訪問ありがとうございます。海外ドラマの吹き替えで気になる声優さんと、演じた新旧交えたドラマのキャラクターを自分勝手に解説中!主役はもちろん、サブや1話限りの吹き替えなど、とにかく印象に残ったキャラを紹介。不定期で我が家の海外ドラマ事情や声優さんの吹き替え以外の仕事、ドラマやブログにまつわることなども投稿しています。

素人ならではのオリジナル三国志の楽しみ方

【前回のおさらい】家中 宏さんが吹き替えた劉備を紹介

前回の声優・家中 宏さんが吹き替えをした海外ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の劉備玄徳を紹介した際、家中さんにはほとんど触れず(!)その他の声優さんを紹介してしまったわけですが。
とにかく登場人物が多くて、話のスケールが大きくてしかも長い!
ちなみに『三国志 Three Kingdoms』はBSフジで放送したときに観ました、第一部のみ。
そう、第一部でリタイアした中途半端な私の三国志知識

第一部は家中さんが声を担当した劉備と関羽&張飛との出会いや黄巾賊の討伐、曹操や呂布などが登場。
ドラマの序章にふさわしい期待感漂うキャスト。
で、『三国志 Three Kingdoms』第一部を観た感想は

呂布の恋物語!!

ちょっと〜、呂布と貂蝉の出会いから逃避行までをまざまざと見せつけられたわっ!
三国志と聞いて、混沌とした中国を舞台に群雄割拠の世を壮大なスケールで〜的なことを予想してましたの。
まぁ確かに壮大だし、お金かけてるんだろうな〜という豪華なセットにロケ。
初めての三国志体験としては言うことなしだと思います。
ただ、呂布さんの比重が大きかった。

(↑呂布&貂蝉。@dramax_arena/ドラMAXアリーナより)

機会があれば続きを観たいんですがね、なにぶん長い!全95話。
いつ再開するかは私も分かりません。

ドラマの次は横山光輝のマンガで楽しむ三国志

なぜ『三国志 Three Kingdoms』を観ようかと思ったのか、それは旦那が三国志が好きだから。
ドラマは中途半端なところでリタイアしましたが、旦那が「私が三国志にとっても興味がある」とプチ誤解したようで

ある日、旦那が「横山光輝の『三国志』読む?」と聞いてきました。
マンガなら気軽に読めるかなぁと思い「あったら読む」と返事。
すると少しずつ買い始めました、潮出版社発行の文庫サイズのマンガ『三国志』。
ちなみに全30巻ですって!!
ちなみにうちには10巻までしかありません。

マンガだとスラスラ読めて面白いし、横山光輝のキャラの描き方も好きだし、子どもから大人まで時代を超えて楽しめる作品だと思います。
でもマンガも長いの…。
あと、ドラマもマンガも登場人物の漢字二文字の名前が混乱する。
劉備、関羽、張飛、曹操、趙雲、呂布、貂蝉、大喬、小喬、孫権、周瑜などなどなど…。

そしたらまた旦那がある日「もっと読みやすいのどう?」と。
は?読みやすい?どゆこと?と思ったらまた新しいマンガを買ってきました。

 

これも三国志!片山まさゆきの『SWEET 三国志』

旦那が次に買ってきたのは、片山まさゆき作『SWEET 三国志』
メディアファクトリー発行の文庫サイズはコンパクトな全3巻!
これなら読み切れる。

ドラマの『三国志 Three Kingdoms』が礼服だとしたら、横山光輝の『三国志』はスーツで、片山まさゆきの『SWEET 三国志』は短パンTシャツって感じでしょうか
余分なものをそぎ落としていったら『SWEET 三国志』になったって感じ。

群雄割拠の混沌とした中国感がほぼない(笑
私みたいな三国志素人にも分かりやすい、いやかえって混乱するかも、これどこまで内容削ってんの?このキャラこれで合ってる?って。
キャラクターはかなりデフォルメされてて、服装も自由度が高い!
ジャンルでいうなら「ギャグマンガ」です。
ただ、内容は小説『三国志演義』に忠実(らしい)ですのでご安心を。
何いってんのかわかならい人、少しお待ちを。
絵で説明しますんで。

 

有名な「桃園の誓い」で比べてみよう!

「桃園の誓い」とは。

桃園の誓い(とうえんのちかい)は、桃園結義(とうえんけつぎ)とも称され、『三国志演義』などの序盤に登場する劉備・関羽・張飛の3人が、宴会にて義兄弟(長兄・劉備、次兄・関羽、弟・張飛)となる誓いを結び、生死を共にする宣言を行ったという逸話のことである。
これは正史の『三国志』にない逸話であって創作上の話であるとされており、劉備が二人に兄弟のような恩愛をかけ、関羽・張飛は常に劉備の左右に侍して護り、蜀漢建国に際して大いに功績があった、という史実に基づいて作られた逸話である。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

劉備、関羽、張飛の3人が、桃園で開催された宴で義兄弟の契りを結ぶという男たちの強い友情を表す超有名な場面ですが、『三国志 Three Kingdoms』、横山光輝の『三国志』、片山まさゆきの『SWEET 三国志』ではこんなにも違いが。

『三国志 Three Kingdoms』の桃園の誓いはこちら↓

(↑桃の花が咲き乱れる美しい絵。※残念ながらGYAO!では配信終了。@Yahoo_GYAO/GYAO!より)

横山光輝『三国志』の桃園の誓いはこちら↓
向かって右が張飛、センターの好青年が劉備、背中しか見えてないのが関羽です。

(↑潮出版社発行/横山光輝『三国志』より)

片山まさゆき『SWEET 三国志』の桃園の誓いはこちら↓
センターの劉備がかわいい!向かって左のストロングスタイルが張飛、右が割とまともな服装の関羽。

(↑メディアファクトリー発行/片山まさゆき『SWEET 三国志』より)

三者三様!!

これでなんとなくドラマとふたつのマンガの雰囲気がわかるでしょ。
 

ついでに曹操も比べちゃえ!

曹操とは魏の基礎を作った武将、政治家。
頭の切れる男で、映画『レッドクリフ』では劉備と孫権の命を狙う悪役、周瑜の超美人の妻・小喬に執着する男として描かれています。

『三国志 Three Kingdoms』はこちら↓
『三国志 Three Kingdoms』では樋浦 勉さんが吹き替えを担当してた曹操、樋浦さんの声が策士・曹操の雰囲気にぴったり。

(↑確かに北島康介選手に似てなくもない。@CKRM_Officia/中國紀行CKRMより)

横山光輝『三国志』の曹操はこちら↓
キリッとした若き武将曹操!クールな男前だわ。

(↑潮出版社発行/横山光輝『三国志』より)

片山まさゆき『SWEET 三国志』の曹操はこちら↓
イケメンアイドル風!凱旋パレードの曹操様です。

(↑メディアファクトリー発行/片山まさゆき『SWEET 三国志』より)

素人の私がおすすめする三国志を観る&読む順番は

1から3の順番で観る&読む、いかがでしょう。

1.ドラマ『三国志 Three Kingdoms』
壮大なスケールに、人が演じているのでキャラクターがわかりやすい&イケメンが多い。

2.マンガ横山光輝『三国志』
大御所横山光輝先生が描く群雄割拠の戦国絵巻。
「執筆開始から25年!ヒーローたちは、いま新たな生命を得て現代によみがえった!」
(潮出版社発行/横山光輝『三国志』1巻の帯より)
全30巻の長丁場ですが、読みやすい&三国志初心者の入門編としておすすめ(旦那談)とのことです。

3.マンガ片山まさゆき『SWEET 三国志』
「笑って入門三国志」(メディアファクトリー発行/片山まさゆき『SWEET 三国志』1巻の帯より)
そう、↑このまんまです。
1巻最後のおまけまんが、作者がなぜ三国志を描こうと思ったが掲載されていますが、光栄「三国志1」を知らない私でも面白かったです!
(旦那曰く、光栄「三国志1」は99%の男子が知ってると、ホントかよ)

です。知識ゼロの人が最初に『SWEET 三国志』を読むと何をそぎ落としたかわかんないんで!
濃茶から薄茶にいく感じで観ていくと分かりやすくて楽しめると思います。

いかがでしたか、三国志。
観る気になりました?読む気になりました?
まぁ細かいあらすじなどは紹介しない(できない)のが私のいいところ。
とにかく話が長いのでドラマなりマンガなり、お好きなものからとっかかるのがいいかと思います。
 
よければポチッとお願いします!はげみになります
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

海外ドラマランキング