訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。また、レビューや視聴中のドラマ紹介、ブログ運営にまつわることなども投稿しています。コメントはお気軽に!

ドラマ版リーサル・ウェポンS3吹き替え版レビュー

リーサル・ウェポンとは

1987年に公開されたメル・ギブソンとダニー・グローヴァー共演の映画『リーサル・ウェポン』
シリーズは4作品あり、ロス市警刑事のリッグスとマータフの凸凹コンビが活躍するアクション映画です。
この映画をベースにした海外ドラマが2016年から始まった『リーサル・ウェポン』
シーズン3まであり、1と2は主役がリッグスとマータフ、3ではリッグスが降板し、コールとマータフが新たなコンビとして登場します。
今回のレビューはコールが登場したシーズン3です。

ドラマ版『リーサル・ウェポン』の概要

ドラマ版『リーサル・ウェポン』は、テキサスからロス市警にやって来た刑事のリッグスと、真面目なベテラン刑事マータフが事件を解決していく1話完結バディもの。
映画同様、心に傷を負ったリッグスの後先返り見ない暴走ぶりと、それに翻弄されながらも絆を深めていくマータフとの友情が一番の見どころ。
シーズン2までは映画版と同じリッグスとマータフのコンビ、シーズン3はリッグスの代わりにコールが登場という珍しい展開に。

主な登場人物

※カッコ内は吹き替え

(↑lethalweaponfoxより)

●ウェスリー・コール(津田英佑)
CIAの工作員を辞め、別れた彼女と娘を追いかけてロスにやって来た7か国語話せる刑事。
工作員や刑事としては非常に優秀だが、工作員時代の単独行動の癖が抜けず相棒のマータフをイライラさせる。
CIAの作戦中に子どもを巻き添えにしたことで自分のことを悪人だと思っている。

●ロジャー・マータフ(磯部勉)
ベテランのロス市警刑事。
はちゃめちゃな相棒リッグスを亡くし、なかなか立ち直れない。
新たな相棒コールもリッグスとはタイプの違うイカれ男で手を焼いている。
妻トリッシュや子どもを愛しすぎるあまり、相変わらず余計なことばかりしている。

●ブルックス・エイヴリー(井上倫宏)
コールとマータフの上司。
リッグス同様、コールにも手を焼いているがいざとなるとルールを無視するなど熱い一面も。
以前はマータフとコンビを組んでいた。

●ソーニャ・ベイリー(鹿野真央
コールとマータフと同じチームだが、いつまでもマータフの助手扱いに不満を抱いている。

●ルイーサ・グティエレス(いしかわひとみ)
ベイリーの相棒。
大雑把でガサツですぐに手が出る性格は女性版リッグスともいえる。
頭脳派できっちりしたベイリーをイラつかせている。

●スコセッシ(星智也)
検視官。
冗談をよくいうが誰も相手にしてくれない。
趣味は脚本執筆、ベイリーのことが好きだが彼女には全く相手にされていない。

●トリッシュ・マータフ(高乃麗)
マータフの妻で弁護士。
シーズン3では独立し自宅を事務所にして仕事をしている。
夫の新たな相棒コールもリッグス同様優しく見守りつつ、二人をコントロールする手腕はお見事。

●ナタリー
医師で元恋人コールとの間に娘を一人もうけるも破局、結婚はしていない。
同僚の医師と同棲中。

●マヤ
コールとナタリーの娘。

●エリカ
副地方検事。
コールに車をぶつけられて知り合い、なんだかんだあって付き合うことに。
互いに深入りしない関係と割り切っているが…。

●バーンズ
コールのCIA時代の師匠。
コールがピンチの時助けてくれるが何か裏がありそうな男。

シーズン3の見どころ

コールの心の闇の深さ

S1&2の主人公リッグスの後釜として登場したコール。
リッグス同様、心に深すぎる闇を抱え、定住するのを拒むかのようなモーテル暮らしのコール。
元恋人のナタリーと娘マヤを追いかけてロスに来たものの、彼女たちとなかなか上手に関係を築けていない。
また、中東でのCIAの作戦中に少年を巻き添えにし、その罪滅ぼしのように少年の兄をアメリカに呼び寄せ面倒を見ているが彼には拒絶されている。
そんな彼の心の支えはやっぱり娘。
互いに大切な存在と分かりつつも歯車が噛み合わないもどかしさ。
リッグスと同じ心の闇でもコールの方が子供がいる分、自制が働いているような。
リッグスはどこまでも続く暗闇、コールは少し光が射す闇といった感じ。

(↑lethalweaponfoxより)

元恋人ナタリーや娘マヤとの関係

元恋人と娘を追いかけてロスに来たものの、ナタリーへの複雑な思いに戸惑ったり、なかなか父親らしいいことができないコール。
副地方検事のエリカと付き合ったりするものの、どうにもうまくいかないなど人間関係の構築が苦手なよう。
そんなコールがシーズンを通して元恋人ナタリーとどうなるのか、というのもサイドストーリーの一つ。
この結末は最終話でのお楽しみ!

(↑コール、マヤ、ナタリー。lethalweaponfoxより)

リッグスロスなマータフ

シーズン2のラストで病院に担ぎ込まれるリッグス。
3冒頭で彼が亡くなったことが分かるのですが、想像以上にショックを受けたのがマータフ。
リッグスの死の真相を探ろうと廃人のような暮らしを送り、家族や同僚を心配させるマータフに少々ビックリ。
そういう私もS2でかなりのリッグスロスに…。

(↑マータフの秘密基地のボート。lethalweaponfoxより)

トリッシュの懐の深さ

リッグス同様コールを温かく迎えるマータフ家。
問題を抱えるコールを家族同様に心配するトリッシュはほんとよくできた奥さん!
いつも何かトラブルに遭っているマータフ家を支えているのは絶対トリッシュだと思う。

(↑コールが住むサファリ・インでマータフとトリッシュと。lethalweaponfoxより)

シーズン1&2と3の違うところ

暴走キャラがちょっと物足りない

シーズン1&2の暴走キャラリッグス。
小汚いカッコにオンボロ車、自殺願望がありガサツで後先考えない彼は見ていて「危ないやつだけどなんかスッキリする」というタイプ。
方やコールは笑顔で人当たりが良さそうなのに気づいたら暴走してるというタイプ。
ナタリーからは「問題を解決しに行ったらこじらせる」といわれるように、何かと空回りするのがどうにも物悲しい。
どうせ無茶するなら徹底的にやるタイプのリッグスの方が好き。
コール、いい人なんだけどね…。

(↑lethalweaponfoxより)

ケイヒル先生どこ?

シーズン1&2ではリッグスのよき相談相手だったケイヒル先生。
それが3ではまぁ存在の薄いこと薄いこと。
コールに接近しようと話しかけるも逆ナンだと勘違いされるケイヒル先生。
3でも重要な役どころかと思ったら、出てきたのはほんの最初だけでビックリ。

(↑ケイヒル先生。lethalweaponfoxより)

短め15話で終了

主役が交代で仕方ないのかもしれませんが、シーズン1&2は18話と22話、3は15話で終了。
なんかめちゃくちゃ盛り上がりもせず、できすぎたハッピーエンドで終わっちゃった…というのが素直な感想。

ドラマ版『リーサル・ウェポン』S3を観て

シーズン2までは一気に観たドラマ版『リーサル・ウェポン』。
主役が代わった3はどうなのかしら?とちょっと期待してたのですが、まぁこんなもんかなと。
新たな主役コールは悪くはない、けど物足りない。
リッグスが強烈すぎるので仕方ないちゃあ仕方ない。

あと、マータフがうっとおしい!
家族のことを心配するあまりあれやこれやと手を回すのがやりすぎで鼻につく。
リッグスやコールといった問題児を相棒に持てば影響されるのは仕方ないかもしれないが、マータフにはもう少し紳士でいてほしかったなぁ。

シーズン1&2は2年後くらいにもう1回観たい。
シーズン3はもう観ないかなって感じです。
でももしかしたらコールを演じたショーン・ウィリアム・スコットの他の作品を観て「もう一度『リーサル・ウェポン』S3観てみようかな」と思う日が来るのかも。
来るのかな??

(↑lethalweaponfoxより)

ドラマ版リーサル・ウェポンS1&2吹き替え版のレビューはこちら↓

関連記事

リーサル・ウェポンとはもともとは1987年に公開されたメル・ギブソンとダニー・グローヴァーが共演した映画『リーサル・ウェポン』。シリーズは4作品あり、ロス市警刑事のリッグスとマータフの凸凹コンビが活躍するアクション映画です。この映画[…]

『リーサル・ウェポン』のようにロス市警(LA市警)を舞台にした海外ドラマはこちら↓

関連記事

ロス市警が舞台のドラマが多いので打順を組みたくなった海外ドラマの警察もの、犯罪もので容疑者宅に踏み込むときなど、「ロス市警だ!」ってよく聞きません?というわけで、ロサンゼルス市警察(LAPD)が舞台のドラマで打順を組んでみました![…]

また、ドラマ名はわかるけど声優がわからない、そんなときは「ドラマ別吹き替え声優インデックス」へどうぞ!
※当ブログで今まで紹介したドラマと声優限定です。

よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング