
印象深いのは『グッド・ワイフ』『グッド・ファイト』での弾道解析の専門家カート・マクベイ。
『グッド・ワイフ』よりも『グッド・ファイト』の方が役の重要度は高いです。
あとは『ゲーム・オブ・スローンズ』のラニスター家当主のタイウィンなど。
金尾さんの吹き替えで気がついたことは、主役級はもちろん「えっ、そんだけ?」というようなほんとにちょい役も多いこと。
『ビッグバンセオリー』で製薬企業の営業に転職したペニーに恋する気持ち悪い医者とか、『ミスター・メルセデス』ではサイコパスの向かいに住む男、ドラマ版『リーサル・ウェポン』では強盗殺人課のOBで大学の警備責任者などなど、そんな贅沢な使い方していいの?と疑問を投げかけること多数。
まぁ好きな声なんでいいんですけどね。
あと、声に存在感ありすぎて「実は犯人?」とか「重要な人物では?」とついつい勘繰ってしまうのは吹き替え派の悪いクセ。

(↑グッド・ファイトとカートと妻のダイアン。the_good_fightより)

しっかり者のイメージ強し|小林沙苗

私的に小林沙苗さんの声は優等生声。
極悪人の吹き替えにまだ会ったことがありません。
『スコーピオン』のシングルマザーのペイジや『ワンス・アポン・ア・タイム』の白雪姫、『マッドメン』のペギーなどしっかり者の印象が。
そこがちょっともの足りないといえばもの足りないポイント。
紹介するのはだいぶ先になりそうな予感。

(↑スコーピオンのペイジと主人公のウォルター。scorpioncbsより)

たおやか美人声|小林さやか

柔らかくて声に独特の波があるような小林さやかさん。
彼女の吹き替えで大好きなのが韓国ドラマ『トンイ』の薄幸感漂うイニョン王妃。
演じるパク・ハソンの涼しげ美人顔にピッタリで大好きに。
そういえば彼女が『コールドケース』のシングルマザー刑事ミラーだったとはまったく気づかず。
散々『コールドケース』観てたのに。
そして『HOMELAND』の主人公キャリーは病気療養中の岡寛恵さんに代わってシーズン7から登場。
あと、小林さやかさん目当てで観始めた日本のドラマ『准教授・高槻彰良の推察』。
しかし内容がイマイチで途中リタイア。
小林さんごめん。
もっと作品がたまったら紹介しますね。

(↑トンイのイニョン王妃。hitoco3より)

岡寛恵さんから小林さやかさんへ交代したように他にもこんな吹き替え交代劇が↓

関連記事

ある日、吹き替え担当が交代するのはなぜ?「あれ?吹き替えかわった、なんで?」と思うこと、ありませんか。交代に気づくこともあれば、しばらくして何かの拍子で「いつのまにか吹き替えが変わってる!」と気づくことも。病気療養や死去にともなうこ[…]

独特のしゃがれ声|佐藤せつじ

金尾哲夫さん同様、聞こえると気になって仕方がない佐藤せつじさんのしゃがれ声。
『TRUE DETECTIV』シーズン3のローランド・ウェストや『プリーチャー』の吸血鬼キャシディ、『iゾンビ』の吸血鬼になってしまった主人公リヴの力を借りて捜査するバビノー刑事などアク強めのキャラが多い印象が。
たぶん今までいろんなドラマで聞いてるはずなのに、気になりだしたのが最近のため昔のドラマの記憶が残っていないという致命傷が。
もっと観てから紹介します。

(↑TRUE DETECTIVのウェスト(手前)。truedetectiveより)

ベテランの安定感|塩田朋子

よく聞く声、塩田朋子さん。
出演してる作品もものすごく多いのですが、なぜ紹介しないかというと主人公クラスのものに出会ってないため。
今まで観たものといえば『クリミナル・マインド』のFBI捜査官ルイス、『チャック』の主人公チャックの母、『エレメンタリー』シーズン7で登場するロンドン警視庁のジョーンズなど。
コレ!というメイン作品に出会えれば紹介できる日が来るかも。

(↑クリミナル・マインドのルイス。crimmindscbsより)

変幻自在で正体不明|志村知幸

二枚目も普通のおじさんもギャングも警官もなんでもござれの志村知幸さん。
ドラマ版『ファーゴ』ではシーズン2ではカンザスシティのギャング マイク・ミリガン、シーズン4では脱獄囚を追う保安官とまったく違うキャラで出演。
あと『グッド・ワイフ』『グッド・ファイト』では自由で一般的な判事のイメージとはかけ離れたアバナシー判事を担当。
以前は咲野俊介さんとよく間違えてました。(詳しくは「つい間違えてしまう男性吹替!咲野俊介・志村知幸&小川真司・菅生隆之 他」で) 
こちらも塩田さん同様、主人公クラスのものに出会ってないためデータ蓄積中です。

(↑ファーゴS2のマイク・ミリガン(右)。fargoより)

男っぽい頼れるアニキ声|綱島郷太郎

いろいろあります、綱島郷太郎さんの吹き替えキャラ。
『リベンジ』のジャック、『ハワイファイブオー』のスティーヴ、『ブラインドスポット』のキートン、『ミスター・メルセデス』の医師バビノー、『プリーチャー』の主人公ジェシーなど主役級いっぱい。
あれ、なんで紹介してないんだろ?
今さらながら忘れてた?
一番好きなキャラは『リベンジ』のジャック。
主人公で父のためにグレイソン一家に復讐するエミリーの初恋の相手。
互いに思い合っててもなぜかタイミングが合わずすれ違っている二人。
これで綱島さんの声と名前を覚えました。
といいながら『リベンジ』最後まで観てないんですよね…。
なるべく早く紹介します!

(↑リベンジのジャック(左)とエミリー、ダニエル。revengeabcofficialより)

声もお顔もハンサム!|中川慶一

私の中での中川慶一さんといえば『ナイト・マネジャー』の主人公ジョナサン・パイン。
もうめちゃめちゃいい声、(顔も好み)しかも演じるのがトム・ヒドルストン!
何この完璧形!最強!!
『ナイト・マネジャー』は中川さんの声目当てで観てた(断言)。
でも中川さんを紹介できないのは観た作品が少ないから。
韓国ドラマ『赤と黒』のホン・テソンや『検事プリンセス』のソ・イヌ、どっちも大好きなのに当時は声優に興味がなかったため記憶がない…。
なんてことしてたの!
まだまだ作品をストックしないと紹介は無理だなぁ。

(↑ナイト・マネジャーのパイン(真ん中)。thenightmanagertvより)

美しい魔生の女声|渡辺美佐

渡辺美佐さんのイメージはできる女の声。
『デスパレートな妻たち』の完璧主義者のブリー、『マッドメン』で主人公ドンの浮気相手でしたたかな女性ボビー、『SEX AND THE CITY』の弁護士ミランダ、『24』の主人公ジャックの同僚で元恋人のニーナなど。
共通点はずる賢いしたたかな女。
作品数は多いものの、紹介まで至らないのは新しめのドラマがないこと。
私が観たのはどれもひと昔前のものが多いので、新しめのドラマがチェックできれば登場する可能性大ですね。

(↑デスパレートな妻たちのブリー(右端)。desperatehousewivesofficialより)

以上が今後紹介したい海外ドラマの吹き替え声優さんたちでした。
紹介できない理由はやはり私の視聴不足。
準備が出来次第、紹介していく予定です。

また、ドラマ名はわかるけど声優がわからない、そんなときは「ドラマ別吹き替え声優インデックス」へどうぞ!
※当ブログで今まで紹介したドラマと声優限定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング